イイ俳優セレクション

豊川悦司(とよかわ えつし)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『鳩の撃退法』豊川悦司

1962年3月18日、大阪府生まれ。1990年、北野武監督の『3-4×10月』で沖縄のヤクザ組長役で注目され、1991年、中原俊監督作『12人の優しい日本人』で本格的に映画デビュー。翌年の1992年には『きらきらひかる』『課長島耕作』と続けて映画に出演し、1993年、第14回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第16回日本アカデミー賞新人賞、第18回おおさか映画祭助演男優賞を受賞。その後は、多くのTVドラマ、映画に出演し、常に第一線で活躍し続けている。そのほか主な映画出演作に『Love Letters』『八つ墓村』『命』『丹下左膳 百万両の壺』『北の零年』『ハサミ男』『大停電の夜に』『やわらかい生活』『日本沈没』『LOFT ロフト』『フラガール』『愛の流刑地』『サウスバウンド』“20世紀少年”シリーズ3部作、『今度は愛妻家』『一枚のハガキ』『プラチナデータ』『春を背負って』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『君は僕をスキになる』『病院へ行こう』『3-4×10月』『12人の優しい日本人』『きらきらひかる』『課長島耕作』『エンジェルダスト』『居酒屋ゆうれい』『undo』『NIGHT HEAD』『Love Letter』『逃走遊戯 NO WAY BACK』『トイレの花子さん』『男たちのかいた絵』『八つ墓村』『MISTY』『傷だらけの天使』『Lie Lie Lie』『愚か者 傷だらけの天使』『千年旅人』『顔』『新・仁義なき戦い』『DOG STAR/ドッグ・スター』『命』『MOON CHILD』『丹下左膳 百万両の壺』『北の零年』『レイクサイド マーダーケース』『ハサミ男』『ビートキッズ』『妖怪大戦争』『大停電の夜に』『疾走』『日本沈没』『やわらかい生活』『フラガール』『LOFT ロフト』『魂萌え!』『愛の流刑地』『サウスバウンド』『犯人に告ぐ』『椿三十郎』『接吻』『犬と私の10の約束』『20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり』『20世紀少年 -第2章- 最後の希望』『花は散れども石内尋常高等小学校』『今度は愛妻家』『必死剣鳥刺し』『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗』『一枚のハガキ』『プラチナデータ』『人類資金』『ジャッジ!』『春を背負って』『娚の一生』『後妻業の女』『3月のライオン【前編】』『3月のライオン【後編】』『ラプラスの魔女』『のみとり侍』『パンク侍、斬られて候』『サムライマラソン』『パラダイス・ネクスト』『ラストレター』『ミッドウェイ』『いとみち』『子供はわかってあげない』『鳩の撃退法』など

声の出演:『アーヤと魔女』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

カッコ良い役、無口な役、チャラい役…何を演じてもしっくりきていて、印象に残る演技をいつも見せてくれるトヨエツ。以前、『娚の一生』出演の際にインタビューさせて頂いた時は、その役の雰囲気のまま取材にも応じてくださり、撮影中でなくても、映画のプロモーションの際はその役として立ち回る姿に、さすがだなと感心しました。クールでカッコ良い役のトヨエツも好きですが、個人的には『ジャッジ!』や『後妻業の女』のキャラクターのようなインチキ臭いコミカルな役の彼も好きです。生まれつきの俳優と言っても良いと思いますが、一生役者として楽しませてくれそうですね。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『鳩の撃退法』
2021年8月27日より全国公開

映画『鳩の撃退法』藤原竜也/土屋太鳳/風間俊介/西野七瀬/豊川悦司

『アーヤと魔女』
2021年8月27日より全国公開

映画『アーヤと魔女』

『子供はわかってあげない』
2021年8月20日より全国公開

映画『子供はわかってあげない』上白石萌歌/細田佳央太/千葉雄大/古舘寛治/斉藤由貴/豊川悦司

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『3-4×10月』

『12人の優しい日本人』

『Love Letter』

『八つ墓村』

『丹下左膳 百万両の壺』

『北の零年』

『ハサミ男』

『大停電の夜に』

『やわらかい生活』

『フラガール』

『LOFT ロフト』

『愛の流刑地』

『サウスバウンド』

『犯人に告ぐ』

『椿三十郎』

『20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり』

『今度は愛妻家』

『一枚のハガキ』

『プラチナデータ』

『人類資金』

『ジャッジ!』

『春を背負って』

『娚の一生』

『後妻業の女』

『3月のライオン【前編】』

『ラプラスの魔女』

『のみとり侍』

『パンク侍、斬られて候』

『サムライマラソン』

『パラダイス・ネクスト』

『ラストレター』

『ミッドウェイ』

©2013「プラチナデータ」製作委員会
©2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
©2016「後妻業の女」製作委員会
©2017 映画「3月のライオン」製作委員会
©2018 「ラプラスの魔女」製作委員会
©2018「のみとり侍」製作委員会
©エイベックス通信放送
©“SAMURAI MARATHON 1855”Film Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
Midway © 2019 Midway Island Productions,LLC All Rights Reserved.
© 2020「子供はわかってあげない」製作委員会 © 田島列島/講談社 
©2021「鳩の撃退法」製作委員会  ©佐藤正午/小学館
© 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

関連記事

from 2016/8/23

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー 『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー

第34回東京国際映画祭コンペティション部門に選出された野原位監督のデビュー作『三度目の、正直』。今回は、野原監督と、主演及び野原監督との共同脚本を兼任した川村りらさんにお話を伺い、本作の製作秘話や、結婚、子どもの有無にまつわる社会的な視線に対する対処法について聞いてみました。

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード

本作はアメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年に発表した原作…

映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―

検索エンジンでは出てこないダークウェブと暗号通貨 “ビットコイン”を組合せ…

映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン ビョルン・アンドレセン

1955年1月26日生まれ。幼少期をスウェーデン、ノルウェイ、デンマークで過ごし…

映画『さがす』佐藤二朗 さがす

想像以上にいろんな意味でねじれにねじれていて、人間という生き物の…

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  2. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
  3. 映画『さがす』佐藤二朗
    さがす

  4. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  5. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  6. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  7. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  8. 映画『無聲 The Silent Forest』
  9. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  10. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
PAGE TOP