REVIEW

ヤクザと家族 The Family【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係があることは救いになります。ただそれが、ヤクザという形である点でやっぱり大きな代償があるということを、とてもわかりやすく描いた物語だと思います。暴力団対策法が今どれくらいの効力を発揮しているのか、私達が日常で実感をもつことはあまりありません。でも本作には元ヤクザだった作家の沖田臥竜氏が脚本監修に加わり、リアリティを追究して作られていることで、本作を観れば暴力団対策法が少なからず効果を発揮している実態を知ることができます。
前半は主人公の山本が新しい“家族”を得て、組の中で頭角を表す様子が映し出され、後半は暴力団が排除されつつある社会で、彼等がどう生きていくのかが描かれています。ヤクザという存在をもちろん肯定はできませんが、社会の歪みと冷たさを実感させられるストーリーで、今この社会には救いの手が少ないということを痛感させられます。若者達がヤクザになってしまう経緯、ヤクザから抜けられない状況、ヤクザを辞められても生きる術がない状況を見ていると、ヤクザと呼ばれる人がいなくなるだけで、名前を変えた別の悪循環が生まれているだけだということも伝わってきます。そして、血の繋がった家族でなくても、家族だからこそ愛憎が深いということも巧みに描かれており、これまでのヤクザ映画とは異なるストーリーに引き込まれます。ノーを突きつけるだけでなく、その後私達がどうすべきか、誰もが本当に生きやすい社会にするにはどうすれば良いか、人と社会に責任を問うスタンスを見事に体現した作品です。

デート向き映画判定
映画『ヤクザと家族 The Family』舘ひろし/寺島しのぶ

内容からしてデート向きとは言えませんが、不遇な環境で育ち、誤った道を選んでしまった主人公の不器用な恋愛も描かれていて、共感できる部分はあるので、2人とも興味があればデートで観るのも良いでしょう。また、本作の家族は血の繋がった家族ではありませんが、それに関わらず、1つの家族の物語として観られるので、家族の話をしたいなと思う人は、一緒に本作を観た後にお互いの家族の話をしてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヤクザと家族 The Family』市原隼人

PG-12でヤクザものなので、小学生は無理して観ずに大きくなってから観ると良いでしょう。でも、主人公と同じ苦悩を味わわないよう、若いうちに観ることでいろいろと学べる部分があるので、中高生はぜひ観てみてください。大学生などだんだん大人になると、思わぬルートで悪い人達の関係に巻き込まれてしまう恐れもあります。反社会的勢力に1度入ってしまったら抜けられないし、そこから抜けられたとしても、今度は社会が受け容れてくれないことを本作は教えてくれます。たとえ仲の良い友達が関わっていても安心せず、うまい話にものらないでください。

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし

『ヤクザと家族 The Family』
2021年1月29日より全国公開
スターサンズ、KADOKAWA
公式サイト

© 2021『ヤクザと家族The Family』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP