REVIEW

リコリス・ピザ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン

押しては引いて、引いては押してが何度もあって、恋の駆け引きが忙しいラブストーリーです(笑)。そんな2人のやり取りを大人目線で観ると「若い、若いな!」と思いながらニヤニヤしてしまいます。主人公は、高校生で子役としても活躍する15歳のゲイリー(クーパー・ホフマン)と、25歳のアラナ(アラナ・ハイム)。ゲイリーはアラナに初めて会った瞬間から積極的にアプローチしますが、アラナはゲイリーを子ども扱いして相手にしません。でも、無邪気で自信満々なゲイリーにアラナはだんだん興味を示していきます。
これが大人同士の恋愛なら、2人はただ素直になれないのだという解釈もできそうですが、まだ若いがゆえに恋愛においても好奇心いっぱいなのは当然です。若いうちは“運命の出会い”に期待を持っていて、実際に運命の相手に出会ったという感覚があったとしても、どこかで「まだ1人に決めるのは早い」みたいな心理があるのかもしれません。一方で大人に近づくにつれて真剣な交際を考えているとしても、先が読めなさすぎて飛び込んで良いのかわからないという心理もありえます。そんな若者達の恋愛を等身大に描いた本作は、主人公と同世代の若い皆さんが楽しめるのはもちろん、大人もすごく懐かしく思いながら観られると思います。ポール・トーマス・アンダーソン監督のこれまでの作品からは毛色が異なるように思いますが、こんなに爽やかでキュートなラブストーリーも撮るなんてさすがだなと感服です。
さらに本作は要注目のキャストが名を連ねています!アラナを演じるアラナ・ハイムは、姉のダニエルと“ハイム”というバンドを結成し活躍中のアーティストで、本作で映画デビューを果たしました。本作にはハイム一家が揃って出演しているのも見どころです。さらに脇役にはショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパーが名を連ねています。特にブラッドリー・クーパーはかなりぶっ飛んだ役柄で登場し、わずかな登場シーンで強烈な印象を残しています。彼の登場シーンはクスクス笑えますよ。そして、ゲイリーを演じるクーパー・ホフマンは故フィリップ・シーモア・ホフマンの息子で、本作で映画デビューを飾りました。お父さんに負けない味のある演技を見せていて、デビュー作とは思えない存在感を放っています。
ストーリー、演出、キャストと魅力が詰まっている本作は、映画好きにはたまらない作品となっています。ぜひこの世界観に浸ってください。

デート向き映画判定
映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン

お互いに好きなことは何となくわかっているのに一歩踏み出せない、ついつい駆け引きをしてしまってスリリングな関係から抜け出せないという状況なら、ぜひ本作を2人で一緒に観てください。自分達のことを観ているような気持ちですごく共感できると思います。本作を良い刺激にできれば、2人の関係を進展させられるかもしれませんよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/ショーン・ペン

ティーンの皆さん、大学生の皆さんにピッタリのラブストーリーです。自分のことを好きだと思ったらプイっとされたり、次の恋を見つけようと思ったらヤキモチを焼いているような素振りを見せられたり、「もう〜、どっちなんだよ!」の繰り返しです(笑)。まさに今恋愛に振り回されている方は、自分や相手を客観視できますよ。まだ恋をしたことがない方も疑似恋愛をして、初恋に備えましょう。

映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン/ショーン・ペン/ブラッドリー・クーパー/ベニー・サフディ

『リコリス・ピザ』
2022年7月1日より全国公開
ビターズ・エンド、パルコ
公式サイト

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP