特集

あなただけのキャリア2-2:「好きな仕事をする」の意味を考える<2>

  • follow us in feedly
  • RSS
仕事探しのイメージ(JOBロゴ)写真AC

前回に引き続き「好きな仕事をする」の意味を考えてみます。人それぞれの考え方があり、正解・不正解はないと思うので、ここで書くことはあくまで、私の考えに基づくものとして読んで頂ければと思います。

ではまず、新規大卒者の離職率を見てみましょう。厚生労働省資料によると、2016年(3年目までの離職率が出ている年を選んでいます)の新卒者の離職率は、1年目までで辞めた人=11.3%、2年目までで辞めた人=21.9%、3年目までで辞めた人=32.0%となっています。企業の規模によって割合が若干変わりますが、3年目までで3人に1人は辞めてしまうんですね。背景はさまざまなので、一概に辞職が悪いわけではありませんが、もし何となく「やりたいことと違う」と思って辞めているとしたら、判断を急ぎ過ぎていないかが気になるところです。

人が仕事に就く年齢は、日本では大学卒業後が多いですが、もっと早い人では10代から社会人として働きます。そこから約40年、50年と働くわけですが、そんなに長く働いている間に、経験も豊富になり、いろいろな視点から物事を見て判断ができるようになります。また、最初は結びつけて考えられなかったことでも、今いる立場でやりたい仕事をする術を見つけたり、それを実行する実力を付け、実行しやすい立場を得る可能性も出てきます。

そして、人間関係の変化や、周囲の環境の変化もあって、きっと価値観も変化していきます。これから就職しようとする若い皆さんは、就活の時点で一生の仕事を決めるような勢いで就職先を考えているかも知れませんが、先の道筋を決めつけ過ぎず、少しリラックスして考えてみても良いのではと思います。一方で、就活中に内定をもらうことに必死で、働いてからのことをあまり考えないと後で辛くなります。内定をもらうことがゴールではなく、あくまで社会人としてのスタート地点ということは忘れずに、就職先を決めて欲しいなと思います。

キャリアにおける発達理論を提唱したドナルド・E・スーパーは、5つの段階からなる職業的発達段階(ライフ・ステージ)と、人が生涯で果たす役割(ライフ・ロール)を組み合わせて概念化した、ライフ・キャリア・レインボーというモデルを発表しましたが、人のキャリアを長い目で考える時に、このモデルはよく使われます。

ライフ・ステージ
第1期=成長期(0〜15歳):職業へ関心を持ち始める
第2期=探索期(16〜25歳):仕事に就き始め、実際の経験から、現実的に職業を探索していく
第3期=確立期(26〜45歳):実践をもとに、自分の能力や適性を試していき、職業的な専門性も高まり、キャリアを確立していく。
第4期=維持期(46歳〜65歳):確立したキャリアや地位を維持する。
第5期=下降期または解放期(66歳〜):引退し、セカンドライフへ関心が移る。

ライフ・ロール
子ども、学生、職業人、配偶者、家庭人、親、余暇を楽しむ人、市民、年金生活者
※人はこの9つの役割を複数並行して持ちながら生きています。役割の数が6、8とする考え方もあります。

このライフ・ステージとライフ・ロールを組み合わせたライフ・キャリア・レインボーを図で見たい方は、ネットで検索してもらうと画像がヒットするのでチェックしてみて頂ければと思いますが、要するに、人が生きていく上で、ライフ・ロールにあるさまざまな役割を担いながら経験を経て、ライフ・ステージ(発達段階)毎にキャリアを見つめ、築いていくということです。

スーパーの他にも、ギンズバーグ、シャイン、シュロスバーグなど多くの学者が、キャリアにおける発達理論を提唱していますが、いくつもの考え方があることからわかる通り、人の人生そのものに変化は付きもので、その時その人に合うキャリア、望むキャリアも変わって当然だということです。

では何も先のことを考えなくてもよいのかというと、もちろんそうではありません。3年後、5年後、10年後どうしていたいかというくらいはイメージしてみても良いのではないでしょうか。でも、そこで決めたプランが絶対だとガチガチに思わないで、いつ何がきっかけで変化を迎えるかはわからないという気持ちを持った上で、今何をすべきかを考えてみると良いと思います。もし辞職が頭をよぎったら、安易に仕事を辞める前に、ここでもう学べることはないか立ち止まって考えることも必要です。一見全然異なる職業でも、どんな仕事にも共通する大事な姿勢や考え方はあります。また、学んだことをその後どう応用できるかは本人次第で、どんな経験も無駄にしないという発想で、今できる仕事を将来にどう結びつけるかを想像できれば、今やっていることへのモチベーションも維持できると思います。若いうち、始めのうちは転職もまだ楽なほうかも知れませんが、年齢が上がり、短い期間で転職を繰り返すと、不利になることも増えていきます。次のステップを良いものにするためにも、”好きな仕事”を今すぐやりたいと焦らずに、それを実現できる力を付けるほうが近道になるでしょう。

時計とビジネスマンイメージ写真AC

ここで「それ最初と全然職業変わってるけど、全部繋がってるやん!」と思える作品をご紹介しましょう。もうだいぶ前ですが、『宮廷女官チャングムの誓い』という韓流ドラマがヒットしました。話数が多いのでちょっと鑑賞のハードルが高いかも知れませんが、観始めたら続きが気になって最後まで観ちゃうおもしろさです。

これから観る人のためにネタバレは避けたいところですが、ここでの話と何の関係があるのかは伝えないといけないので、ざっくりとだけお話させて頂きます。この主人公チャングムは、幼い頃に両親を亡くし、子どもの頃から働き始めます。最初は両親を亡くした後に預けられた夫婦の仕事を手伝い、その後女官の見習いになります。そこから料理の腕を磨いていき、どんどん才能を開花させていくというお話です。一見、一流の料理人になって終わりなのかなと思いきや、最後に医療の世界に踏み込んでいくからおもしろい!料理の世界から、医療の世界って、どんだけ飛躍するんだと思うかも知れませんが、そのいきさつは物語を観ていると、なるほどと思います。

というわけで、このドラマを観ないとわからないというわけではありませんが、実在の人物がモデルとなっていることから考えても、今自分が考えているのと全然違う職業に就く可能性は誰にでもあるということを言いたかったのです。どんな道を辿るかは人それぞれなので、何がどう繋がっていくかも予測はできませんが、端から見てまったく関係がなさそうな転身でも、本人のなかではきっと何かしら経験が繋がっているのだと思います。

私自身もこれまで一見回り道をしているような経験を多くしてきましたが、自分の中では全部が今に繋がっていると思っています。「あんな仕事がしたい。でも、どうやったらできるんだろう?」と悩むこともあると思いますが、その筋の人に聞いてみるのはもちろん、目的地から逆算して今何ができそうかできる限り想像してみて、入口かなと思うところに踏み込んでみると、そこがまだ目的地から離れたところに思えても、方向さえ失わなければ、だんだんと近づいていけるはずです。

そのルートを想像するのが難しいと言われてしまうと終わりですが(笑)、無理と思ったらそこでおしまい。試行錯誤を繰り返し、いつもアンテナを張っていると、ビビッとくることが増えてくるので、長い目でやりたい仕事を模索していって頂ければと思います。

じゃあどうやってルートを見つけていくのかを知りたいと言われると思いますが、この連載自体、皆さんに合った仕事を見つける助けに少しでもなればと思って始めたので、引き続き一歩ずつ一緒に考えていきましょう!

オススメのお仕事ドラマ

『宮廷女官チャングムの誓い』
Amazonプライムビデオにて配信中
DVDレンタル&発売中

キャリアを考えるきっかけに観て欲しいというのもありますが、ドロドロした人間ドラマも見どころです。そして出てくる料理もすごく美味しそうで、とりあえずドラマそのものを楽しみながら、キャリアについても参考にしてもらえればと思います。

コンパクトセレクション 宮廷女官チャングムの誓い 全巻DVD-BOX

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント)

“JOB”の写真はさんによる写真ACからの写真
時計の写真はakizouさんによる写真ACからの写真

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP