REVIEW

イニシェリン島の精霊【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン

タイトルに“精霊”とついているので、穏やかなストーリーなのかと思いきや、とんでもなく激しいストーリーです。物語の舞台は、1923年、アイルランドの孤島、イニシェリン島。島からは本土で内戦が起こっている様子がわかります。イニシェリン島に長らく住んでいるパードリック(コリン・ファレル)は、長年の親友コルム(ブレンダン・グリーソン)といつもの通り酒場で飲もうと誘います。でも、コルムはパードリックに突然絶縁を言い渡したばかりでなく、もし今後自分に話しかければどうなるかと、恐ろしい宣言をします。コルムがパードリックにした宣言は「どうせ口先だけだろ?」と思うような過激な行為です。でも、コルムの意志は思った以上に堅く、2人の絶縁は現実のものになっていきます。
本作を観ていると「一体、何が起きているんだろう?」と終始困惑させられます。まさに観客はパードリックの困惑をそのまま体感させられるともいえます。ただ、1923年という時代、島の向こう側で内戦が起こっているという背景から、パードリックとコルムの関係は、北アイルランド問題を比喩しているのではないかと解釈できます。つまり、元々仲間だったのに絶縁し緊張関係にある2人は、北アイルランド問題を巡って分断されたアイルランドの状況を人間関係になぞらえて表現されたものだと考えると、物語の捉え方が変わってきます。心のどこかで繋がりを感じていながら、距離をとり、仲直りできそうでできない、もどかしい2人の関係は、アイルランドと北アイルランドの複雑な関係を絶妙に表現しています。
主演のコリン・ファレルとブレンダン・グリーソンや、共演のバリー・コーガンは共にアイルランド出身の俳優で、本作の製作国はイギリス、アメリカ、アイルランドとなっています。キャストやスタッフにとって、そして本作を観るアイルランドやイギリスの方々にとって、私達日本人が想像する以上に特別な意味がある作品だと考えられます。同時に、こういった関係はアイルランドに留まらず、ロシアのウクライナ侵攻や中東戦争などにも通じるものを感じます。また、比喩として捉えるだけではなく、国の問題であったとしても、根本は人間の感情から生まれた問題であるということも表現しているのかもしれません。ここまで述べたのはあくまで私の解釈ですが、皆さんもいろいろな解釈をしてみてください。

デート向き映画判定
映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/バリー・コーガン

ショッキングなシーンが何度か出てくるので、デートには向かないでしょう。ただし、世界情勢に関心が深いカップルなら、観終わった後に議論したくなる要素があると思います。逆に、自分は映画を観て解釈を膨らませるのが好きだけれど、相手はあまり得意ではないという場合は、観終わった後の充実感にズレが出る可能性があります。その場合は1人でじっくり観るか、同じテンションで観られる友達を誘いましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン

ホラーやスリラーの類ではありませんが、ビジュアル的にショッキングなシーンが何度か出てきます。なので、大きくなってから観るほうが良さそうです。さまざまな解釈ができそうですが、アイルランドの歴史に絡めたストーリーであると思われるので、アイルランドの大まかな歴史、イギリスとの関係について予め調べてから観ることをオススメします。

映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン

『イニシェリン島の精霊』
2023年1月27日より全国公開
PG-12
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP