キャリア・仕事

あなただけのキャリア11:セクシャルハラスメントとどう闘う?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある職場』平井早紀

昨今ハラスメントへの関心は高まってきています。ただ、実際にハラスメント被害に遭った方が声を上げやすくなったかと言えば、そうとは言えない状況でしょう。

そんな実状を捉えた映画があります。それは、実在のセクシャルハラスメント事件に基づいて、その後日談として創作されたフィクション『ある職場』という映画です。本作は、同じ職場に務める社員達が一緒に数日間宿泊施設で休暇を過ごす様子を描いています。彼等が務めている一流ホテルが所有する宿泊施設に集まった彼等は、最初のうち和やかなムードで会話をしているように見えます。そして、自然に勤務先で起こったセクシャルハラスメント事件に話題が及び、その場にいた大庭早紀が自分が被害者であることを明かし、そこから不穏な空気が流れていきます。

この作品では、セクシャルハラスメントの被害者が二次被害に遭うという実態が描かれていると同時に、職場に潜む数々の問題が映し出されています。早紀は皆が談笑している間もずっとスマホを触っていますが、それはSNSで炎上してしまっているからです。ここにまず、個人が特定され社内外に情報が漏洩してしまったという問題があります。また、会社の保身のために彼女に妥協しろと詰め寄る人物が登場したり、彼女を悪者扱いする者も出てきます。セクハラの概念について議論される場面もありますが、加害者に都合の良い解釈を述べる人物もいたり、観ていて腹立たしくなるキャラクターも複数出てきます。

映画『ある職場』平井早紀ほか

この作品に出てくる企業はハラスメント被害を訴えても通じない風土が染みついてしまっているようで、根っこから腐敗しているのが彼等の様子から伝わってきます。しかも表向きには一流ホテルともなると余計に辞めたくないと思う社員も少なくないのでしょう。大手企業でなくても、職を失う怖さは誰にでもあり、転職できるかどうかの不安や、新しい職場でもまた同じようなことがあるかもしれないという恐れを抱いてもおかしくありません。本作の最後にも出てきますが、セクシャルハラスメント被害者の約45%が特に何もせずにやり過ごしているのが現状で、日本ではハラスメントを防ごうとする意識がまだまだ浸透していないことがわかります。

では自分で自分の身を守るためにどんなことができるでしょうか?まず法律を知っておくということです。男女雇用機会均等法第11条に関係するところでは、セクシャルハラスメントについて「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者が労働条件について不利益を受けたり、性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることがないよう防止措置を講じること」とあります。また、事業主(企業)にはハラスメント防止のために講ずべき措置が示されています。自分の会社がどこまで措置を講じているかを知っておきましょう。

映画『ある職場』平井早紀

ただ、形式的に措置を講じているだけで機能していなければ、加害者が社内で力を持っている場合や業績が良い人材の場合など、厳しい処罰を免れてしまい、被害者が納得のいかない形になることも大いに考えられます。事実調査の場合には証拠が求められることもあるようですが、突発的に起こる出来事に対処するのは難しいし、怖い思い、苦痛な思いをしていて動揺している状況ならなおさらです。でも、日々少しでもおかしいな、嫌な予感がするな、これってハラスメントじゃないのかなと思ったら、その段階で未然に防ぐ方法や身を守るために今できることはないか、社内の信用できる人物か相談できる窓口、都道府県労働局など社外の相談窓口を頼ってみてはいかがでしょうか?

厚生労働省が運営している「あかるい職場応援団」という情報サイトを利用してみるのも良いでしょう。このサイトでは、ハラスメント裁判事例、企業の取り組み、ハラスメント対策についての情報が載っています。外部の相談窓口の一覧もあります。女性の場合は、就職先、転職先を探す際に「女性の活躍推進企業データベース」で、女性の活躍推進に取り組んでいる企業を探してみるのも良いかもしれません。

セクシャルハラスメントは、性別を問わず被害に遭うことがあります。被害に遭ったら我慢せず相談して欲しいと思います。ただ、今回紹介した『ある職場』でも描かれている通り、社内の人間関係は思っている以上に複雑です。相談相手は慎重に選ぶ必要があります。社内の人に相談するのは怖いな、難しそうだなと思ったら、先に社外の機関に相談することも有効なのではないでしょうか。

ハラスメントに関する情報サイト及び職場環境を知るためのWEBサイト

オススメのお仕事映画

『ある職場』
2022年3月5日よりポレポレ中野にて公開

公式サイト

周囲の人間のあまりの鈍感さと無慈悲な対応に、被害者の気持ちはこんなにも理解されないのかと絶望感を覚えます。被害者のサポート体制を外側からももっと強化しなければいけないと感じます。

© 2020 TIMEFLIES Inc.

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ジョン・リスゴー

Amazonプライムビデオで観る

『スキャンダル』
Amazonプライムビデオにて配信中
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

部活リポート REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”のCEOによる、実際に起こったハラスメント事件を映画化。どの国もセクシャルハラスメントの被害者が声を上げるのが難しい状況は同じ。それでも闘うことを決めた女性達の姿に勇気をもらえます。

© Lions Gate Entertainment Inc.

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』片岡礼子 片岡礼子(かたおか れいこ)

1971年12月20日生まれ。愛媛県出身。 1993年、『二十歳の微熱』でデビュー。『愛の新世界』(1994)で…

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー 『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー

喪失感を抱えて⽣きる男⼥が出会い、お互いの孤独に寄り添いながら少しずつ前に歩み出していく様が描かれている映画『あの娘は知らない』。今回は、本作で主演を飾った福地桃子さんにお話をうかがいました。撮影現場で感じたことや、俳優のお仕事を始めたきっかけについて聞いてみました。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  4. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  5. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  6. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  7. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  8. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  9. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  10. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
PAGE TOP