取材&インタビュー

『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

漫画家の中村光による人気コミックを福田雄一監督が吉沢亮を主演に迎えて実写映画化した『ブラックナイトパレード』。今回は本作でブラックサンタの鉄平役を演じた渡邊圭祐さんにお話を伺いました。無表情のキャラクターを演じる上で大変だったことや福田組に初参加してみた感想を直撃しました。

<PROFILE>
渡邊圭祐(わたなべ けいすけ):古平鉄平 役
1993 年 11 月 21 日生まれ。宮城県出身。2018 年から放送の『仮面ライダージオウ』で初のドラマ出演を飾り、以降ドラマ『推しの王子様』(2021)、『やんごとなき一族』(2022)、『チェイサーゲーム』(2022)、映画『ブレイブ-群⻘戦記-』(2021)、“鋼の錬金術師”シリーズ(2022)などに出演。『ブラックナイトパレード』では、まったく笑わないイケメン料理長の古平鉄平役を好演。2023年は映画『恋のいばら』(1月6日より全国公開)、『わたしの幸せな結婚』(3月17日より全国公開)にも出演。

原作の持つ大切な部分をきちんと理解して表現したいと思いました

映画『ブラックナイトパレード』吉沢亮/橋本環奈/中川大志/渡邊圭祐

シャミ:
脚本や原作を読んだ時に、物語や鉄平というキャラクターにどんな印象を受けましたか?

渡邊圭祐さん:
おもしろいというのが率直な感想でした。原作は現実と非現実のすごく絶妙なバランス感覚があり、その上コメディも描かれているので、テンポ良く読めて常に続きが気になりました。映画では福田雄一さんが監督することによって、さらにコメディ要素が強調されて、脚本の段階からおもしろかったです。鉄平というキャラクターに関しては、ものすごく深みのあるキャラクターで、裏もある人物だったので、やり甲斐のある役だと感じました。そして、今回は笑わないことがポイントだと思いました。

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

シャミ:
原作のある作品を実写として表現する上で気をつけた点などはありますか?

渡邊圭祐さん:
原作を実写化する上で、原作を無下にしてはいけないと思うんです。原作の世界観やキャラクターの個性みたいなものは必ず引き継ぎたいというのが大前提としてあります。それをやった上で自分が演じる意義や、実写になる意義を考えています。生身でやるからこそリアリティの部分や、ここでもっと遊べそうだなという部分が出てくるんです。だから原作の持つ大切な部分をきちんと理解して表現したいと思いました。

シャミ:
コメディ作品という点では、物語における鉄平の立ち位置や役割をどのよう捉えていましたか?

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐

渡邊圭祐さん:
鉄平は、わざと無表情を貫いていたわけではく、そもそもコメディに対しての理解が遅いというか、おもしろいポイントで笑える人ではないんだと思います。笑いに対する感性が優れていないからこそ無表情なのですが、人に対する情がすごくあるキャラクターなんです。完成した作品を観ると、鉄平は観ている人の目線に1番近いキャラクターなのかなと感じたので、そういう役割を担っていたのかもしれません。だから、これからご覧になる方は鉄平を通して観ると、フラットな感覚で観られると思います。

シャミ:
周りに濃いキャラクターが多かったので、笑わず無表情に徹することが大変そうだなと感じたのですが、いかがでしたか?

渡邊圭祐さん:
周りがどんどん笑わせにくる方達ばかりだったので、そこで笑わないというのはものすごく難しかったです。もちろん笑わないことが狙いとしてありましたが、“笑わない鉄平を観て笑ってもらう”という狙いを僕自身が持ってしまうと、寒くなってしまう気がしたので、そうではない“笑わない”を作ろうと思いました。だから、狙いすぎず何も考えないでひたすら真顔で耐え忍ぶことを意識していました。

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

シャミ:
現場で思わず笑いたくなってしまったシーンもありましたか?

渡邊圭祐さん:
1番は帽子さんとのシーンで、相当おもしろかったです。あとは、皇帝(カイザー/中川大志)のシーンもそうですね。あれだけやっているのに笑わないので、変な気持ちになりました(笑)。でも、基本的にはどのシーンも笑いたかったですし、これぞ福田組だなと感じました。

シャミ:
福田組は今回が初ということですが、福田監督とお仕事をしてみていかがでしたか?

映画『ブラックナイトパレード』吉沢亮/橋本環奈/中川大志/渡邊圭祐

渡邊圭祐さん:
笑いに対する嗅覚が人一倍優れている方だと思いました。台本から映像にしていく上で、「ここで笑わせよう」「ここは遊べる」みたいなポイントを察知する能力がものすごく高くて、それは今回ご一緒して特に感じました。共演したキャストの方々もそうですが、「ここでしっかり笑わせにいく」ということをきちんと理解していて、監督から何も言われていなくてもできるので、波長がすごく合っている気がしました。

シャミ:
なるほど~。本作にはいろいろなキャストの方が出演していましたが、現場の雰囲気はいかがでしたか?他のキャストとの印象的なエピソードなどもあれば教えてください。

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

渡邊圭祐さん:
吉沢亮くん、橋本環奈さん、中川大志くんの3人は、福田組を何回も経験しているということもあり、すごく仲が良くて、現場の雰囲気やチームワークも良かったので、すごくやりやすかったです。ちょうど撮影期間中に格闘技の大きな大会があって、それを中川大志くんとスマホで一緒に観ながら、世紀の瞬間を2人で共有したということがありました(笑)。

シャミ:
本作の主人公は突然サンタクロースハウスで働くことになり、最初はなかなかモチベーションが上がらず馴染めない様子でした。普段渡邊さんが仕事に臨む時にモチベーションになっていることや、新しい環境に臨む時に工夫していることなどがあれば教えてください。

渡邊圭祐さん:
なるべく構えないことを意識しています。構えすぎて一歩引いてしまっても仕方がないと思うんです。それと、僕は新しい作品に入る時、事前に共演者の情報をある程度入れていくようにしています。過去の出演作や、誰と共演したことがあるのか、それから出身や趣味など、少しだけ頭に入れて会話の種にしています。

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

シャミ:
すごいですね!

渡邊圭祐さん:
この業界特有ですが、大抵の方は何かで観ていてすでに知っている方が多いじゃないですか。普通の新天地とは違って、「初めまして」「お名前は?」「ご出身は?」といった会話がないので、そういった基本情報は知らないと失礼にあたるパターンもあります。だから上手い具合に情報を頭に入れていくようにしています。

映画『ブラックナイトパレード』吉沢亮/渡邊圭祐

シャミ:
業界ならではですね。あと、渡邊さんご自身のお話も聞かせてください。事務所の公式サイトの趣味の箇所に映画鑑賞とあったのですが、映画は昔から好きでしたか?

渡邊圭祐さん:
昔から好きだったと思います。母と姉がディズニーやジブリの作品が好きだったので、ビデオでよく一緒に観ていました。

シャミ:
俳優というお仕事を意識されたのはいつ頃だったのでしょうか?

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー

渡邊圭祐さん:
22歳くらいの時です。ワークショップに初めて参加させていただいて、芝居っておもしろいなと感じました。大人になってバカになれることはそう多くないですが、俳優ならできるし全力でぶつかっていけると感じました。

シャミ:
俳優のお仕事を続けられていて、1番やり甲斐を感じるのはどんな時ですか?

渡邊圭祐さん:
やっぱり観てくれた方の声を聞いた時でしょうか。自分がやったことに対して褒めたり、労ってくれたり、そういう反応をいただけた時に俳優をやっていて良かったと思います。

映画『ブラックナイトパレード』吉沢亮/橋本環奈/渡邊圭祐

シャミ:
では、最後の質問です。これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

渡邊圭祐さん:
2021年の末に初めて舞台に立たせていただいたのですが、その経験は自分の中ですごく自信にもなったし糧になりました。俳優という仕事をする上での土台を作る作品になったと思いますし、その時に演出家の栗山民也さんとご一緒できたことはすごくありがたいことでした。原点に立ち返ってこれからもやっていこうと思えました。

映画『ブラックナイトパレード』渡邊圭祐さんインタビュー
スタイリスト:岡本健太郎
ヘアメイク:木内真奈美(OTIE)

シャミ:
ありがとうございました!

2022年12月23日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『ブラックナイトパレード』吉沢亮/橋本環奈/中川大志/渡邊圭祐

『ブラックナイトパレード』
2022年12月23日より全国公開中
監督・脚本:福田雄一
脚本:鎌田哲生
出演:吉沢亮/橋本環奈/中川大志/渡邊圭祐
配給:東宝

コンビニで3年間アルバイトをし、冴えない生活を送っていた三春。世間がクリスマスで盛り上がるなか、三春の前に突然黒いサンタ服を着た男が現れ、“サンタクロースハウス”という会社へ連れ去られてしまう。そこには、世界中から届く子ども達の手紙や山積みのプレゼント、そして黒いサンタ服を着た大勢のブラックサンタ達がいた…。

公式サイト

© 2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 © 中村光/集英社

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP