REVIEW

異動辞令は音楽隊!【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『異動辞令は音楽隊!』阿部寛

原案、脚本、監督を務めるのは、『ミッドナイトスワン』の内田英治。公式資料によると、内田監督がある警察音楽隊のフラッシュモブ映像を観たことをきっかけに本作が生まれたそうです。物語の冒頭では、お年寄りが狙われるアポ電強盗事件の捜査をする刑事、成瀬(阿部寛)のピリピリとした姿が映されていて、そんな彼に、突然音楽隊への異動が言い渡されます。現場一筋の成瀬が音楽隊に異動し、彼自身の心境や周囲の人々との関係がどう変化していくのかが本作の見どころです。
音楽隊に入り、事件の捜査から離れてしまう成瀬の複雑な心境を阿部寛が上手く体現していて、武骨だけどどこか憎めないキャラクターに昇華しています。また、阿部寛は本作でドラムに初挑戦しており、見事なスティックさばきも観られるので注目です。その他にも、清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、見上愛、倍賞美津子らが共演し、それぞれ重要人物を演じています。特に倍賞美津子が演じた認知症の母親はとてもチャーミングで印象に残ります。でも、その一方で家族が苦労する場面も映されているので、同じように認知症の家族を持つ方なら共感できる部分がありそうです。
音楽、クライムサスペンス、人間ドラマが上手く絡み合った見応えある作品で、老若男女問わず楽しめると思います。観る人によって心に響く部分が変わりそうなので、鑑賞後はいろいろな人の感想を聞いてみるのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『異動辞令は音楽隊!』阿部寛/磯村勇斗

恋のムードを盛り上げる要素はないものの、気まずくなるシーンはないので、初デートや付き合いたてのカップルでも観やすい作品です。主人公を中心とした職場や家族のさまざまな人間模様が観られるので、これを機にお互いの人間関係について話してみるのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『異動辞令は音楽隊!』阿部寛/酒向芳

皆さんの視点から成瀬の姿を見ると、最初は「古くさいおじさん」だと感じると思います(笑)。でも、そんな彼が不器用ながらも少しずつ変わっていく姿は、とてもカッコ良いので、最後まで温かく見守ってください。また、警察に音楽隊があることを本作で知る方も多いのではないでしょうか。もし興味を持ったら、実際の警察音楽隊の演奏を聴きに行ってみるのもアリです。

映画『異動辞令は音楽隊!』阿部寛/清野菜名/磯村勇斗/高杉真宙/板橋駿谷/モトーラ世理奈/見上愛/倍賞美津子

『異動辞令は音楽隊!』
2022年8月26日より全国公開
ギャガ
公式サイト

©2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP