イイ俳優セレクション

トニ・コレット

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット

1972年11月1日オーストラリア生まれ。名門ナショナル・インスティテュート・オブ・ドラマティック・アート(NIDA)で学ぶ。『ミュリエルの結婚』(1994) の演技で、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。『シックス・センス』(1999) ではアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)では、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞、英国アカデミー賞助演女優賞ノミネートに加え、放送映画批評家協会賞アンサンブル演技賞、全米映画俳優組合賞キャスト賞を受賞した。TVドラマシリーズ『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』(2009-2011)では、ゴールデングローブ賞、プライムタイム・エミー賞の主演女優賞を受賞した。その他の主な出演作に『ベルベット・ゴールドマイン』『チェンジング・レーン』『アバウト・ア・ボーイ』『めぐりあう時間たち』『イン・ハー・シューズ』『ヒッチコック』『おとなの恋には嘘がある』『しあわせはどこにある』『マイ・ベスト・フレンド』『トリプルX:再起動』『500 ページの夢の束』『マダムのおかしな晩餐会』『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』『へレディタリー/継承』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『ナイトメア・アリー』などがある。(引用:『ドリーム・ホース』公式資料

イイ男セレクション/出演作

『スポッツウッド・クラブ』『ミュリエルの結婚』『ハッピィブルー』『Emma エマ』『ベルベット・ゴールドマイン』『シックス・センス』『シャフト』『ホテル・スプレンディッド』『チェンジング・レーン』『アバウト・ア・ボーイ』『めぐりあう時間たち』『ジャパニーズ・ストーリー』『イン・ハー・シューズ』『リトル・ミス・サンシャイン』『ザ・デンジャラス・マインド』『いつか眠りにつく前に』『ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー』『フライトナイト/恐怖の夜』『ヒッチコック』『プールサイド・デイズ』『おとなの恋には嘘がある』『幸せになるための5秒間』『しあわせはどこにある』『マイ・ベスト・フレンド』『アンダーカバー』『トリプルX:再起動』『アンロック/陰謀のコード』『マダムのおかしな晩餐会』『500 ページの夢の束』『へレディタリー/継承』『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』『立派なこどもの育てかた』『ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『密航者』『ナイトメア・アリー』『ドリーム・ホース』など

ドラマ:『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』『HOSTAGES ホステージ』『パワー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

好きな出演作が多くありますが、個人的には『イン・ハー・シューズ』が特にお気に入りです。近年もさまざまな作品で活躍していて、主演でも脇役でも欠かせない俳優さんだと感じます。(2023/1/13)

Recommended by Shamy

出演作を観てみよう!

『ドリーム・ホース』
2023年1月6日より全国公開

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット/ダミアン・ルイス

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ミュリエルの結婚』

『Emma エマ』

『シックス・センス』

『シャフト』

『チェンジング・レーン』

『アバウト・ア・ボーイ』

『めぐりあう時間たち』

『イン・ハー・シューズ』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『いつか眠りにつく前に』

『ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー』

『フライトナイト/恐怖の夜』

『ヒッチコック』

『HOSTAGES ホステージ』

『プールサイド・デイズ』

『おとなの恋には嘘がある』

『しあわせはどこにある』

『マイ・ベスト・フレンド』

『トリプルX:再起動』

『アンロック/陰謀のコード』

『マダムのおかしな晩餐会』

『500 ページの夢の束』

『ヘレディタリー/継承』

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

『ナイトメア・アリー』

©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
© 2011, JHC, LLC. All rights reserved.
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
©2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©2015 S FILMS(MYA) LIMITED
© 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM – Tous Droits Réservés
© 2018 Hereditary Film Productions, LLC
Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Photo Credit: Claire Folger
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.
© 2020 DREAM HORSE FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

from 2023/1/16

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP