特集

あなただけのキャリア11:セクシャルハラスメントとどう闘う?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある職場』平井早紀

昨今ハラスメントへの関心は高まってきています。ただ、実際にハラスメント被害に遭った方が声を上げやすくなったかと言えば、そうとは言えない状況でしょう。

そんな実状を捉えた映画があります。それは、実在のセクシャルハラスメント事件に基づいて、その後日談として創作されたフィクション『ある職場』という映画です。本作は、同じ職場に務める社員達が一緒に数日間宿泊施設で休暇を過ごす様子を描いています。彼等が務めている一流ホテルが所有する宿泊施設に集まった彼等は、最初のうち和やかなムードで会話をしているように見えます。そして、自然に勤務先で起こったセクシャルハラスメント事件に話題が及び、その場にいた大庭早紀が自分が被害者であることを明かし、そこから不穏な空気が流れていきます。

この作品では、セクシャルハラスメントの被害者が二次被害に遭うという実態が描かれていると同時に、職場に潜む数々の問題が映し出されています。早紀は皆が談笑している間もずっとスマホを触っていますが、それはSNSで炎上してしまっているからです。ここにまず、個人が特定され社内外に情報が漏洩してしまったという問題があります。また、会社の保身のために彼女に妥協しろと詰め寄る人物が登場したり、彼女を悪者扱いする者も出てきます。セクハラの概念について議論される場面もありますが、加害者に都合の良い解釈を述べる人物もいたり、観ていて腹立たしくなるキャラクターも複数出てきます。

映画『ある職場』平井早紀ほか

この作品に出てくる企業はハラスメント被害を訴えても通じない風土が染みついてしまっているようで、根っこから腐敗しているのが彼等の様子から伝わってきます。しかも表向きには一流ホテルともなると余計に辞めたくないと思う社員も少なくないのでしょう。大手企業でなくても、職を失う怖さは誰にでもあり、転職できるかどうかの不安や、新しい職場でもまた同じようなことがあるかもしれないという恐れを抱いてもおかしくありません。本作の最後にも出てきますが、セクシャルハラスメント被害者の約45%が特に何もせずにやり過ごしているのが現状で、日本ではハラスメントを防ごうとする意識がまだまだ浸透していないことがわかります。

では自分で自分の身を守るためにどんなことができるでしょうか?まず法律を知っておくということです。男女雇用機会均等法第11条に関係するところでは、セクシャルハラスメントについて「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者が労働条件について不利益を受けたり、性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることがないよう防止措置を講じること」とあります。また、事業主(企業)にはハラスメント防止のために講ずべき措置が示されています。自分の会社がどこまで措置を講じているかを知っておきましょう。

映画『ある職場』平井早紀

ただ、形式的に措置を講じているだけで機能していなければ、加害者が社内で力を持っている場合や業績が良い人材の場合など、厳しい処罰を免れてしまい、被害者が納得のいかない形になることも大いに考えられます。事実調査の場合には証拠が求められることもあるようですが、突発的に起こる出来事に対処するのは難しいし、怖い思い、苦痛な思いをしていて動揺している状況ならなおさらです。でも、日々少しでもおかしいな、嫌な予感がするな、これってハラスメントじゃないのかなと思ったら、その段階で未然に防ぐ方法や身を守るために今できることはないか、社内の信用できる人物か相談できる窓口、都道府県労働局など社外の相談窓口を頼ってみてはいかがでしょうか?

厚生労働省が運営している「あかるい職場応援団」という情報サイトを利用してみるのも良いでしょう。このサイトでは、ハラスメント裁判事例、企業の取り組み、ハラスメント対策についての情報が載っています。外部の相談窓口の一覧もあります。女性の場合は、就職先、転職先を探す際に「女性の活躍推進企業データベース」で、女性の活躍推進に取り組んでいる企業を探してみるのも良いかもしれません。

セクシャルハラスメントは、性別を問わず被害に遭うことがあります。被害に遭ったら我慢せず相談して欲しいと思います。ただ、今回紹介した『ある職場』でも描かれている通り、社内の人間関係は思っている以上に複雑です。相談相手は慎重に選ぶ必要があります。社内の人に相談するのは怖いな、難しそうだなと思ったら、先に社外の機関に相談することも有効なのではないでしょうか。

ハラスメントに関する情報サイト及び職場環境を知るためのWEBサイト

オススメのお仕事映画

『ある職場』
2022年3月5日よりポレポレ中野にて公開

公式サイト

周囲の人間のあまりの鈍感さと無慈悲な対応に、被害者の気持ちはこんなにも理解されないのかと絶望感を覚えます。被害者のサポート体制を外側からももっと強化しなければいけないと感じます。

© 2020 TIMEFLIES Inc.

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ジョン・リスゴー

Amazonプライムビデオで観る

『スキャンダル』
Amazonプライムビデオにて配信中
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

部活リポート REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”のCEOによる、実際に起こったハラスメント事件を映画化。どの国もセクシャルハラスメントの被害者が声を上げるのが難しい状況は同じ。それでも闘うことを決めた女性達の姿に勇気をもらえます。

© Lions Gate Entertainment Inc.

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP