特集

アメリカン“バッド”ドリーム

  • follow us in feedly
  • RSS
アメリカン“バッド”ドリーム:アメリカの実態をより知るためのオススメ観賞順序『バイス』ほか

アメリカの実態をより知るためのオススメ観賞順序

この特集では、2019年3月から5月に劇場公開またはDVDのリリースがある作品にちなんで、アメリカ社会のヤバイ実態を描いた映画をご紹介!順番に観るとより背景が見えてくるので、下記の順番で観ることをオススメします。

観る順番①

『華氏911』
DVD好評レンタル中&発売中

マイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー。ジョージ・W・ブッシュが大統領になったが不正が囁かれていた。アル・ゴアが優勢だったのに、FOXはフロリダ州でブッシュが当確と報道。他のメディアもFOXが言うなら間違いないと追従。そのFOXでブッシュ勝利の判定をした責任者は、ブッシュの従兄弟ジョン・エリスだったことも明かされています。さらにフロリダ州知事はブッシュの実弟で、ブッシュの選対副部長は集計の責任者というからますます怪しい。彼女は企業を雇い、敵側と見られる者を投票者名簿から削除したと言われています。あとは、父ブッシュのコネで疑惑を葬ったとも考えられています。

また、ジョージ・W・ブッシュがいかに政治をサボっていたかということもよくよくわかり、『バイス』で描かれるキャラクターと合致します。

そして、石油事業、復興事業でイラクはビジネス・チャンスで、イラク侵攻はだいぶ前から計画されており、“9.11”を利用してイラク侵攻を正当化したことも明かされています。これは『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』の監督ロブ・ライナーも来日記者会見でも語られていました。

さらに『バイス』の主人公チェイニー率いる石油大手ハリバートン社が絡んでいたことも語られていて、『華氏911』はここで紹介するすべての出来事が相互に絡み合っていることを証明しています。

観る順番②

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン/ロブ・ライナー/トミー・リー・ジョーンズ

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~
2019年3月29日より全国公開
公式サイト  ロブ・ライナー監督来日会見

“9.11”を利用してイラク侵攻を進めた政府の陰謀を掴んでいた“ナイト・リッダー”の記者達の奮闘を描いた作品。大手メディアが政府の“嘘”をそのまま流していた当時、“ナイト・リッダー”だけは別の真相があるのではと疑い、根気よく取材をしていました。本作はその時に掴んでいた事実を明かしています。

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン

本作では、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権で国務長官を務めていたドナルド・ラムズフェルドが裏で糸を引いていたことが描かれており、政権内の勢力関係がここでもうかがえます。

© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.

観る順番③

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル/タイラー・ペリー

バイス
2019年4月5日より全国公開
公式サイト 

本作は、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権時代に影の大統領と言える実権を握っていた副大統領ディック・チェイニーの半生を描いています。彼の出世にはドナルド・ラムズフェルドも大きく絡んでいたり、政界の人物相関図がよく見える内容になっています。また、チェイニーがCEOを務めていた石油企業の大手ハリバートン社についても触れられているので、前述の2作と合わせてみると、アメリカの政界の外観がより見えてくると思います。

映画『バイス』クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

観る順番④

映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレーテオ・ジェームズ/ベン・キングズレー/ジャクリーン・ビセット/ベルシム・ビルギ

バグダッド・スキャンダル
2019年5月8日ブルーレイ&DVDレンタル開始&発売
公式サイト 

舞台はイラク戦争直前の2000年代初頭。長年経済制裁が敷かれ、困窮が続いていたイラクのフセイン政権下で1996年から始められたのが、オイル・フォー・フードと呼ばれる“石油・食料交換プログラム”。国連がイラクの石油を管理し、石油を販売した金で食料を買い、それを市民に配給するという目的で始められた人道支援計画です。総額640億ドル(当時の為替で7兆3600億円超)という巨額の予算が動いていたため、賄賂や不正が横行し、2003年11月に終了しました。

映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー

当時、プログラムを管理していた国連事務次長のベノン・セバン自身(本作での役名はコスタ・パサリス〈通称:パシャ〉)の関与がのちの調査で明らかになったようですが、本作は彼の下で働いていたマイケル・スーサン(本作での役名はマイケル・サリバン)が汚職を告発するまでを描いた原作を映画化。少なくとも18億ドル以上の汚職が判明しているようですが、国連が調査協力を拒否したため、現在も全貌が明らかになっていない事件とされています。

©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED..

観る順番⑤

映画『華氏119』マイケル・ムーア/ドナルド・トランプ

華氏119
2019年4月2日ブルーレイ&DVDレンタル開始&発売
公式サイト 

前述で『華氏911』がありましたが、ジョージ・W・ブッシュ大統領誕生の過ちを彷彿とさせる、ドナルド・トランプ大統領誕生と、その背景にあるアメリカの問題を浮き彫りにする内容です。相変わらず、政府は国民をコントロールするために“恐怖”を利用して政治を動かしている実態、政治家達の身勝手な行為が国民を苦しめている実態が捉えられています。アメリカが抱えている諸問題は本当に根深いということが理解できる内容です。

映画『華氏119』マイケル・ムーア

©2018 Midwestern Films LLC 2018

ここでご紹介した以外にも、『ドリーム ホーム 99%操る男たち』『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』『キャピタリズム マネーは踊る』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』なども合わせて観て頂くと、経済社会も絡めた背景がより掴めると思います。

アメリカで起きていることではありますが、日本も含め、どの国の政治にも共通する部分はあって、他人事ではないなと実感します。

TEXT by マイソン

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶 望み

『望み』というタイトルの意味は何なのかと思っていたら…

Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト ジェフリー・ライト

1965年12月7日アメリカ生まれ。主な映画出演作に、ダニエル・クレイグ版の“007”シリーズの他…

ドラマ『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー 『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー

今回は、ドラマ『カレーの唄。』で破天荒で自由人でどこか謎めいている主人公を演じた満島真之介さんにインタビューをさせて頂きました。濃厚でためになるお話をお聞きし、元気をたくさん頂きました。

映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

映画制作スタジオA24とプランBが、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』以来タッグを組んで製作された本作。舞台はサンフランシスコで…

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

おすすめ記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶
    望み

  2. 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース
  3. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  4. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  5. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  6. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  7. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  8. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  9. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  10. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP