REVIEW

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

物語の舞台は1937年、ナチス・ドイツがオーストリアを併合しようとしていた頃を描いています。主人公のフランツは自然に囲まれた田舎町の湖の近くに母と暮らしていましたが、仕事を得るために1人でウィーンへ行き、勤め先のタバコ屋でフロイト教授に出会い、交流を深めていきます。精神分析学の創始者といわれる、オーストリアの精神科医ジークムント・フロイトが生み出した理論として、無意識、それを知る手がかりとしての夢分析、リビドーなどがありますが、フランツの成長物語として描かれるストーリーの中にそういった視点がふんだんに取り入れられています。ただ本作は、フランツが見る夢、彼の行動や言動からやみくもに彼についての分析を言葉で述べるのではなく、感覚的かつ視覚的に表現している点が見事です。辞書(国語辞典 改訂新版 旺文社)によると、リビドーは「①欲望、②性的エネルギー」とされていますが、本来は字義通りの意味よりももっと広義で深いものを指していると思います。それが何かというのを理解するのはとても難しいと以前から感じていましたが、本作のフランツの成長を通して、彼が初恋を経て、“坊や”から1人の男になり、ラストである種の闘争心を見せたところに、リビドーとは何かが表れているように、私は解釈しました。フランツとフロイトのリビドーについての会話の中で、フロイトは、リビドーは快楽と苦悩をもたらすものと言っていて、フランツの最後の決断、行動には苦悩と快楽が見えます。彼が性的な面での成長も含め大人になったことで、彼の言動にも大きな変化がある点をぜひ注目して観てください。
キャストも魅力的で、主演のジーモン・モルツェはルックスもさることながら、演技にも魅了されます。オットーを演じたヨハネス・クリシュもとても良い味を出しています。そして、本作でフロイトを演じた名優ブルーノ・ガンツは2019年に亡くなり、本作が遺作となりました。数々の作品で素晴らしい演技を見せてくれたブルーノ・ガンツの姿もぜひ目に焼き付けてください。

デート向き映画判定
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ

ヌードやセクシャルなシーンが何度も出てきます。ただ、エロティックな描写というよりは、リビドーを語る上では外せないという点で自然に入っているように思えるので、それほど気まずい雰囲気にはならないのではないでしょうか。とはいえ、男女関係の理想と現実を描いている部分を考えると、自分達が正式なカップルなのかどうかが曖昧だったり、相手にあしらわれているように感じながらやや片思いのまま関係を続けている場合は、複雑な思いが湧いてくるかも知れません。その辺りを考慮して、1人で観るか、誰か誘うか検討してみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ヨハネス・クリシュ

R-15なので15歳未満の人は観られません。15歳以上のティーンの皆さんは、主人公フランツの目線で、フロイト教授からの恋愛指南を受けてみてはどうでしょうか。また、ピュアなフランツが素直に恋にぶつかっていく姿から、恋愛には酸いも甘いもあることを学べつつ、人として逞しく成長していく姿からは、人間としてどう生きたいかを選ぶことの重要さを学べると思います。

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
2020年7月24日より全国公開
R-15+
キノフィルムズ
公式サイト

© 2018 epo-film, Glory Film

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー 『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

映画『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン ファーザー

認知症を患う父と娘の物語ではありますが、ただ日々の様子を描いているに留まらない…

映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー マーゴット・ロビー

1990年7月2日オーストラリア、クイーンズランド州出身。2000年代後半に母国で女優としての本格…

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』メラニー・ロラン 映画で“食”について考えてみよう11:家庭でできるエコの取り組み

前回は、私達の食が環境にどのような負荷を与えているのかをご紹介しましたが、今回は代替エネルギーや、私達が心掛けたいエコの取り組みについてご紹介します。

映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー ジェントルメン

今作もガイ・リッチー監督らしいスタイリッシュな作品になっている点が…

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ なんのちゃんの第二次世界大戦

本作は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、ある人物の過去を改ざんしようとする市長(吹越満)と…

映画『AVA/エヴァ』コモン コモン

1972年3月13日シカゴ生まれ。1992年に、コモン・センスとしてミュージシャンデビュー。その後…

映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一 大綱引の恋

鹿児島県の行事“川内大綱引”について、本作を観て初めて…

映画『ノマドランド』デヴィッド・ストラザーン デヴィッド・ストラザーン

1949年1月26日アメリカ、サンフランシスコ生まれ。ボストンのウィリアムズ大学在学中…

映画『水を抱く女』パウラ・ベーア パウラ・ベーア

1995年2月ドイツ、マインツ生まれ。舞台で経験を積んだ後、14歳でクリス・クラウス監督の…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  2. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  3. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  4. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

  5. 海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン
  6. 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋の終わりから』フランソワ・シビル/ジョセフィーヌ・ジャピ
  7. 映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー
  8. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

  9. 映画『ブックセラーズ』
  10. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
PAGE TOP