REVIEW

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

物語の舞台は1937年、ナチス・ドイツがオーストリアを併合しようとしていた頃を描いています。主人公のフランツは自然に囲まれた田舎町の湖の近くに母と暮らしていましたが、仕事を得るために1人でウィーンへ行き、勤め先のタバコ屋でフロイト教授に出会い、交流を深めていきます。精神分析学の創始者といわれる、オーストリアの精神科医ジークムント・フロイトが生み出した理論として、無意識、それを知る手がかりとしての夢分析、リビドーなどがありますが、フランツの成長物語として描かれるストーリーの中にそういった視点がふんだんに取り入れられています。ただ本作は、フランツが見る夢、彼の行動や言動からやみくもに彼についての分析を言葉で述べるのではなく、感覚的かつ視覚的に表現している点が見事です。辞書(国語辞典 改訂新版 旺文社)によると、リビドーは「①欲望、②性的エネルギー」とされていますが、本来は字義通りの意味よりももっと広義で深いものを指していると思います。それが何かというのを理解するのはとても難しいと以前から感じていましたが、本作のフランツの成長を通して、彼が初恋を経て、“坊や”から1人の男になり、ラストである種の闘争心を見せたところに、リビドーとは何かが表れているように、私は解釈しました。フランツとフロイトのリビドーについての会話の中で、フロイトは、リビドーは快楽と苦悩をもたらすものと言っていて、フランツの最後の決断、行動には苦悩と快楽が見えます。彼が性的な面での成長も含め大人になったことで、彼の言動にも大きな変化がある点をぜひ注目して観てください。
キャストも魅力的で、主演のジーモン・モルツェはルックスもさることながら、演技にも魅了されます。オットーを演じたヨハネス・クリシュもとても良い味を出しています。そして、本作でフロイトを演じた名優ブルーノ・ガンツは2019年に亡くなり、本作が遺作となりました。数々の作品で素晴らしい演技を見せてくれたブルーノ・ガンツの姿もぜひ目に焼き付けてください。

デート向き映画判定
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ

ヌードやセクシャルなシーンが何度も出てきます。ただ、エロティックな描写というよりは、リビドーを語る上では外せないという点で自然に入っているように思えるので、それほど気まずい雰囲気にはならないのではないでしょうか。とはいえ、男女関係の理想と現実を描いている部分を考えると、自分達が正式なカップルなのかどうかが曖昧だったり、相手にあしらわれているように感じながらやや片思いのまま関係を続けている場合は、複雑な思いが湧いてくるかも知れません。その辺りを考慮して、1人で観るか、誰か誘うか検討してみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ヨハネス・クリシュ

R-15なので15歳未満の人は観られません。15歳以上のティーンの皆さんは、主人公フランツの目線で、フロイト教授からの恋愛指南を受けてみてはどうでしょうか。また、ピュアなフランツが素直に恋にぶつかっていく姿から、恋愛には酸いも甘いもあることを学べつつ、人として逞しく成長していく姿からは、人間としてどう生きたいかを選ぶことの重要さを学べると思います。

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
2020年7月24日より全国公開
R-15+
キノフィルムズ
公式サイト

© 2018 epo-film, Glory Film

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩 偶然と想像

本作は、2020年のカンヌ映画祭で『ドライブ・マイ・カー』が脚本賞など4冠に輝き、一気に注目を集める濱口竜介監督の初の短編集…

映画『スイング・ステート』マッケンジー・デイヴィス マッケンジー・デイヴィス

1987年4月1日カナダ生まれ。2016年、トライベッカ映画祭でプレミア上映された『ブラック・ビューティー』で主演を飾り…

映画『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー 『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

1通の手紙をきっかけに8年越しの真実が明かされていくラブストーリー『雨とあなたの物語』。今回は本作でメガホンをとったチョ・ジンモ監督にお話を伺い、物語の誕生秘話ややりたいことがわからず悩んでいる人達に向けたアドバイスも聞いてみました。

映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ ローラとふたりの兄

タイトルにある通り兄妹関係が描かれた本作は、家族だからこそぶつかり、わかりあえることもあるという “家族あるある”が…

映画『空白』寺島しのぶ/松坂桃李 寺島しのぶ(てらしま しのぶ)

1972年12月28日生まれ、京都市出身。1989年、高校在学中にテレビドラマ『詩城の旅びと』で俳…

映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン ニューイヤー・ブルース

さまざまなカップルが新年を迎えるまでの1週間を描いた本作では、婚約中のカップルから、恋人でも友達でもない2人まで…

映画『グロリア 永遠の青春』ジョン・タトゥーロ ジョン・タトゥーロ

1957年2月28日アメリカ、ニューヨーク生まれ。イェール・スクール・オブ・ドラマで学んだ後…

海外ドラマ『And Just Like That...(原題)』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイヴィス ここだけの話22:“2021年末・年始に観たい配信作品”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は2021年最後の収録ということで、年末年始に観たい配信作品について語りました。いろいろな配信チャンネルがある中で、Netflix、ディズニープラス、Hulu、U-NEXT、Amazonプライムビデオの5つから、気になる作品や私達が既に観たオススメ作品などについて取り上げています。

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ ラストナイト・イン・ソーホー

主人公はファッションデザイナーになることを夢見ているエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)ということで…

映画『ずっと独身でいるつもり?』田中みな実 田中みな実(たなか みなみ)

1986年11月23日生まれ。埼玉県出身。2009年にアナウンサーとしてTBSに入社。退社後はフリーアナウンサー、モデルとして…

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩
    偶然と想像

  2. 映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ
  3. 映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン
  4. 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ
  5. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  6. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  7. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  8. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  9. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  10. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
PAGE TOP