REVIEW

そして僕は途方に暮れる【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『そして僕は途方に暮れる』藤ヶ谷太輔

2018年にシアターコクーンで上演された舞台を、三浦大輔が監督と脚本、藤ヶ谷太輔が主演で映画化した本作。平凡なフリーター生活を送る主人公の裕一(藤ヶ谷太輔)が、あることをきっかけにあらゆる人間関係を断ち切り、逃避する姿が描かれた物語です。正直なところ、裕一は良い人間とは到底いえません。恋人と揉めても話し合いに応じず逃げたり、友人から都合の悪いことを言われて逃げたり、とにかく嫌なことから逃げ続けます。でも、彼のように何かから逃げたいと思う瞬間は誰にでもあるのではないでしょうか。そう考えると少しハッとさせられる部分もあります。
裕一を演じた藤ヶ谷太輔は、舞台版から継続して主演を飾り、その他に前田敦子、中尾明慶も続投しています。映画版では新たに、毎熊克哉、野村周平、香里奈、原田美枝子、豊川悦司が出演しており、それぞれキーパーソンを演じています。どの人物もそれぞれ裕一を見守っていて、特に恋人の里美(前田敦子)や、姉(香里奈)が裕一に怒りながらもどこか見捨てられない姿が印象に残ります。観る人の状況によってさまざまな人物の視点で観られる作品です。逃げ続ける裕一の姿を通して人間関係の大切さも考えさせられるので、自分に置き換えて観ても良いと思います。

デート向き映画判定
映画『そして僕は途方に暮れる』藤ヶ谷太輔/前田敦子

もしデートで観る場合は、裕一のことを反面教師として観てください。彼はある出来事から恋人を怒らせてしまい、話し合いに応じず逃げ出してしまいます。裕一と同じ道を辿らないためにも、何か問題が起きた時にお互いきちんと話し合える関係なのか、これを機に見直してはいかがでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『そして僕は途方に暮れる』藤ヶ谷太輔/豊川悦司

若い皆さんの場合はどの人物の視点で観るのか気になります。裕一が逃げ続ける姿を通して、人間関係の大切さも学べるので、裕一を取り巻く人間関係を客観的に観察してみてください。でも、裕一のように都合の悪いことから逃げたり、いきなり人間関係を断ち切ることは真似しないでくださいね。

映画『そして僕は途方に暮れる』藤ヶ谷太輔/前田敦子/中尾明慶/毎熊克哉/野村周平/香里奈/原田美枝子/豊川悦司

『そして僕は途方に暮れる』
2023年1月13日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP