心理学

心理学から観る映画18:“無意識”は人間の心の健康にどう関わってる?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ

精神科医ジークムント・フロイトは“無意識”という概念を生み出し、今私達の生活の中でも当たり前に“無意識”という言葉は使われています。でも、“無意識”って一体何なのでしょうか?ということで、今回はフロイトの理論をごくごく簡単にご紹介します。

意識・無意識の領域では何が起こってる?

私達は日常のなかで、「無意識に人の名前を言い間違えた」とか、「無意識に駅に向かっていた」といった体験をします。フロイトが唱えた精神分析理論では、意識的な力と同様かそれ以上に、無意識的な力が私達の行動を決定していると考えます(下山ほか 2009)。フロイトが提唱した人間の意識について、下記に図で示します。

ジークムント・フロイトの精神分析理論“意識・前意識・無意識”の図

渡辺ほか(2009)によると、「フロイトによって提唱された精神分析学は、心理学の領域から生まれたものではなく、神経症などの精神的疾病の治療技法から作り出された心理学的理論である」とされています。フロイトは、ヒステリー研究や強迫神経症の研究から、精神分析の基本的な理論を示しましたが(下山ほか 2009)、無意識について理解する上で、心的構造論も大切になってきます。

心的構造論
■エス(イド):本来無意識に留まり、生物学的に規定され、本能欲動的で論理性を欠き快楽原則のみに従う。たくさんの最も古くて最も力強い衝動が存在する幻想の中核であり、それは依存、性的なもの、殺人、野心、競争心を含む。
■自我:現実検討力や時間感覚、思考過程を司る。イドの緒力と超自我と外界の現実の間を媒介する適応のための機関であり、3つの力を平衡状態に保とうとする。無意識と意識として存在。
■超自我:意識と無意識に存在しており、両親からのしつけが内在されて形成された心の検閲機関である。自我を監視し、道徳心、罪悪感、自我理想の機能を持つ。

下山ほか(2009)

ざっくりと言い換えると、人間が社会で生きていく上で、欲望や快楽のままに生きると問題が生じてしまいますが、超自我の道徳感や罪悪感によって制御が働きます。そのエスと超自我のバランスをとっているのが自我であるということです。
精神分析では、エス(イド)、自我、超自我の三者が相互に関連し合い、有機的に変動すると考え、その動きを理解することが重要だとされています(丹野ほか 2015)。そして、この三者の均衡を維持するために、自我が不適切な防衛機制を働かせてしまうと、心身の失調に至ると考えられています(下山ほか 2017)。

フロイトが概念化した無意識は目に見えないもので、それを探るために、自由連想法や夢分析が生まれました。人間を理解しようとする上で、自我を探ることは必須ですが、自分自身も気付いていない無意識という概念を扱っていることで、フロイトの精神分析学は興味をそそりますね。

<参考・引用文献>
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房
渡辺浪二・角山剛・三星宗雄・小西啓史(2009)「心理学入門」おうふう
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
2020年7月17日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロイトは、主人公のフランツに夢を見たらそれを記録するようにと言いますが、無意識に何があるのかを探る手がかりとして、夢を情報源としていたことがわかります。

©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

映画『危険なメソッド』マイケル・ファスベンダー/ヴィゴ・モーテンセン

『危険なメソッド』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

特にユングとフロイトの会話が見どころ。これが一般人の会話だったら、とんでもない内容で滑稽に聞こえるのですが、学術的な会話になると意味することがガラリと変わります。フロイトの理論が当時批判されていた背景なども語られています。

危険なメソッド(字幕版)

©2011 Lago Film GmbH Talking Cure Productions Limited RPC Danger Ltd Elbe Film GmbH. All Rights Reserved.

『エージェント・オブ・シールド シーズン6』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW

離ればなれになっていたフィッツとシモンズがようやく出会えたものの、また困難な状況に置かれます。あるシーンでは2人の“イド”の部分がキャラクターとして登場します。イドが何であるかがとても象徴されたシーンとなっています。

エージェント・オブ・シールド シーズン6 COMPLETE BOX [Blu-ray]

『THE FALL ザ・フォール 警視ステラ・ギブソン』
DVDレンタル・発売中

REVIEW

女性警視ステラは自分の夢を日記に付けています。犯人との心理戦が繰り広げられる中で、ステラの心理も肝になってくる点にぜひご注目ください。

THE FALL 警視ステラ・ギブソン シーズン1 (ノーカット完全版) [DVD]

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP