REVIEW

アネット【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アネット』アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール

ダークファンタジー・ロック・オペラと称しているこの作品、一体どんな内容なのかと思ったら、文字通りダークファンタジー・ロック・オペラでありつつ、このテンションでそのテーマを描くのかと意外性が感じられます。そして冒頭から個性むき出しで、レオス・カラックス監督ってやっぱりどこか違うというワクワク感を与えてくれます。
物語の舞台はロサンゼルス。独特な世界観で人気を得ているスタンダップ・コメディアンのヘンリー(アダム・ドライバー)と、国際的に有名なオペラ歌手アン(マリオン・コティヤール)は恋に落ち、世間から大きな注目を浴びます。やがて2人は結婚し、娘を授かります。幸せの絶頂にいるように見えた一家でしたが、徐々にヘンリーとアンの関係に暗雲が立ちこめます。映画の世界観は独特でとてもドラマチックでありながらも、2人に起こる変化は世の中の多くの夫婦にとって珍しいことではありません。だからこそ、すごく親近感を持って感情移入して観ることができます。一方で、とても映画的で気になる描写をしている部分があり、そこにこそ本作で1番伝えたかったメッセージがあるように感じます。その気になる描写は最終的にすごく意味が出てくるところなので詳細は伏せておきます。
ここからは私の解釈ですが、ポスタービジュアルや予告編ではヘンリーとアンのラブストーリーの部分を前に打ち出していますが、タイトルはヘンリーでもアンでもなく『アネット』です。ここで一旦???となる方もいらっしゃるでしょう。物語の途中で誰のことなのかは明かされるわけですが、そこから先を観ていくとカップルの話からどんどんもっと深いストーリーへと入っていくのがわかります。結末で謎の描写に隠されていた意図に気付いて「だからか〜」と納得できると同時に、かなり強烈なメッセージが込められていたことにハッとさせられます。また、ある人物のセリフに対して、「ヘンリーはわかるとして、アンも?」と一瞬思ってしまいますが、よくよく考えると確かに2人ともそれぞれの立場で自分本位であることに気付かされます。ネタバレを避けて抽象的な表現に留めているので、読者の皆さんには「何のことやら?」と思われていそうですが(苦笑)、映画を観ていただければ「このことか!」とわかっていただけるはずです。
そして、レオス・カラックス監督の手腕も見事ですが、主演のアダム・ドライバーとマリオン・コティヤールが何とも素晴らしい!改めて2人の演技力の高さを実感でき、すごくリアルなシーンに引き込まれます。いろいろな意味ですごくおもしろい作品なので映画好きの皆さん必見ですよ。

デート向き映画判定
映画『アネット』アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール

エンタテインメント性が抜群なのでそういった点ではデート向きとも言えますが、カップルにとって生々しい内容でもあるので、観た後にどんな影響が出るかは読めません(苦笑)。関係が安定しているカップルなら大丈夫かもしれませんが、内心今の関係に疑問を抱きはじめているとしたら、一緒に観るのはやめておいたほうが良さそうです。また結婚を意識しつつも、この人で良いのかと迷っている方も1人で観てじっくりいろいろなことをシミュレーションすることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アネット』アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール

大人の恋愛と結婚後を描いたストーリーなので、ヘンリーやアンの気持ちにはまだピンとこない部分があるかもしれませんが、皆さんは別のある人物の視点で観て共感できる部分があると思います。解釈力と想像力をフル稼働したほうが一層楽しめる作品なので、表面的なところだけを観ると若干キョトンとしてしまう可能性があります。そういう点も踏まえて、観終わってからいろいろと語れるように友達を誘って観るのも良いでしょう。

映画『アネット』アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール

『アネット』
2022年4月1日より全国公開
PG-12
ユーロスペース
公式サイト

© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP