REVIEW

ハロウィン THE END【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハロウィン THE END』ジェイミー・リー・カーティス/ジェームズ・ジュード・コートニー

殺しても殺しても死なないブギーマンことマイケル・マイヤーズ(ジェームズ・ジュード・コートニー)を、ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)は今度こそ倒せるのか。シリーズを観てきた方は見逃せないですよね。これまでローリーは殺人鬼としてのマイケルに対峙してきましたが、本作は、誰の心の中にもある邪悪との闘いにフォーカスした物語となっています。そこで、1人の青年がキーマンとなるのですが、彼があることをきっかけに変化し、自信に満ち溢れ、パワフルである種魅力的にさえ映る姿が邪悪な力の大きさを物語っています。
そして、本シリーズの魅力はなんといってもローリーの強さです。ローリーはもうシニア世代ですが、怪力のマイケルと渡り合うのがスゴイ(笑)!年齢の限界を超えた最強の女性というと、“ターミネーター”のサラ・コナーか、“ハロウィン”のローリー・ストロードかという感じでしょうか。腕力というより執念から出てくるパワーがみなぎっていて迫力があります。
本作はサブタイトルからしてどんな決着が付くか想像できるところもありますが、ちょっと気になるポイントもあります。“通”なら気付くはずですが、続編を作ろうと思えば作れるように余白を残したのかなと私は睨んでいます。とはいえ、本作が区切りとなるので、マイケル・マイヤーズとローリーの運命の行き着く先をお見逃しなく!

デート向き映画判定
映画『ハロウィン THE END』ジェイミー・リー・カーティス/ローハン・キャンベル

ホラーの金字塔といえるシリーズなので、説明は無用ですね。ただ、本作の特徴としては、結構ラブストーリーが含まれています。そういう意味ではロマンチックな展開も少しありますが、とはいえ、すべて結局ホラー的展開に結びついていくので、2人で背伸びしてホラーに挑戦しようとするなら、その辺りは覚悟しましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハロウィン THE END』ジェームズ・ジュード・コートニー

15歳になり、R-15指定をクリアして本作が観られるとしても、急に本作のような本格的なスプラッターホラーを観るとさすがに刺激が強いのではないでしょうか。ただし、ここまで激しいとフィクションであるという認識も働きやすいので、上手に距離感をとれる方は、若くしてホラー映画の醍醐味に気付くことができるかもしれません。

映画『ハロウィン THE END』ジェイミー・リー・カーティス/ジェームズ・ジュード・コートニー

『ハロウィン THE END』
2023年4月14日より全国公開
R-15+
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

© 2022 UNIVERSAL STUDIOS


関連作:“ハロウィン”シリーズ

『ハロウィン』(1978)ジョン・カーペンター監督版

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る

『ハロウィン』(2018)

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『ハロウィン KILLS』(2021)

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP