REVIEW

ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

REVIEW

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を、彼の若き日と老いてからの日を行き来しながら描いた作品です。1909年生まれで2015年7月に逝去されたニコラスは、公式サイトによると、15年前に本作の企画が立ち上がった際、プロデューサー、エミール・シャーマンとイアン・カニングと直接会い、企画を快諾したとのことです。また、当時のことについてイアン・カニングは「ニコラス・スウィントンは、映画化するなら自分を賛美するものではなく、ごく普通の人々が非常に大きな影響を及ぼすことができるということを称える作品でなければいけないと考えていました」と振り返っています。この逸話が物語るニコラスの人間力の高さは本作を観ていても伝わってきます。そして、本作はニコラスの娘バーバラ・スウィントンの著書「If it’s Not Impossible…」を原作としており、彼女は映画制作にも協力しています。老年のニコラス役にはアンソニー・ホプキンスが適任ではないかと進言したのも彼女だそうです(映画公式資料より)。

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』ジョニー・フリン/ヘレナ・ボナム=カーター

物語の始まりは、第2次世界大戦直前の1938年。ナチスドイツの迫害から逃れようと多くのユダヤ人難民がチェコスロヴァキアのプラハに逃げてきていました。イギリスのロンドンで株の仲買人をし不自由のない生活をしていた若きニコラス・ウィントン(ジョニー・フリン)は、住む所もなく食べる物もない難民達の支援のために一時的に子ども達をイギリスに避難させようと、同志達とともに里親探しと資金集めに奔走します。でも、ナチスドイツの勢力が増しているなか、子ども達を移送するのには大きな危険を伴います。それでも命懸けで子ども達を守るために闘い続けたニコラス達の姿に胸を打たれます。

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス/ジョナサン・プライス

本作はこれだけでは終わりません。過去と現在を行き来して描いているのには大きな意味があります。その描写こそ、ニコラスが成し遂げた偉業の大きさを物語っていて、人を助ける意義深さを教えてくれます。そして、前述にあるニコラスの希望通り、ごく普通の人々の力がいかに大きいかを物語る作品となっています。さらに、アンソニー・ホプキンスの演技に痺れるのはもちろんのこと、レナ・オリン、ジョナサン・プライス、ヘレナ・ボナム・カーターといった重鎮達の共演にも圧倒され、ジョニー・フリン、アレックス・シャープの演技にも魅了されます。
今もなお世界中で戦争が起こっており、難民の問題が絶たれることはありません。また、人と人との触れあい方が大きく変化してきた現代社会では、”個”に意識が向きがちで、人助けをする感覚と距離ができてしまったのかもしれません。本作はそんな現状にふと気付きを与えてくれる作品です。

デート向き映画判定

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

ニコラスは年を重ねてもずっと過去の出来事に苦しみ、執着しています。そんなニコラスをそっと支える妻グレーテ(レナ・オリン)の姿にも共感できます。周囲から見るとニコラスは充分過ぎるほど貢献したといえても、彼自身は救えなかった命について悲しみを手放せません。家族にとっても心配が続きますが、そんな時にどんな距離感で支えているのか、カップルとしてもスウィントン夫妻をお手本にできるところがあると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』ジョニー・フリン

多くのユダヤ人の子ども達が親元を離れて、イギリスに避難します。親と一緒にいても怖い思いをしたでしょうし、親と離れて避難するのも怖かったと思います。皆さんは等身大で子ども達の心情を体感できるのではないでしょうか。そして、何の見返りもなく命懸けで子ども達を救った人達の姿からも感じるものがあると良いなと思います。

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』
2024年6月21日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© WILLOW ROAD FILMS LIMITED, BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2023

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年6月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  2. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  3. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  4. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  5. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP