心理学

心理学から観る映画18:“無意識”は人間の心の健康にどう関わってる?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ

精神科医ジークムント・フロイトは“無意識”という概念を生み出し、今私達の生活の中でも当たり前に“無意識”という言葉は使われています。でも、“無意識”って一体何なのでしょうか?ということで、今回はフロイトの理論をごくごく簡単にご紹介します。

意識・無意識の領域では何が起こってる?

私達は日常のなかで、「無意識に人の名前を言い間違えた」とか、「無意識に駅に向かっていた」といった体験をします。フロイトが唱えた精神分析理論では、意識的な力と同様かそれ以上に、無意識的な力が私達の行動を決定していると考えます(下山ほか 2009)。フロイトが提唱した人間の意識について、下記に図で示します。

ジークムント・フロイトの精神分析理論“意識・前意識・無意識”の図

渡辺ほか(2009)によると、「フロイトによって提唱された精神分析学は、心理学の領域から生まれたものではなく、神経症などの精神的疾病の治療技法から作り出された心理学的理論である」とされています。フロイトは、ヒステリー研究や強迫神経症の研究から、精神分析の基本的な理論を示しましたが(下山ほか 2009)、無意識について理解する上で、心的構造論も大切になってきます。

心的構造論
■エス(イド):本来無意識に留まり、生物学的に規定され、本能欲動的で論理性を欠き快楽原則のみに従う。たくさんの最も古くて最も力強い衝動が存在する幻想の中核であり、それは依存、性的なもの、殺人、野心、競争心を含む。
■自我:現実検討力や時間感覚、思考過程を司る。イドの緒力と超自我と外界の現実の間を媒介する適応のための機関であり、3つの力を平衡状態に保とうとする。無意識と意識として存在。
■超自我:意識と無意識に存在しており、両親からのしつけが内在されて形成された心の検閲機関である。自我を監視し、道徳心、罪悪感、自我理想の機能を持つ。

下山ほか(2009)

ざっくりと言い換えると、人間が社会で生きていく上で、欲望や快楽のままに生きると問題が生じてしまいますが、超自我の道徳感や罪悪感によって制御が働きます。そのエスと超自我のバランスをとっているのが自我であるということです。
精神分析では、エス(イド)、自我、超自我の三者が相互に関連し合い、有機的に変動すると考え、その動きを理解することが重要だとされています(丹野ほか 2015)。そして、この三者の均衡を維持するために、自我が不適切な防衛機制を働かせてしまうと、心身の失調に至ると考えられています(下山ほか 2017)。

フロイトが概念化した無意識は目に見えないもので、それを探るために、自由連想法や夢分析が生まれました。人間を理解しようとする上で、自我を探ることは必須ですが、自分自身も気付いていない無意識という概念を扱っていることで、フロイトの精神分析学は興味をそそりますね。

<参考・引用文献>
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房
渡辺浪二・角山剛・三星宗雄・小西啓史(2009)「心理学入門」おうふう
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
2020年7月17日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロイトは、主人公のフランツに夢を見たらそれを記録するようにと言いますが、無意識に何があるのかを探る手がかりとして、夢を情報源としていたことがわかります。

©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

映画『危険なメソッド』マイケル・ファスベンダー/ヴィゴ・モーテンセン

『危険なメソッド』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

特にユングとフロイトの会話が見どころ。これが一般人の会話だったら、とんでもない内容で滑稽に聞こえるのですが、学術的な会話になると意味することがガラリと変わります。フロイトの理論が当時批判されていた背景なども語られています。

危険なメソッド(字幕版)

©2011 Lago Film GmbH Talking Cure Productions Limited RPC Danger Ltd Elbe Film GmbH. All Rights Reserved.

『エージェント・オブ・シールド シーズン6』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW

離ればなれになっていたフィッツとシモンズがようやく出会えたものの、また困難な状況に置かれます。あるシーンでは2人の“イド”の部分がキャラクターとして登場します。イドが何であるかがとても象徴されたシーンとなっています。

エージェント・オブ・シールド シーズン6 COMPLETE BOX [Blu-ray]

『THE FALL ザ・フォール 警視ステラ・ギブソン』
DVDレンタル・発売中

REVIEW

女性警視ステラは自分の夢を日記に付けています。犯人との心理戦が繰り広げられる中で、ステラの心理も肝になってくる点にぜひご注目ください。

THE FALL 警視ステラ・ギブソン シーズン1 (ノーカット完全版) [DVD]

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP