取材&インタビュー

難しい撮影の裏側は?『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ、コリン・トレボロウ監督来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ、コリン・トレボロウ監督/クリス・プラット(リモート登壇)/玉木宏、伊藤沙莉、満島真之介(日本語吹き替えキャスト)

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ、コリン・トレボロウ監督/クリス・プラット(リモート登壇)/玉木宏、伊藤沙莉、満島真之介(日本語吹き替えキャスト)

スティーヴン・スピルバーグ監督が現代に恐竜達を蘇らせた『ジュラシック・パーク』(1993)から、29年間続く“ジュラシック”シリーズも『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』で完結。この度、本作が日本で劇場公開されるのを目前にし、本作に出演するブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズとコリン・トレボロウ監督が来日しました。そして、クリス・プラットはお子さんが産まれたばかりのため家族と過ごしたいということでリモートで出演しました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:コリン・トレンボロウ監督

トレボロウ監督は『ジュラシック・パーク』から約30年経ち、遂に完結となる本作についてスティーヴン・スピルバーグとどんなことを話し合ったか聞かれると、「スピルバーグ監督とはキャラクターに関していろいろと話し合いました。我々が大好きだったローラ・ダン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、この3人のキャラクターについて、またクリス・プラット、ブライスが演じるキャラクターの人格について話し合いました。そして、皆を一緒に共演させるということになりました。ディワンダが演じる新しいキャラクターも素晴らしいです。どのキャラクターも皆さんに愛していただきたいキャラクターです」と答えました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード/クリス・プラット(リモート登壇)

レガシーキャスト(ローラ・ダン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム)と共演した感想を聞かれると、クリスは「大変光栄でした。サム、ローラ、ジェフ、レガシーキャストと呼ばれる彼等が出ている1作目を、僕やブライスは12、13歳くらいの時に初めて観ているんですね。それから30年経った今、アイコンと呼べる彼等とスクリーンを分かち合えるというのは本当に筆舌に尽くせないくらい、キャリアいちの光栄で名誉なことだと思っています」と返しました。
ブライスは「『ジュラシック・パーク』は12歳の頃、劇場で観ました。子どもの頃の私にとってこの映画は最も重要な映画で、この映画を観たからこそ映画を作りたいという思いを抱きました。自分が物語の一部になるとは予想もしていませんでした。ですから、(今でも信じられなくて)きっとこのことで自分のことをつねり続けるんだと思います。また、レガシーキャストといわれる方々との共演はクリスがおっしゃったように、本当に人生のなかでも大変光栄なことです。そして、彼等はとにかくとても楽しくて、遊び心、いたずら心があって、本当に才能に溢れていて、卓越していて、思いやりのある方々なんですね。だからすべての瞬間、彼等によって内容が高められていると思います」と熱く語りました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ディワンダ・ワイズ

次に長年続いたシリーズに新しいキャラクターとして参加した感想を聞かれると、ディワンダは「撮影の準備期間を含めて隔離されていたので、素晴らしいキャスト陣と何ヶ月もの間、ほぼ同居状態だったんですね。その体験が自分にとっては最高でした。レガシーキャスト3人について、自分は彼等のキャリアに憧れて、あんな風になれたらいいなと思って自分のキャリアを進めてきました。そんな方達と一緒にスクリーンを飾るどころか、同居しているような状況で家族ぐるみで仲良くなれたんです。ジェフ・ゴールドブラムさんは毎晩素晴らしい音楽を奏でてくれました。サム・ニールさんは毎晩美味しいワインを提供してくれました。ローラ・ダンさんは究極のいたずらっ子で毎日いろいろ仕掛けてきました。そんな風に最高に楽しい、最高に素晴らしい時を過ごさせていただきました」と話しました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:玉木宏(日本語吹き替えキャスト)

そして、日本語吹き替えキャストも登壇。クリス・プラットが演じたオーウェンの声を担当した玉木宏は「バイクチェイスシーンは吹き替えをしていても興奮するお気に入りのシーンでした。あのシーンの裏側や思い出を教えてください」と質問。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督/クリス・プラット(リモート登壇)

クリスは「映画はそもそもコラボレーションするメディアなんですが、まさに今おっしゃったシークエンスは本当の意味でコラボレーションで作られたシーンだと思います。自分の演技、日本語版では玉木宏さんの声、バイクのスタントマンさん、僕のスタントマンさんと、皆の力が合わさってコラージュされてこの素晴らしいシークエンスができあがっています。かなり最新鋭のトリックを使っていまして、自分としては今まで映画では観たことがないような本当にすごいチェイスシーンになっていると思います。また、『ジュラシック・ワールド』を思い出させるようなバイクとヴェロキラプトルが併走するようなシーンではあるんですけれど、ちょっとその時とは状況が違っていて、捻りが加わっていて、とてもワクワクするシーンになっていると思っています」と振り返りました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:満島真之介(日本語吹き替えキャスト)

満島真之介は、トレボロウ監督に「演出する上で苦労したシーン、またはご自身でも良い出来だと思っているシーンはどこですか?」と質問。トレボロウ監督は「こういう映画を作るのは常にとても難しいことでチャレンジングなことなんですね。でも今回、アニマトロニクスの恐竜がたくさん出ていて、実際のセットも多く作りました。それを作るためにエキスパートがたくさん参加していて、私は現場でプロ達が仕事をするのを観ているだけという時もよくあるんです。先ほど出ていたマルタ島でのチェイスシーンは、ああいうシーンをやるにはかなりCGやVFXを使っているだろうと思われるんですけど、飛行機もオートバイも実際に使っています。ギガノトサウルスやピロラプトルもアニマトロニクスで実際にそこにあるんですね。ですから、全部がCGというわけではないんです。私が一番誇りに思っている、気に入っているシーンは、ブライスが演じたクレアが水中に潜っていて、恐竜がその上からフーッと息を吹きかけるシーンです。妥協するシーンも結構あるんですが、自分の頭の中で思い描いた通りになったシーンがあのシーンなんです」と撮影の裏側を明かしました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:伊藤沙莉(日本語吹き替えキャスト)

ディワンダが演じたケイラの日本語吹き替え版声優を務めた伊藤沙莉からディワンダへは、「苦労したシーンはどこですか?」という質問がありました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ディワンダ・ワイズ/伊藤沙莉(日本語吹き替えキャスト)

ディワンダは、「大変だったシーンは全部です(笑)。最初に撮影したのは、クリスとの氷上でのアクションシーンでした。私は慣れていないし、足元はツルツル滑るし本当に大変でした。でも、アクション慣れしているクリスや素晴らしいトレボロウ監督が全力でサポートしてくれました。だから本当に安心して思い切って演じることができました。クリスに関しては、完璧に支えてくれて、文字どおり私がツルッと転んでもガッチリ受けとめてくれて、とても感謝しています」と話しました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード

最後に登壇者を代表してブライスからは、「お子さん、ご家族、友人の方を連れてこの作品を映画館で楽しんでいただきたいと思います。私も12歳の頃、この忘れられない作品に出会ったように、願わくば日本のお子さんにも同じような体験をしていただければ幸いです」とコメント。クリスは「日本のファンの方々、とっても愛しています。この10年間、本当にありがとうございました。私達の
良き友人、ファンでいてくださって、このことはずっと忘れません。私達が本当に愛情を込めて作った作品です。先んじてですが、観てくださってありがとうございます」と締めくくりました。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ、コリン・トレボロウ監督/クリス・プラット(リモート登壇)

レガシーキャストも含めた豪華キャストに加え、恐竜達も総勢で地球丸ごとを舞台にしたような作品となっています。これは大スクリーンで観ないともったいない!ぜひ本作の臨場感を映画館で味わってください。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見:
2022年7月28日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
2022年7月29日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.
© 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP