REVIEW

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン

2017年に報道され世界中に衝撃を与えた、ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ及び性的暴行事件について、映画ファンの皆さんなら今でも記憶にあると思います。本作は、この事件を告発したニューヨーク・タイムズ紙の2人の女性記者と被害者達の奮闘を描いた物語です。
ワインスタインは、これまで『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』や『恋におちたシェイクスピア』『英国王のスピーチ』“ロード・オブ・ザ・リング”“キル・ビル”シリーズなど名作や話題作を多く手掛けてきました。彼はヒット作、名作を多く手掛け、彼のプロデュース作品でアカデミー賞を受賞した映画人も多いことから、映画界ではかなり力を持っていたとされています。そんな権力者に刃向かえる人がいなかったために長年この事件は明るみに出なかったともいえますが、本作には彼や彼を守ろうとする人々が、いかに卑劣な方法で被害者や、彼の事件を追う記者達を脅してきたかということも描かれています。告発を防ぐ手口と脅迫は本当に恐ろしいもので、被害を受けた女性達が証言を恐れるのも当然であることが伝わってきます。また、本作の主人公である記者のミーガン・トゥーイー(キャリー・マリガン)とジョディー・カンター(ゾーイ・カザン)が子育てと両立しながら取材をしていたのも驚きでした。脅迫に屈することなく、昼夜を問わず仕事をして、真実を明るみに出したことは本当にすごいと思います。
ワインスタインは俳優や自分の会社の従業員にセクハラや性的暴行を行っていたとされており、生々しい証言が多々出てきます。それでも確固たる証拠が掴めるまでは記事にできない難しさも描かれていて、ニューヨーク・タイムズ紙の記者達のプロ意識、メディアの価値、メディアとしてのプライドも感じます。また、被害者の1人、俳優のアシュレイ・ジャッドは本人として登場していて、他の俳優達が声をあげるのを躊躇するなか、彼女の勇気がこの報道が世に出るきっかけの1つとなったことがわかります。
観ていて本当にいたたまれない気持ちになり、こんなことは絶対にあってはいけないと強く感じます。まだこれは氷山の一角といわれており、業界全体の問題が解決したとはいえません。日本でも同じ問題を抱えており、他人事ではありません。これは性別、年齢、業界も関係なく、多くの方に観て知って欲しい現実です。

デート向き映画判定
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン/パトリシア・クラークソン/アンドレ・ブラウアー

テーマが重いのでデートムービーとはいえませんが、カップルで観て議論するのも良いと思います。恋愛関係でも、何を“同意”ととるかは、後で問題になった時に食い違うところです。いつもお互いが同じ気持ちにあるとは限らず、関係を進展させたいペースもそれぞれ違うかもしれません。本作を一緒に観て、お互いにどういう感覚なのか知っておくのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』ジェニファー・イーリー

本作には被害者達がどういう状況で危険な目に遭ったのか、さまざまなパターンが語られています。例えば、ホテルの個室に誘われた時点でなぜ断らなかったのかという理由には、相手が悪人ではないと信じたい、そう疑う自分のほうがおかしいのではないかなど、彼女達の善意が前提にあります。でも、それゆえに後で拒めなかった自分が悪いと思ってしまったり、被害者達は長年本当に苦しんでいます。性別に関係なく、被害に遭う可能性は誰にでもあります。若い皆さんは、悪い相手に出くわした時の予防策としても観ておいて欲しいです。

映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン

『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
2023年1月13日より全国公開
東宝東和
公式サイト

© Universal Studios. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP