特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集66:運命の人って出会った時にわかるもの?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ/ハーバート・ノードラム

ネタバレ注意!

今回は、『わたしは最悪。』『リコリス・ピザ』『ソー:ラブ&サンダー』を例に考えてみました。

そもそも“運命の人”の定義は?

恋愛に理想や夢を抱いている方にとって、“運命の人”というのは、固い絆で結ばれ一生離れない相手というイメージかもしれません。私も高校生くらいまではそんな理想を抱いていたような気もします(苦笑)。でも、現実的に考えると、“一生離れない相手”=本当に愛し合っている相手ではない場合も多々あると考えると、“運命の人”って一体どういう相手のことをいうのだろうと疑問が湧いてきます。

そして、“運命の人”のイメージを植え付けるラブストーリーは世の中にいくつも存在します。その多くは美しく描かれているのではないでしょうか。ただ、運命的な恋愛がすべてきらびやかなものであるかは現実的に考えると違っていそうです。

映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ/アンデルシュ・ダニエルセン・リー

例えば『わたしは最悪。』の場合、主に2人の男性との恋愛談が出てきますが、当然ながらどちらの恋愛にも甘い思い出と苦い思い出があります。また、出会った瞬間はビビッときて「これが運命的な出会いだ!」と感じたとしても、別の恋が訪れて「やっぱり、こっちが運命的な出会いかも」となるわけです。私達の日常でもきっとこの繰り返しではないかと思います。

映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン

『リコリス・ピザ』に関していうと、同じ人物を相手として、正式に恋人という関係になる前にくっついたり離れたりを繰り返します。この物語の最後までで描かれる物語に限っていえば、紆余曲折したけれどやっとお互いに“運命の人”だったことに気付くというパターンです。でも、この物語に続きがあったとしたら、主人公2人がもっと大人になると別れる可能性は大いに残されています。ただ、2人が別れたとしてもこの恋は運命的な恋愛だったことは変わらないのではないでしょうか。

映画『ソー:ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン

『ソー:ラブ&サンダー』はというと、別れた後何年も経ってひょんなことから再会した2人が命を賭けた戦いを前に、心にしまいこんでいた未練と向き合います。でも、この2人の場合は再会を果たしていなかったとしてもお互いに“運命の人”だったと認識していたのではないでしょうか。なぜなら、交際が続いていなくても、各々の人生に大きなインパクトを与えた人物である点で“運命の人”だからです。

『わたしは最悪。』『リコリス・ピザ』『ソー:ラブ&サンダー』で描かれる恋愛模様は全く異なりますが、それぞれが運命の恋を描いているといえます。「運命の人って出会った時にわかるもの?」に対する答えとしては、出会った時にはわからないかもしれないけれど、後でわかるといえるのではないでしょうか。

運命の人だと思っていた相手と別れて辛い思いをしている方、運命の人を探し求めても見つからずに疲れている方、いずれにしても、「運命の人かどうかは後からわかる」と思えば、少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。この3作に共通しているのは、さまざまな経験を経た後にその答えにたどり着くということ。そう思えば、恋愛に固執せず、前向きになれそうですね。

映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ

『わたしは最悪。』
2022年7月1日より全国順次公開
R-15+
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 OSLO PICTURES – MK PRODUCTIONS – FILM I VÄST – SNOWGLOBE – B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン/ショーン・ペン/ブラッドリー・クーパー/ベニー・サフディ

『リコリス・ピザ』
2022年7月1日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画『ソー:ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン

『ソー:ラブ&サンダー』
2022年7月8日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©Marvel Studios 2022

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP