イイ男セレクション

サミュエル・L・ジャクソン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』サミュエル・L・ジャクソン

1948年アメリカ、ワシントンD.C.生まれ。1989年『ドゥ・ザ・ライト・シング』で注目され、1991年『ジャングル・フィーバー』で、カンヌ国際映画祭助演男優賞、NY批評家協会賞など、数多くの賞を受賞。1994年には、クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』で、アカデミー賞と、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、英国アカデミー賞を受賞した。1997年『ジャッキー・ブラウン』では、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭男優賞を受賞。そのほか出演作に『キル・ビル Vol.2』『ジャンゴ 繋がれざる者』“アベンジャーズ”シリーズ『キングスマン』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ラグタイム』『スクール・デイズ』『星の王子 ニューヨークへ行く』『ドゥ・ザ・ライト・シング』『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』『モ’・ベター・ブルース』『グッドフェローズ』『ジャングル・フィーバー』『海辺の殺人者』『ジュース』『ホワイト・サンズ』『パトリオット・ゲーム』『ローデッド・ウェポン1』『アモス&アンドリュー』『ポケットいっぱいの涙』『トゥルー・ロマンス』『ジュラシック・パーク』『パルプ・フィクション』『死の接吻』『ダイ・ハード3』『ハードエイト』『トゥリーズ・ラウンジ』『評決のとき』『ロング・キス・グッドナイト』『プレイヤー 死の祈り』『ジャッキー・ブラウン』『スフィア』『交渉人』『レッド・バイオリン』『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『ディープ・ブルー』『英雄の条件』『シャフト』『アンブレイカブル』『ケイブマン』『ケミカル51』『チェンジング・レーン』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『ノー・グッド・シングス』『トリプルX』『閉ざされた森』『S.W.A.T.』『ツイステッド』『キル・ビル Vol.2』『コーチ・カーター』『トリプルX ネクストレベル』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』『デトロイト・コップ・シティ』『フリーダムランド』『スネーク・フライト』『ブラック・スネーク・モーン』『勇者たちの戦場』『サミュエル・L・ジャクソン in ザ・チャンプ 伝説のファイター』『1408号室』『ザ・クリーナー 消された殺人』『ジャンパー』『アイアンマン』『レイクビュー・テラス 危険な隣人』『ソウルメン』『ザ・スピリット』『愛する人』『アイアンマン2』『4デイズ』『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』『デビル・ストレンジャー』『アベンジャーズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ターボ』『オールド・ボーイ』『ダウト・ゲーム』『ロボコップ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『カイト/KITE』『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』『キングスマン』『ベアリー・リーサル』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ヘイトフル・エイト』『ターザン:REBORN』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『セル』『キングコング:髑髏島の巨神』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ミスター・ガラス』『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

何をやっても同じに見えちゃうくらい、本人のインパクトが強い俳優はたくさんいますが、サミュエル・L・ジャクソンの場合は、本人のキャラクターもかなり強いですが、彼そのままと言うよりは、彼による“濃い味付け”がされていて、いつもどんなキャラクターに仕上がっているのかとワクワクします。『ヘイトフル・エイト』のようなワル役も定番でおもしろいですが、『ターザン:REBORN』の役柄はちょっと二枚目要素が入っていて美味しい役なので新鮮です(笑)。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』では強烈な悪役を演じたかと思えば、『セル』ではすごく普通の男を演じていて、彼の演技の幅を感じます。直感で演じているのかなと思っていましたが、『セル』のトッド・ウィリアムズ監督のインタビューで聞いた話によると彼はとても時間をかけて丁寧な役作りをするとのことです。そういうギャップにも萌えますね。

Recommended by Myson

© 2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
©MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
©2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©Universal Pictures All rights reserved.
©Marvel Studios 2019

関連記事

from 2016/7/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』のスタッフが手掛けているとあって、苦さ、切なさ、温かさの描き方が絶妙です。そして…

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』オスカー・アイザック オスカー・アイザック

1980年3月9日グアテマラ生まれ。フロリダ州で育つ。名門音楽大学のジュリアード学院を卒業後、2002年に俳優デビュー。TVシリーズでキャリアを積み…

映画『地獄少女』波岡一喜 波岡一喜(なみおか かずき)

1978年8月2日、大阪府生まれ。2004年、井筒和幸監督作『パッチギ!』に出演し、注目されるようになる。それ以降…

映画『巡礼の約束』ヨンジョンジャ/ニマソンソン 『巡礼の約束』5組10名様 来日キャスト&監督によるアフタートーク付き一般試写会ご招待

映画『巡礼の約束』5組10名様 来日キャスト&監督によるアフタートーク付き一般試写会ご招待

映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介/芳根京子/泉里香/櫻井淳子/戸田菜穂/ブラザートム/濱田龍臣/佐生雪/須藤理彩/杉本哲多/佐々木すみ江/田中泯/蓮佛美沙子/佐々木蔵之介 『記憶屋 あなたを忘れない』3組6名様 キャスト&スタッフ登壇完成披露試写会ご招待

映画『記憶屋 あなたを忘れない』3組6名様 キャスト&スタッフ登壇完成披露試写会ご招待

映画『地獄少女』藤田富 藤田富(ふじた とむ)

1992年4月14日生まれ、大阪府出身。2015年より俳優としての活動を本格的にスタート。『仮面ライダーアマゾンズ』(16/17/18)で主演を飾る。主な出演作に…

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』吉岡秀隆 『男はつらいよ お帰り 寅さん』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『MANRIKI』斎藤工 MANRIKI

映画だからとわかっていても、万力でギューッとするシーンが生々しくて痛さが伝わってきます。そして、ホラーなところはガッツリホラーで、可笑しなところは可笑しくて…

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ルパート・フレンド ルパート・フレンド

1981年10月1日、イギリス生まれ。ロンドンのウェバー・ダグラス・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートで演劇を学び、2004年にジョニー・デップ主演の『リバティーン』でデビュー。以後…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド
  2. 映画『MANRIKI』斎藤工
    MANRIKI

  3. 映画『HUMAN LOST 人間失格』
  4. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  5. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  6. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  7. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  8. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  9. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  10. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP