特集

アメリカン“バッド”ドリーム

  • follow us in feedly
  • RSS
アメリカン“バッド”ドリーム:アメリカの実態をより知るためのオススメ観賞順序『バイス』ほか

アメリカの実態をより知るためのオススメ観賞順序

この特集では、2019年3月から5月に劇場公開またはDVDのリリースがある作品にちなんで、アメリカ社会のヤバイ実態を描いた映画をご紹介!順番に観るとより背景が見えてくるので、下記の順番で観ることをオススメします。

観る順番①

『華氏911』
DVD好評レンタル中&発売中

マイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー。ジョージ・W・ブッシュが大統領になったが不正が囁かれていた。アル・ゴアが優勢だったのに、FOXはフロリダ州でブッシュが当確と報道。他のメディアもFOXが言うなら間違いないと追従。そのFOXでブッシュ勝利の判定をした責任者は、ブッシュの従兄弟ジョン・エリスだったことも明かされています。さらにフロリダ州知事はブッシュの実弟で、ブッシュの選対副部長は集計の責任者というからますます怪しい。彼女は企業を雇い、敵側と見られる者を投票者名簿から削除したと言われています。あとは、父ブッシュのコネで疑惑を葬ったとも考えられています。

また、ジョージ・W・ブッシュがいかに政治をサボっていたかということもよくよくわかり、『バイス』で描かれるキャラクターと合致します。

そして、石油事業、復興事業でイラクはビジネス・チャンスで、イラク侵攻はだいぶ前から計画されており、“9.11”を利用してイラク侵攻を正当化したことも明かされています。これは『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』の監督ロブ・ライナーも来日記者会見でも語られていました。

さらに『バイス』の主人公チェイニー率いる石油大手ハリバートン社が絡んでいたことも語られていて、『華氏911』はここで紹介するすべての出来事が相互に絡み合っていることを証明しています。

観る順番②

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン/ロブ・ライナー/トミー・リー・ジョーンズ

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~
2019年3月29日より全国公開
公式サイト  ロブ・ライナー監督来日会見

“9.11”を利用してイラク侵攻を進めた政府の陰謀を掴んでいた“ナイト・リッダー”の記者達の奮闘を描いた作品。大手メディアが政府の“嘘”をそのまま流していた当時、“ナイト・リッダー”だけは別の真相があるのではと疑い、根気よく取材をしていました。本作はその時に掴んでいた事実を明かしています。

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン

本作では、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権で国務長官を務めていたドナルド・ラムズフェルドが裏で糸を引いていたことが描かれており、政権内の勢力関係がここでもうかがえます。

© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.

観る順番③

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル/タイラー・ペリー

バイス
2019年4月5日より全国公開
公式サイト 

本作は、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権時代に影の大統領と言える実権を握っていた副大統領ディック・チェイニーの半生を描いています。彼の出世にはドナルド・ラムズフェルドも大きく絡んでいたり、政界の人物相関図がよく見える内容になっています。また、チェイニーがCEOを務めていた石油企業の大手ハリバートン社についても触れられているので、前述の2作と合わせてみると、アメリカの政界の外観がより見えてくると思います。

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

観る順番④

映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレーテオ・ジェームズ/ベン・キングズレー/ジャクリーン・ビセット/ベルシム・ビルギ

バグダッド・スキャンダル
2019年5月8日ブルーレイ&DVDレンタル開始&発売
公式サイト 

舞台はイラク戦争直前の2000年代初頭。長年経済制裁が敷かれ、困窮が続いていたイラクのフセイン政権下で1996年から始められたのが、オイル・フォー・フードと呼ばれる“石油・食料交換プログラム”。国連がイラクの石油を管理し、石油を販売した金で食料を買い、それを市民に配給するという目的で始められた人道支援計画です。総額640億ドル(当時の為替で7兆3600億円超)という巨額の予算が動いていたため、賄賂や不正が横行し、2003年11月に終了しました。

映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー

当時、プログラムを管理していた国連事務次長のベノン・セバン自身(本作での役名はコスタ・パサリス〈通称:パシャ〉)の関与がのちの調査で明らかになったようですが、本作は彼の下で働いていたマイケル・スーサン(本作での役名はマイケル・サリバン)が汚職を告発するまでを描いた原作を映画化。少なくとも18億ドル以上の汚職が判明しているようですが、国連が調査協力を拒否したため、現在も全貌が明らかになっていない事件とされています。

©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED..

観る順番⑤

映画『華氏119』マイケル・ムーア/ドナルド・トランプ

華氏119
2019年4月2日ブルーレイ&DVDレンタル開始&発売
公式サイト 

前述で『華氏911』がありましたが、ジョージ・W・ブッシュ大統領誕生の過ちを彷彿とさせる、ドナルド・トランプ大統領誕生と、その背景にあるアメリカの問題を浮き彫りにする内容です。相変わらず、政府は国民をコントロールするために“恐怖”を利用して政治を動かしている実態、政治家達の身勝手な行為が国民を苦しめている実態が捉えられています。アメリカが抱えている諸問題は本当に根深いということが理解できる内容です。

映画『華氏119』マイケル・ムーア

©2018 Midwestern Films LLC 2018

ここでご紹介した以外にも、『ドリーム ホーム 99%操る男たち』『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』『キャピタリズム マネーは踊る』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』なども合わせて観て頂くと、経済社会も絡めた背景がより掴めると思います。

アメリカで起きていることではありますが、日本も含め、どの国の政治にも共通する部分はあって、他人事ではないなと実感します。

TEXT by マイソン

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生 草間彌生∞INFINITY

以前から、草間彌生さんのことは知っていましたが、彼女の作品を実際に目の前にしたのは、数年前に東京国立近代美術館に行った時でした。そこで観た作品は「冥界への道標」…

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー ウィレム・デフォー

1955年アメリカ、ウィスコンシン州生まれ。1986年に出演した『プラトーン』でアカデミー賞にノミネート、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』では…

映画『アナと雪の女王2』ワールドブレミア 本編映像に観客から絶賛の嵐!イディナ・メンゼル&クリステン・ベルらが登場『アナと雪の女王2』ワールドプレミア

『アナと雪の女王』待望の最新作『アナと雪の女王2』が、11月22日より全国公開となります。世界中がその公開を待ち望むなか、先日ロサンゼルスにて本作のワールドプレミアが開催され、イディナ・メンゼル、クリステン・ベルらが登場しました。

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、MIYAVI MIYAVI(みやび)

1981年、大阪府生まれ。“サムライ・ギタリスト”の異名を持つミュージシャン。ピックを使わずすべて指で弾くという独自のスタイルで世界中から注目を集め…

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン ゾンビランド:ダブルタップ

悲壮感が漂うゾンビモノもたくさんありますが、本作のメインキャラクターである、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックは、ゾンビの知識を豊富に持ち…

映画『閉鎖病棟—それぞれの朝—』渋川清彦 渋川清彦(しぶかわ きよひこ)

1974年7月2日、群馬県渋川市生まれ。“KEE”名義でモデルとして活動後、1998年『ポルノスター』で映画デビュー。2015年…

脳イメージ写真AC 退化させるわけにはいかん!脳を鍛え中

100歳まで生きるとリアルに想像し始めると、100歳まで楽しめる自分でいられるようにメンテナンスが必要…

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史 決算!忠臣蔵

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので…

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、サム・ライリー サム・ライリー

1980年イギリス、ヨークシャー州生まれ。2007年アントン・コービン監督の『コントロール』への出演で、数々の賞を受賞。有望な若手演技派として注目され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝く。2014年…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  2. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  3. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  4. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  5. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  6. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  7. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ
  8. 映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/渡辺謙/加瀬亮
  9. 海外ドラマ『9-1-1 LA救命最前線 シーズン2』ピーター・クラウス/アンジェラ・バセット/オリヴァー・スターク/ジェニファー・ラヴ・ヒューイット/ライアン・グスマン
  10. 映画『影踏み』山崎まさよし/北村匠海
    影踏み

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP