REVIEW

おらおらでひとりいぐも

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語。原作は、55歳で夫を亡くした後、63歳で作家デビューした若竹千佐子の同名小説です。映画の冒頭は、「あれ、違う映画が始まった?」と思ってしまうような映像で始まりますが、一見繋がりがないように見えて、観ていくうちに大きなテーマで繋がっていることがわかります。私はここでテレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』を思い浮かべました。
映画全編を通して、桃子の日常が淡々と描かれていき、彼女にだけ見える分身のような存在の声に囲まれながら、ゆっくりとした日々が流れていきます。でも、心の中では孤独と戦っていたり、自分の人生が想像していたものではなかったのではないかという思いにふけったり、さまざまな思いが駆け巡っているのが伝わってきます。印象的だったのは、愛する夫に先立たれたことをどう受け止めているかというところです。夫が亡くなった時に彼女が感じた本音について、彼女はある種の罪悪感を持っているようなのですが、それをどう解釈し受け止めていくのかというところに、夫との深い絆と、人生の深みを感じます。
上映時間がやや長めで、桃子の時間の流れがリアルにゆっくりとゆっくりと描かれているので、人生って長いんだなというところも体感できます。転機が訪れても、そう簡単に日常が激変するわけでもないところもリアルで、私達も皆今後こういう時期を体験していくんだなとある種の心構えもできます。多くの不安を抱えながらも、一筋の光を見つけて強く生きていく桃子の姿は愛おしく、女性は自分のことを大切にして良いんだと改めて思えるはずです。

デート向き映画判定
映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高

一生添い遂げようという人と観ると、余生をどう過ごしたいか、2人でいられるうちに何がしたいかなど、改めて話し合うきっかけにできそうです。結婚すると、どちらが先にこの世を去るかで残されたほうの人生が心配になりますが、自分がいなくなった後のことなどもお互いの希望を伝えておけると思います。夫婦の出会いから振り返るシーンもあるので、マンネリカップルや夫婦にも良い刺激になりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子

自分に置き換えて考えるにはまだ実感がわかないと思いますが、皆さんのおばあちゃんがこんな気持ちになっているのかなという理解は深まると思います。離れて暮らしていると、孫だけで祖父母に会う機会はなかなか作れませんが、皆さんの存在がおばあちゃん達の元気に繋がるので、ぜひたまには会いに行ってあげてください。主人公の桃子は、恐竜などの図鑑を見るのが好きですが、皆さんのおばあちゃんにも意外な趣味があるかもしれません。年が離れすぎて何を話せば良いかわからない人もいると思いますが、いつも何をしているのか話を聞いてみて、共通の話題が見つかると良いですね。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/蒼井優/濱田岳/青木崇高

『おらおらでひとりいぐも』
2020年11月6日より全国公開
アスミック・エース
公式サイト

© 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

映画『アンダードッグ』勝地涼 勝地涼(かつじ りょう)

1986年8月20日、東京都生まれ。2000年に俳優デビュー。2005年…

映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールによる「The Witches(邦題:魔女がいっぱい)」を…

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン ノッティングヒルの洋菓子店

本作は、世代の異なる女性3人と、パティシエの男性シェフというバラバラな4人が集まり…

映画『美少女戦士セーラームーンEternal』 劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』≪前編≫ 5組10名様 特別試写会ご招待

劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』≪前編≫ 5組10名様 特別試写会ご招待

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  2. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  3. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  4. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  5. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  6. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  7. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  8. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  9. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

  10. 映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作
PAGE TOP