取材&インタビュー

グレタ・ガーウィグ&デイビッド・ヘイマンが続編の話に真面目に回答『バービー』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)、デイビッド・ヘイマン(製作)/高畑充希(日本語吹き替え版バービー役)

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)、デイビッド・ヘイマン(製作)/高畑充希(日本語吹き替え版バービー役)

全米でメガヒットを飛ばし、社会現象を巻き起こしている『バービー』の日本劇場公開を間近に控え、監督、共同脚本、製作総指揮を務めたグレタ・ガーウィグと、製作を務めたデイビッド・ヘイマンが来日しました。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)

グレタは会場に詰めかけた観客に向けて「本当に今日は来てくださってありがとうございます。自分の作品を携えて日本にいるというのは大変光栄です。というのは、私は日本の映画が大好きだからなんです。皆さんに作品を観ていただくのを楽しみにしています」ととびきりの笑顔で挨拶。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:デイビッド・ヘイマン(製作)

これまで、“ハリー・ポッター”シリーズ全8作、“ファンタスティック・ビースト”シリーズ、『ゼロ・グラビティ』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『マリッジ・ストーリー』と数々の大ヒット作、名作を手掛けてきたデイビッド・ヘイマンは、「私はプロデューサーですので、グレタさんの言ったこと全部に私も同意しております」と控えめに一言。足元にはさりげなくピンクのスニーカーを履いているのが、チャーミングでした。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:高畑充希(日本語吹き替え版バービー役)

そして、マーゴット・ロビーが演じるバービーの日本語吹き替えを担当した高畑充希もピンクの着物で登場。「グレタ監督の作る映画が大好きで、毎回映画館で拝見していて、実際にご本人に会えて感動しています。優しい眼差しで人としても女性としても素敵な方だなと、今日もっとファンになりました。この映画は皆さんが描かれている印象とは全く違った鑑賞後感になると思うので、皆さんがどんな感想を抱かれるのか、私自身も楽しみです。今回、この作品に関われてすごく光栄に思います」と胸がいっぱいの様子でした。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)

アメリカで既に記録的なヒットを飛ばし、社会現象を巻き起こしている本作。アメリカでは劇場にピンクのものを身につけていくピンク旋風が巻き起こっている 状況について聞かれたグレタは「もちろん撮影中、光栄にもこの美しいセットに身を置くことができたんです。全部がピンクというわけではなかったのですが、ピンクがたくさん使われていて、キャストもスタッフもそこに足を踏み入れるとハッピーになっていました。そして実際に公開されてから皆さんがピンクを身につけて映画を観に行ってくださっていて、すごく笑顔でハッピーな気持ちでいてくださっているわけですよね。本当に嬉しいです」と述べました。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:デイビッド・ヘイマン(製作)

本作の魅力について、デイビッドは、「本当に魅力はたくさんあります。まず脚本家であり、監督であるグレタさんという存在。そして、素晴らしい、一番今ノリにのっている俳優の方々が素晴らしい演技をされています。作品全体でダンスパーティーだといえるような作品です。美しいセットで衣装もとても美しく素晴らしいです。この映画には1つのことだけではなく、いろいろなことが込められているんです。何より、とても可笑しくて、心にキュンとくる感動もあり、エンタテインメント要素に溢れた映画です」と自信を見せました。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)、デイビッド・ヘイマン(製作)/高畑充希(日本語吹き替え版バービー役)

高畑充希が圧倒的なバービー感を讃えていたマーゴット・ロビーの演技も見ものです。そして、話題はライアン・ゴズリングが演じたケンが歌うシーンにも及びました。このシーンがどうやって決まったかと聞かれたグレタは「自分の中でケンにはミュージカルのシーンをぜひやって欲しいと思っていたんです。自分自身が誰か、アイデンティティを発見した喜びを歌うシーンとして。マーク・ロンソンさんとアンドリュー・ワイアットさんがロックオペラ調の素晴らしい曲を書き下ろしてくれて、あとはライアンの説得となり、基本的に「やって、やって、やって」とOKしてくれるまで言い続けました。本当に素晴らしい歌声、ダンスなんですが、ライアンによると今回の歌のスタイルは今までやったことがないもので、どこからきたものかもわからないし、二度とそれを繰り返すことはできないものなのだそうです(笑)」と振り返りました。

デイビッドは「ライアンは本当に素晴らしい俳優さんだと思います。口ではできないと言いながらも、やってみると本当にこちらを驚かせてしまうような、予想もしていないようなパフォーマンスを見せてくれる方なんです。いつもそういう驚きを与えてくれる俳優さんでした。映画を観ていただければわかるのですが、コメディあり、素晴らしい歌あり、とても心に訴えかけてくるようなそういう演技をしてくださる本当に素晴らしい俳優さんです」とライアン・ゴズリングを称賛しました。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)、デイビッド・ヘイマン(製作)

これに対し、司会のDJ TAROが「もしまたライアンの歌とダンスが観られる機会が本当にあるとしたら、『バービー』の続編でしかないということですよね、きっとね」とコメントすると、グレタからは「この先どうなるかわかりませんから」というコメントがあり、デイビッドからも「私達は今を生きていますから」と真面目な回答が(笑)。これにはDJ TAROも「軽く流してもらえればと思ったんですけど、ちゃんと訳していただきました」と苦笑い。急にグレタとデイビッドの製作者スイッチが入った瞬間でした(笑)。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)

最後にグレタから「この作品を観て、たくさんの方が一緒に笑ったり、踊り出したい気持ちになったり、もしかしたら涙する、そういった体験をしていただければと思います」とコメントし、イベントは幕を閉じました。

映画『バービー』来日ジャパンプレミア:グレタ・ガーウィグ(監督・共同脚本・製作総指揮)、デイビッド・ヘイマン(製作)/高畑充希(日本語吹き替え版バービー役)

本作が全米及び先に公開されている他国で空前の大ヒットを飛ばしているワケは観ればわかるはず。皆さんも映画館に行き、“バービーランド”に入って、特別な体験をしてください!

映画『バービー』ジャパンプレミア:
2023年8月2日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング

『バービー』
2023年8月11日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP