キャリア・仕事

あなただけのキャリア6:仕事とは日常である

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ソウルフル・ワールド』

前回に続き、職業選択についてのお話です。前回は、就職活動をする前に、自分のことを知る必要があり、さまざまな理論を基に自分の特性や要望を見極めていくのも1つの手だとお伝えしました。でも、自分が何が得意で、どんな仕事に向いているか、働く上でどんな条件を優先すべきかは、自分でわかっているようでわかっていないことも多々あるはずです。だからこそ、第三者の姿や意見は、いろいろな意味でとても参考になります。

『ソウルフル・ワールド』は、そんな要素がたくさん詰まった作品です。ここからネタバレが含まれるので、何も知らずに映画を観たい方は、本編を観てから下記を読むことをオススメします。

『ソウルフル・ワールド』は、ジャズ・ピアニストになる夢をずっと持ち続けているジョーという男性が主人公です。彼はずっとその夢を追いかけてきましたが、まだ叶えられておらず、今は学校で音楽の先生をしています。そんな彼にようやくチャンスが訪れるのですが、ここから彼は予想外の経験をしていきます。彼はとあることをきっかけに、生死を彷徨うことになるのですが、その時に魂の世界に紛れ込みます。そこで22番と呼ばれる魂と出会い、22番が“きらめき”を見つけて地上の世界で人間として生まれることができるように、ジョーはメンターになります。

ジャズ・ピアニストになるという明確な夢を持っているジョーと、きらめきを見つけられない22番。ここでこの映画を観ている私達は、世間一般にある「将来、才能を発揮できる職業や特技」がきらめきと言われているのだと思いながら、ストーリーを追うことになります(映画の演出上、そういう風に観るように仕向けているのもあって)。

映画『ソウルフル・ワールド』

22番はそういったきらめきを魂の世界では全然見つけられないでいますが、今度はジョーと共に誤って地上の世界に紛れ込んだ時に、きらめきを見つけます。でも、22番が見つけた“きらめき”は、職業には全く関係ないというのがミソなんです。

一方、ジャズ・ピアニストになりたいと明確に思っていたジョーは、死を免れて再びジャズ・ピアニストになれるよう挑みます。ここでサクセスストーリー終了となりそうなものですが、ここまでの流れからして、この映画が言いたいのはそこではないのは、きっと皆さんお気づきになるはず。夢に抱いていた職業に就くスタート地点に立てたジョーが、人気歌手に言われる一言にはとても現実的なメッセージが込められています。それは、“仕事とは日常である”ということ。

どんなに夢見た仕事でも、それが現実になれば、もう夢ではなくなり、日常の一部になります。最初はワクワクしていたことも、少なからずルーティーンになっていきます。それは悪いことではもちろんありませんが、ある意味夢から覚めた時に、それでもその仕事を続けられるか、その仕事を楽しめるかというところまで行き着いてやっと「好きな仕事」だったかがわかるということだと思います。

この連載のVol.2で「“好きな仕事をする”の意味を考える」というテーマの中で、好きな仕事といっても定義がさまざまであること、そして今それが好きだと思えても、生きていく上でどんどん変化していくことをお話しました。「夢に描いていた通りの仕事に就けて幸せだ」と思っている場合でも、「思っていたのと違う」といった場合、「楽しかったけど、飽きた」という場合でも、そういった心の変化は少なからず起こります。だから、今やりたいことを見つけていても安泰ではないし、見つかっていないから絶望的というわけではないのです。

好きなこと、夢中になれることが見つかっていたらいたで、その時向かう方向が定められるのは良いですが、見つかっていなくても大丈夫。ジョーの経験は「好きな仕事をする」のその先と言えますが、現実に直面したジョーが、その後どんな思いで生きていこうとするのかが、まさに大事なところで、ぜひそこは本作を観て確かめて頂きたいと思います。

映画『ソウルフル・ワールド』

22番のきらめきは、直接は職業に関係ありませんでしたが、生きていく上でとても大切なことです。むしろ人のためになる仕事をするには、22番が得たきらめきのようなことが1番大事になってくるのだと思います。だから、好きなことが見つからない、どんな仕事をやれば良いのかわからないと焦ってしまっている人は、一旦仕事に結びつけて考えるのをやめて、遊びでも何でも良いから、自分が素敵だなと思える瞬間を観察してみてください。「これが何に繋がるの?」と思うかもしれませんが、「こういう感情が自分にわく瞬間って、他にどんな時があるのかな」と日々探していると、きっとヒントが見つかるはずです。また、自分では気付かないきらめきもあるはずなので、家族や友人からも意見を聞いてみることはとても有効です。

オススメのお仕事映画

映画『ソウルフル・ワールド』

『ソウルフル・ワールド』
2020年12月25日よりディズニープラスにて独占配信中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「仕事とは何か」「生きていく上で大事なこととは何か」を考える視野を広げてくれる作品です。

© 2020 Disney/Pixar.

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント/認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈 彼女が好きなものは

多様性という言葉が徐々に浸透してきている昨今ですが、まだまだそれぞれの方の心の奥にあるものまで…

映画『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー 『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー

大ヒットドラマ『あなたの番です』と、この度映画化された『あなたの番です 劇場版』の脚本を担当された福原充則さんにインタビューをさせていただきました。視聴者や観客が「犯人は誰?」「あそこに伏線があった?」と盛り上がる作品ということで、以前から脚本家の方に聞いてみたかった質問もぶつけてみました。

『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『軍艦少年』佐藤寛太 軍艦少年

世界文化遺産に登録された軍艦島が物語の鍵を握る本作は、軍艦島が見える街が…

映画『花椒(ホアジャオ)の味』サミー・チェン サミー・チェン

1972年8月19日香港生まれ。アジア中にファンを持つトップアーティストで俳優としても輝かしい成績を残し…

映画『成れの果て』萩原みのり 成れの果て

絶対に許せない罪を犯した人物が姉と結婚しようとしているという設定だけ聞くと、いろいろな疑問が湧きますが、最後に…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー/アリアナ・デボーズ/デヴィット・アルヴァレス/マイク・ファイスト/リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ監督&豪華キャスト集結!『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地ニューヨークにてワールドプレミア開催

2022年2月11日より全国公開となる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。先日、物語の舞台にもなった聖地ニューヨーク・ウエストサイドにてワールドプレミアが行われました。会場には、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラーら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師

前作で一件落着したと思ったら、今度は新たな敵が出現。そして、本作では主人公イワンが本当の…

映画『アンテベラム』ジャネール・モネイ ジャネール・モネイ

1985年12月1日アメリカ、カンザス州出身。高校卒業後、ニューヨークのアメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマ・アカデミーに進学し…

映画『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー 『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー

1人の女性の失踪事件から物語が始まり、予想外の人間関係と思わぬ展開を見せる『悪なき殺人』。今回は本作で監督を務めたドミニク・モルさんにリモートでインタビューをさせていただきました。本作のお話から監督の好み、コロナ禍の映画業界についてなどお話をおうかがいしました。

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 娘との距離を感じたエピソードや娘についての悩みを大募集!『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』企画

これは、娘の成長は嬉しいけれど親離れは寂しいなと思っているお父さんに向けた企画です!記事に採用された方には、『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の劇場鑑賞券(ペア)をプレゼント!小学生のタビサと同じ年頃の娘さんがいらっしゃる方から思春期の娘さんがいらっしゃる方まで、どんなエピソード、メッセージ、お悩みでもOKですのでぜひご応募ください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  2. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  3. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  4. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  5. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  6. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
  7. 映画『スパゲティコード・ラブ』倉悠貴/三浦透子/清水尋也/八木莉可子/古畑新之/青木柚/xiangyu/香川沙耶/上大迫祐希/三谷麟太郎/佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ/土村芳
  8. 映画『悪なき殺人』ダミアン・ボナール
    悪なき殺人

  9. 映画『tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!』アンドリュー・ガーフィールド
  10. 映画『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
PAGE TOP