イイ俳優セレクション

ジェレミー・アイアンズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ

1948年9月19日イングランド、ワイト島生まれ。ブリストルのオールド・ヴィック・シアターで演技を学んだ後に1969年より舞台に立ち始める。“冬物語”“マクベス”“リチャード二世”など、ウエスト・エンドのシェイクスピア劇で経験を積み、1984年に“リアル・シング”でブロードウェイデビューし、トニー賞演劇主演男優賞を受賞。1979年に『ニジンスキー』で映画デビュー。1981年TVシリーズ『華麗なる貴族』で英国アカデミー賞やエミー賞を受賞し、国際的な注目を集める。1990年『運命の逆転』ではアカデミー賞主演男優賞を受賞。代表作には、双子の医師を一人二役で演じた『戦慄の絆』、テロリスト役を演じた『ダイ・ハード3』などがあり、そのほかに『仮面の男』『インランド・エンパイア』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ニジンスキー』『フランス軍中尉の女』『ムーンライティング』『野鴨』『スワンの恋』『ミッション』『戦慄の絆』『ダニー/ぼくらは世界一の名コンビ!』『浮気なシナリオ』『運命の逆転』『KAFKA/迷宮の悪夢』『秘密』『ダメージ』『エム・バタフライ』『愛と精霊の家』『ダイ・ハード3』『魅せられて』『チャイニーズ・ボックス』『ロリータ』『仮面の男』『ダンジョン&ドラゴン』『フォース・エンジェル』『永遠のマリア・カラス』『タイムマシン』『男と女 アナザー・ストーリー』『ヴェニスの商人』『華麗なる恋の舞台で』『キングダム・オブ・ヘブン』『カサノバ』『キングダム・オブ・ヘブン』『エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~』『エラゴン 遺志を継ぐ者』『インランド・エンパイア』『アパルーサの決闘』『ピンクパンサー2』『ジョージア・オキーフ ~愛と創作の日々~』『マージン・コール』『ザ・ワーズ 盗まれた人生』『リスボンに誘われて』『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『ハイ・ライズ』『ある天文学者の恋文』『奇蹟がくれた数式』『アサシン クリード』『人生はシネマティック!』『ジャスティス・リーグ』『レッド・スパロー』『ハウス・オブ・グッチ』など

ドラマ:『ボルジア家愛と欲望の教皇―族』『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』『エリザベス1世~愛と陰謀の王宮~』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

イギリスを代表する名優として、長年活躍するジェレミー・アイアンズ。クラシックから現代モノまでどんな作品に出ていても、彼がいるだけで、作品が締まりますね。『ハイ・ライズ』では、善なのか悪なのか、ニュートラルなキャラクターを演じていますが、彼が演じるなら絶対に重要な人物に違いないという想像が、鑑賞の楽しさを増幅させてくれます。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ハウス・オブ・グッチ』
2022年1月14日より全国公開

映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ/アダム・ドライバー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『戦慄の絆』

『運命の逆転』

『ダイ・ハード3』

『仮面の男』

『永遠のマリア・カラス』

『男と女 アナザー・ストーリー』

『ヴェニスの商人』

『華麗なる恋の舞台で』

『キングダム・オブ・ヘブン』

『カサノバ』

『キングダム・オブ・ヘブン』

『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『インランド・エンパイア』

『マージン・コール』

『ザ・ワーズ 盗まれた人生』

『リスボンに誘われて』

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『ハイ・ライズ』

『ある天文学者の恋文』

『奇蹟がくれた数式』

『アサシン クリード』

『人生はシネマティック!』

『ジャスティス・リーグ』

『レッド・スパロー』

© RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
© COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.
©Richard Blanshard
©BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
© 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

from 2016/7/20

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

映画『20歳のソウル』神尾楓珠 20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲“市船soul“を作曲した青年と、彼を取り巻く人々の実話が映画化された本作。前半は…

映画『選ばなかったみち』エル・ファニング エル・ファニング

1998年4月9日生まれ。アメリカ、ジョージア州出身。姉は俳優のダコタ・ファニング。2歳の時に…

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

これはクリーチャーが登場する映画が好きな方にとってはワクワクしてたまらないドキュメンタリー…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』…

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』 チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

“チップとデール”というキャラクターは知っていましたが、映像で観るのは本作が初めてで、観る前のイメージと…

映画『ナイトメア・アリー』ケイト・ブランシェット ケイト・ブランシェット

1969年5月14日オーストラリア、メルボルン生まれ。マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004)と…

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  2. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  3. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  4. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  5. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  6. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  7. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  8. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  9. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  10. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
PAGE TOP