REVIEW

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン

2017年に報道され世界中に衝撃を与えた、ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ及び性的暴行事件について、映画ファンの皆さんなら今でも記憶にあると思います。本作は、この事件を告発したニューヨーク・タイムズ紙の2人の女性記者と被害者達の奮闘を描いた物語です。
ワインスタインは、これまで『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』や『恋におちたシェイクスピア』『英国王のスピーチ』“ロード・オブ・ザ・リング”“キル・ビル”シリーズなど名作や話題作を多く手掛けてきました。彼はヒット作、名作を多く手掛け、彼のプロデュース作品でアカデミー賞を受賞した映画人も多いことから、映画界ではかなり力を持っていたとされています。そんな権力者に刃向かえる人がいなかったために長年この事件は明るみに出なかったともいえますが、本作には彼や彼を守ろうとする人々が、いかに卑劣な方法で被害者や、彼の事件を追う記者達を脅してきたかということも描かれています。告発を防ぐ手口と脅迫は本当に恐ろしいもので、被害を受けた女性達が証言を恐れるのも当然であることが伝わってきます。また、本作の主人公である記者のミーガン・トゥーイー(キャリー・マリガン)とジョディー・カンター(ゾーイ・カザン)が子育てと両立しながら取材をしていたのも驚きでした。脅迫に屈することなく、昼夜を問わず仕事をして、真実を明るみに出したことは本当にすごいと思います。
ワインスタインは俳優や自分の会社の従業員にセクハラや性的暴行を行っていたとされており、生々しい証言が多々出てきます。それでも確固たる証拠が掴めるまでは記事にできない難しさも描かれていて、ニューヨーク・タイムズ紙の記者達のプロ意識、メディアの価値、メディアとしてのプライドも感じます。また、被害者の1人、俳優のアシュレイ・ジャッドは本人として登場していて、他の俳優達が声をあげるのを躊躇するなか、彼女の勇気がこの報道が世に出るきっかけの1つとなったことがわかります。
観ていて本当にいたたまれない気持ちになり、こんなことは絶対にあってはいけないと強く感じます。まだこれは氷山の一角といわれており、業界全体の問題が解決したとはいえません。日本でも同じ問題を抱えており、他人事ではありません。これは性別、年齢、業界も関係なく、多くの方に観て知って欲しい現実です。

デート向き映画判定
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン/パトリシア・クラークソン/アンドレ・ブラウアー

テーマが重いのでデートムービーとはいえませんが、カップルで観て議論するのも良いと思います。恋愛関係でも、何を“同意”ととるかは、後で問題になった時に食い違うところです。いつもお互いが同じ気持ちにあるとは限らず、関係を進展させたいペースもそれぞれ違うかもしれません。本作を一緒に観て、お互いにどういう感覚なのか知っておくのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』ジェニファー・イーリー

本作には被害者達がどういう状況で危険な目に遭ったのか、さまざまなパターンが語られています。例えば、ホテルの個室に誘われた時点でなぜ断らなかったのかという理由には、相手が悪人ではないと信じたい、そう疑う自分のほうがおかしいのではないかなど、彼女達の善意が前提にあります。でも、それゆえに後で拒めなかった自分が悪いと思ってしまったり、被害者達は長年本当に苦しんでいます。性別に関係なく、被害に遭う可能性は誰にでもあります。若い皆さんは、悪い相手に出くわした時の予防策としても観ておいて欲しいです。

映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』キャリー・マリガン/ゾーイ・カザン

『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
2023年1月13日より全国公開
東宝東和
公式サイト

© Universal Studios. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP