REVIEW

インフィニティ・プール【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『インフィニティ・プール』アレクサンダー・スカルスガルド/ミア・ゴス

REVIEW

やっぱり、ブランドン・クローネンバーグ監督作は強烈ですね。期待通りのパンチ力があります。本作の主人公は、長らく新作が書けずインスピレーションを求めて妻のエム(クレオパトラ・コールマン)と高級リゾート地にやってきた作家のジェームズ(アレクサンダー・スカルスガルド)です。ジェームズはある日、自分の小説の大ファンだというガビ(ミア・ゴス)とその夫アルバン(ジャリル・レスペール)に出会い、夫婦で高級リゾート地の外に出かけようと誘われます。治安の悪い国で敷地外はかなり危険だと知りながら、ファンだと言われて少し気を良くしたジェームズは彼等と出かけることに。そこからジェームズは思わぬ事態に巻き込まれていきます。
ブランドン・クローネンバーグ監督作なので、強烈な出来事が起こるであろうと予測していながら、かなりぶっ飛んだ内容で終始ドキドキが止まりません。前半はその“カラクリ”によって一瞬ホッとしてしまう部分がありつつ、後半はその“カラクリ”によって、違う種類の恐怖のどん底に突き落とされます。観ようによっては、社会構造を比喩していて、すべて金で解決することに慣れ過ぎて、人間の心を失い鬼畜となった富裕層の素顔を見せられているように感じます。
そして何より、ミア・ゴス演じるガビが怖い!何を考えているのかわからない怖さがあり、正体が見えたら見えたで太刀打ちできない状況に追いやるサイコぶりがたまりません(笑)。ほんと、こういう役をやらせたらミア・ゴスの右に出る者はいませんね。アレクサンダー・スカルスガルドも、そんなガビの術中にハマっていくジェームズを好演していて、観る者にさまざまな感情を湧かせます。
とにかく見応えバッチリで、鑑賞後はグッタリします。哲学的な解釈も楽しめる、究極の胸糞映画(褒めてます)なので、元気な時に観てください。

デート向き映画判定

映画『インフィニティ・プール』アレクサンダー・スカルスガルド/ミア・ゴス

いろいろな意味でデートでは観ないほうが良いでしょうね(笑)。特に、初デートや交際が浅くてお互いにまだかなり気を使っている状況なら、デートで観るのはやめておきましょう。ただし、鑑賞後にいろいろ話したくなるストーリーという点では、ベテランカップルなど気楽に何でも話し合える2人なら一緒に観るのもアリなのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『インフィニティ・プール』アレクサンダー・スカルスガルド

18歳にならないと観られないといいつつ、映画を観慣れていない18歳が観ると、いろいろ度肝を抜かれるかもしれません。「何やってんだ、この人は!?」から始まり、「おやおやおや!?」となり、最後は「えぇぇぇーっ!」となった後は、「スゴいものを観てしまった!」と映画の強烈さに感動するか、トラウマになるか、好き嫌いは分かれそうな気がします。上の写真のシーンはちょっと笑っちゃうんですけどね。話は逸れますが、これを場面写真に使う宣伝マンさんのセンスに乾杯(笑)。

映画『インフィニティ・プール』アレクサンダー・スカルスガルド/ミア・ゴス

『インフィニティ・プール』
2024年4月5日より全国公開
R-18+
トランスフォーマー
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 Infinity (FFP) Movie Canada Inc., Infinity Squared KFT, Cetiri Film d.o.o. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP