心理学

心理学から観る映画8:一瞬にしてヒーローを犯罪者として認識してしまう心理とは【根本的帰属エラー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リチャード・ジュエル』ポール・ウォルター・ハウザー

今回は、1996年に実際に起きたアトランタ爆破テロ事件を基に描かれた『リチャード・ジュエル』をご紹介します。本作では、多くの人の命を救ったにも関わらず、犯人扱いをされたリチャード・ジュエルの奮闘が描かれています。最初はヒーロー扱いされていたのに、一夜にして犯罪者として扱われるようになったリチャード。なぜそんなことが起こってしまったのでしょうか。

認知するのに忙しい人間が陥る誤った判断

※ネタバレ注意

当時、警備員だったリチャード・ジュエルは、イベントで人が多く集まる公園で爆弾の入ったバッグを発見。彼が危機感を持っていち早く対応したおかげで、多くの人の命が救われました。事件直後の報道では、彼の功績が伝えられ、一躍時の人として良い注目を浴びていましたが、ある日その状況が一変します。彼がヒーローから一転、容疑者として扱われることになった背景には、FBIのプロファイリング、情報のリークが絡んでいます。

リチャードはとても正義感が強く、法の下で働く人をとても尊敬していました。そんな彼は警備員としてとても熱心で真面目だったため、見方によっては融通が利かないところもあり、その熱心さが度を超していると認識されることもありました。そういう一面を問題視していた過去の雇い主は、リチャードをヒーローとしてではなく、要注意人物として見ていたため、FBIの捜査上、リチャードに対する見方にも影響していきます。

一旦、要注意人物としての印象がつくと、FBIは過去にテロ事件を起こした犯罪者の特徴と照らし合わせてプロファイリングしていく上で、当てはまる特徴により一層フォーカスしていきます。プロファイリングは捜査上有効である部分ももちろんあるでしょうが、本作を観ていると、冤罪に繋がる危険性も同時にはらんでいることがよくわかります。特徴が合致すればするほど、ろくな捜査もせずに「彼が犯人に間違いない」という見方を固めるだけでなく、早く捜査を終えて成果を示したいだけの人物の怠惰を招いている様子が、本作からうかがえます。

映画『リチャード・ジュエル』ポール・ウォルター・ハウザー

さらにリチャードが容疑者としてマークされていることが、ある記者に漏れてしまい、彼は一気に世間から容疑者扱いされてしまいます。人々の態度が容易に変化したのは、その情報源の信憑性が影響していると考えられます。リチャードが容疑者としてFBIに捜査されていることを報じたのはそれまで多くのスクープをあげてきた貪欲な新聞記者でした。

鹿取ほか(2015)によると、「日常的な場面では、説得内容を注意深く検討せずに、議論の本質とはかかわりのない手がかりに基づいて安易な判断が下される場合がある。“多くの論点が議論されているから、内容も正しいだろう”“専門家の言うことだから正しいだろう”といったような判断がそれである」とされています。

つまり、情報を受け取る側の感覚の差や、媒体ごとの信頼度の差はあるにせよ、新聞はある程度信用を得ているメディアであることを考えると、それを読んだ人達がその記事の内容を信じてしまう可能性が高いのは想像できます。また、その記事を書いた人物のこれまでの功績などを知っていれば、ますますその信憑性も上がるのではないでしょうか。そして、その情報を掴んだ人が、どう受け取るかによって、その先にどう伝搬するかが変わってきます。そこには根本的帰属エラーというバイアスが働いているとも考えられます。

無藤ほか(2018)によると、「“人は状況に関する情報をしばしば無視して、行動から他者の特性を直接推論する傾向がある”と報告されている。状況の影響力に比較して行為者の内的属性を過大評価する傾向は根本的帰属エラー、または対応バイアスと称される」と示されています。また根本的帰属エラーが起こるのは、「そう考えることが心地良い、収まりがよいからである」と論じています。

このことから考えると、真犯人が捕まっていない不安な状況下で、誰もが早く犯人が捕まって安心したいと思うはずで、深く思慮することなく、「FBIも新聞記者もリチャードが犯人と言っているんだから間違いない」と、そのまま情報を鵜呑みにし、その情報を拡散する人が多く出てきても不思議ではありません。

映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/ポール・ウォルター・ハウザー

最終的にリチャードがどうなったかは映画をご覧頂ければと思いますが、本作を観て、ちょっとしたことで冤罪が生まれてしまう現実を目の当たりにし、情報を発信すること、受け取ることの両方の重みを感じます。人間は常にあらゆることを認知しながら生活しているので、効率の良い情報処理を行う術を持っていますが、時にそれがこういった問題を起こすことを自覚しておかなければいけないなと思います。

<参考・引用文献>
無藤隆・森敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治(2018)「心理学」有斐閣
鹿取廣人・渡邊正孝・鳥居修晃ほか(2015)「心理学 第5版」東京大学出版会

映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ポール・ウォルター・ハウザー/オリビア・ワイルド/ジョン・ハム

『リチャード・ジュエル』
2020年4月15日よりデジタルセル先行配信開始
2020年5月20日ブルーレイ&DVDレンタル開始・発売/デジタルレンタル配信開始

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

クリント・イーストウッド監督が、1996年に起きたアトランタ爆破テロ事件で容疑者とされたリチャード・ジュエルの実話を映画化。リチャードが無罪だと信じるのは母と、弁護士のワトソン・ブライアントのみという状況で、彼は無罪を勝ち取れるのか。

リチャード・ジュエル(字幕版)

Richard Jewell © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『キング・オブ・シーヴズ』ジム・ブロードベント ジム・ブロードベント

1949年5月24日イギリス、リンカン生まれ。2001年に『アイリス』で…

鍵のイメージの画像:写真AC インタビュー2020総集編1「映画人の皆さんが影響を受けた映画」

映画人の皆さんに影響を与えた映画や映画人って、気になりますよね?今回は2020年に掲載したインタビュー総集編として、映画人の皆さんにインタビュー時に聞いた「これまで影響を受けた映画もしくは俳優・監督について」の回答をまとめました。2回に分けてお届けします。

映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑 名も無き世界のエンドロール

冒頭から「?」と思う伏線が多く張られていくので、最初から最後まで…

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ザッカリー・クイント ザッカリー・クイント

1977年6月2日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。11歳の頃から…

映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン 天国にちがいない

なんて可愛らしい映画なんでしょうか。人間は…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン イ・ビョンホン

1970年7月12日韓国生まれ。1991年、TVドラマ『アスファルト我が故郷』で俳優活動を開始し…

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑
  2. 映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン
  3. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  4. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  5. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  6. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  7. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  8. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  9. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  10. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
PAGE TOP