REVIEW

キル・チーム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キル・チーム』ナット・ウルフ

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化。監督は、ドキュメンタリー作家として2度アカデミー賞にノミネートされたダン・クラウスが務め、2010年に起きたこの事件を題材に手がけた自身のドキュメンタリーを劇映画化しました。さらに公式資料によると、ナット・ウルフやアレクサンダー・スカルスガルドなどの俳優陣は軍隊で訓練を受けてから撮影に入るなど、リアリティに徹底的にこだわったとされています。
劇中では、まず兵士達が日々危険にさらされている状況が映し出され、アフガニスタンの現地人に対して警戒心を持ってもおかしくない状況が描かれています。そんな緊張感のある生活の中で、ナット・ウルフが演じる主人公アンドリューが属する部隊に新たに配属されてきたのがディークス(アレクサンダー・スカルスガルド)。彼は一見頼もしい上官で、彼の厳しい態度が部隊の士気を高めていきます。その後、どこから歯車が狂っていったのかがわからないほど、部隊のメンバーはごく自然にディークスのやり方に染まっていきますが、それこそが戦争の恐ろしいところだと実感します。また、この状況に疑問を感じたアンドリューは、彼等の行動を正すかどうかで葛藤しますが、彼自身がこの“キル・チーム=殺人部隊”に命を狙われる可能性すらあり、なぜこんなことで命を二重の危険にさらされなくてはいけないのかやるせなさがこみ上げてきます。これはアフガニスタンで実際に起こった出来事ですが、同じようなことが私達の日常にもあるように思います。ごく普通の人達が、非常な状況のなかで歪んだ正義に目覚めたり、誤った大義名分をかざして自分を正答化する。同調圧力に負けて理性を失う人々の怖さを改めて知らされると同時に、こういった問題に巻き込まれる可能性は誰にでもあることを気付かされる1作です。

デート向き映画判定
映画『キル・チーム』ナット・ウルフ/アレクサンダー・スカルスガルド

ロマンチックな要素は全くなく、デート向きな要素はありません(苦笑)。ただ、状況は違えど職場の上下関係や、学校での上下関係、友達関係に悩んでいる場合、主人公アンドリューに共感できる部分があると思います。何か吐き出したいことがあったり、1人で悩んで辛い状況に陥っている人は、本作を一緒に観た後に、パートナーに相談に乗ってもらうと親身になってくれるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『キル・チーム』ナット・ウルフ

悪いことをする人の勢力が強くて、それに逆らうと自分も危険な目に遭わされる…。キッズやティーンの皆さんの日常にも、同じような人間関係があるのではと思います。本作に登場するディークス達を反面教師として観て、自分がアンドリューの立場だったらどうするのが良いかぜひ考えてみてください。

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ/アレクサンダー・スカルスガルド

『キル・チーム』
2021年1月22日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

©2019 Nostromo Pictures SL/ The Kill Team AIE / Nublar Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー
  2. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  3. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  4. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  5. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  6. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  7. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  8. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  9. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  10. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

PAGE TOP