REVIEW

ニューオーダー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ニューオーダー』ネイアン・ゴンザレス・ノルビンド

あ〜怖い!ホラーではないし、世の中が一瞬にして混沌とした世界に変わっていく様子を淡々と映しているだけなのに、これと同じことがどこかで起きているとリアルに感じてゾッとします。まず、冒頭で意味深なシーンが並べられ、何が起こっているのかわからない不安を観る者に与えます。次に物語の舞台は豪邸へ移り、そこで行われている結婚式では和やかで幸せそうな空気が流れています。そして、ある出来事をきっかけに、メインキャラクターの人となりが見えてくるのですが、突然物語が急展開を見せます。目の前の世界が一瞬にして秩序を失い、そこには常識もなければ良心もない世界が広がります。だから、素直にキャラクターそれぞれを観察して物語を追っていたら、「さっきのあのやり取りは何だったんだ!」と、見事にフェイントにかけられてしまうでしょう。本作は徹底的に絶望を見せつける点で、かなりのパンチ力があります。
“新しい世界”では、欲望に駆られた野蛮な人間達が武力によって権力をかざし、常識では考えられない愚行が蔓延します。貧困層vs.富裕層という構図にも見えますが、そうとも言い切れない状況になっていくのがさらに恐ろしくて、弱肉強食にもいろいろな形があることがわかります。また、1人が絶対的に大きな権力を握っているというよりも、身分や立場を問わず、皆が少しずつ腐った部分を持っていることで、それが幾重にも重なり国を完全に蝕んでしまうという状況が巧みに表現されています。これは、日本にいる私達にとっても他人事とはいえません。今、コロナ禍ということもあり、皆がさまざまなことでストレスを溜めています。それが膿となって、こういう状況を生まないように、反面教師的に多くの方に観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『ニューオーダー』ネイアン・ゴンザレス・ノルビンド

ズドーンと重い気持ちになるので、ウキウキして過ごしたいデートの日には不向きです。ただ、観終わった後に誰かと話したくなるストーリーなので、映画が好きなカップル、議論好きのカップルなら、デートで観るのもアリなのではないでしょうか。ただし、あからさまに映らないまでも、想像するとゾッとするシーンや痛々しいシーンはいくつかあるので、元気な時に観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ニューオーダー』

人に敬意を払えないこと、人を信頼できないことが、どういう結果を生むのかを想像させられるストーリーです。食うか食われるかのどちら側になるかということではなく、どちらの側も生まないためにできることはないか、本作を観て考えることは有意義だと思います。

映画『ニューオーダー』ネイアン・ゴンザレス・ノルビンド

『ニューオーダー』
2022年6月4日より全国順次公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

© 2020 Lo que algunos soñaron S.A. de C.V., Les Films d’Ici

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP