取材&インタビュー

『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』エドワード・ホール監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』メイキング、エドワード・ホール監督

発表当時、2000回もの上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案に映画化した『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』で、監督を務めたエドワード・ホールさんにリモートインタビューをさせていただきました。映画、テレビ、舞台演劇の世界に長く精通するエドワード・ホール監督に、映像、舞台それぞれの魅力などをお聞きしました。

<PROFILE>
エドワード・ホール:監督
1966年、イギリス生まれ。ドラマや映画で監督を務め、舞台演出も数多く手掛けている。2013年、大ヒットテレビドラマ『ダウントン・アビー』の2エピソードを監督し、その演出力を高く評価される。その他の主な監督作品に、テレビドラマ『アガサ・クリスティー ミス・マープル2 スリーピング・マーダー』『ロンドン警視庁犯罪ファイル』『MI-5 英国機密諜報部』『STRIKE BACK 反撃のレスキュー・ミッション』『アガサ・クリスティートミーとタペンス-2人で探偵を-』などがある。


大事なのはそこで働く人々の脈打つハート

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ

マイソン:
今回ノエル・カワードの戯曲「陽気な幽霊」を映画化することになった経緯を教えてください。

エドワード・ホール監督:
企画自体は数年前から温めていました。元々この戯曲が大好きで、理由は主に2つあります。1つは死に関してのコメディであることと、2つ目は第二次大戦中ドイツの電撃作戦などがあったザ・ブリッツの時代、つまりイギリスが闇に包まれていた時代に書かれていたものだということです。当時、人は喪失や死といったものに囲まれていたなかで、彼は逆にそれと向き合えるような作品を作りました。そればかりでなく、死に対して笑って向き合えるというか、死というものを越えて未来があるのかもしれないという風に考えさせてくれる内容でもありますよね。死というのはただの状態のことであって、すべてがそこで終わるわけではないんだという話を皆に届けたことが自分の中にも残っていて、その辺りが心地良かったし、すごくユーモアもあるなと思っていて、21世紀の映画として脚色することに前からすごくワクワクしていたんです。

マイソン:
監督にとって、映像と舞台演劇それぞれの魅力は何でしょうか?

エドワード・ホール監督:
私はテレビドラマも20年くらい前から作り始めていて、テレビと舞台の両方を長年に渡り作ってきました。監督として思うのは、映像の場合、カメラでなるべくものを語らずに見せようとするんです。だから、言葉では描写できないものをビジュアルのエネルギーで表現するということをします。あと、役者さんの演出の仕方も変わってきて、舞台だと台詞を言っている時に、その台詞を通してその人が誰であるか、何を感じているのかというのが全部わかるようになっているんです。でもスクリーンの場合、台詞がその人の感情を覆い隠しているということが多いので、逆にその裏に何があるのかということをカメラは見つけようとするし、また役者さんの仕事としても内なる世界のディテールというものをしっかり抑えないといけない。だから映画やテレビのシリーズの脚本だけを見た時に、もしかしたら何かについてのテーマ性が薄いとしても、感情はすごく豊かだったりするんです。演劇の場合は、カメラのフォーマットでいうワイドでずっと観客が観ることになりますよね。25年くらい前から歌舞伎、能、文楽とか日本の古典も勉強していて、現代の歌舞伎以外は照明をスポット的な、そこだけしか見えないという使い方をせずに、全部にフラットに当てていることが多いので、基本カメラでいうワイドと一緒ですよね。カメラの場合は、どこを見て欲しいかということを選択することができて、具体的に観客の目線をガイドすることができます。それが楽でもあり、すごく難しいのは、見て欲しいところを見てもらえるんだけど、逆に観客が見たくないと思っているものを一生懸命見せてしまったら、やっぱり成立しなくなってしまうわけです。ステージの場合は関心のあるところに目をやれるので、どこを見るのかというのを観客に委ねられるけど、映像の場合は自分が決めなければいけないという差もあります。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』メイキング、エドワード・ホール監督/ダン・スティーヴンス
メイキング

マイソン:
なるほど〜。私は最初ダン・スティーヴンスさんが演じていたチャールズの目線で観ていたのですが、最後はどんでん返しというか、あの結末になった瞬間にパッと視点が変わりました。

エドワード・ホール監督:
すごく興味深いのは、今回ニック・モアクロフト、メグ・レナード、ピアーズ・アシュワースの3人が脚色してくれましたが、特に女性の視点を戯曲よりもさらに掘り下げたいと考えて書いたことなんです。おっしゃった通りほとんどが皆チャールズを追ってストーリーが展開します。彼はナルシストだし、軽いし、自己中心的だし、浮気症だし、最悪なわけですよね(笑)。最悪だからこそ観客は彼を笑ってしまうのですが、そのうち明らかになってくるのが、実は彼の周りにいる人も皆ナルシストだということで、これがノエル・カワードの大きな秘密でした。マダム・アルカティ(ジュディ・デンチ)以外の中心の3人、つまり女性のキャラクターもナルシストなんだと展開するなかでだんだんと気づいていくんですよね。そこで視点が切り替わって、観客もどういう風に展開したら自分が満足できる終わり方なのかという風に感じると思うのですが、女性達も自分というものを強く持っている強いキャラクターですよね。どうでもいいような形で物語の中に消えていくのではなく、最後にステージの中心に立つということが僕達にとってすごく重要でした。

マイソン:
今回イギリスの人気俳優さんとアメリカの人気俳優さんが共演されていますが、それぞれお国柄というか、アメリカ俳優さんの魅力、イギリス俳優さんの魅力で違いはありますか?

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』メイキング、エドワード・ホール監督/レスリー・マン
メイキング

エドワード・ホール監督:
役者自体には違いはないと思います。今は特にイギリス人がアメリカ人を演じたり、その逆もあったりとクロスオーバーもすごくあります。でも今回エルヴィラ(レスリー・マン)に関してはアメリカ人の役者さんと決めていたんです。もちろん素晴らしいコメディの役者さんであることも重要で、まさにレスリーはそうでした。なぜアメリカ人の役者さんにしたかったかというと三角関係に文化的なテンションも持たせたかったからなんです。このキャラクターは1920年代のアメリカのワイルドな女性で、文学仲間というかボヘミアン仲間みたいなそういう時代をパリで過ごしたことがあるようなイメージなんです。それに対して、ルース(アイラ・フィッシャー)はファッショナブルではあるけど、ちょっと堅苦しい英国女性といった感じで、自分のやることをすごくコントロールできているんだけど、エルヴィラのほうは自由気ままなところがあって、そういう風に描くことがすごく重要なポイントでした。

マイソン:
ちょっと話題が変わるのですが、今、世界中がコロナ禍で映画や芸術は二の次になってしまうという苦しい状況ですが、映画を作る側としてどんなことを感じてらっしゃいますか?

エドワード・ホール監督:
例えば演劇界というのは最も打撃を受けている業界の1つで、それは世界中そうだと思います。建物を休館するということが問題なのではなくて、業界がクリエイティブな仕事をしている人達を失っていっているということが1番の心配です。多くの方がフリーで仕事をしているのが文化のセクターであって、皆生計を立てるために業界外の他の仕事をしたりしています。そういう方々がコロナ禍が終わったからといって戻ってくるのかどうかも心配だし、今これからという若い才能の方もたぶん1番選ばない世界がアートの世界だと思うんです。1番安全じゃないし、稼げないから。だからこそここから先の数年、人をどうやって支えていくのかが重要なんじゃないかと思います。大事なのはそこで働く人々の脈打つハートなんですよね。だから、彼らを大事にしていかなくてはいけないし、ケアしていかなくてはいけません。それは映画作家や脚本家、スタッフ、カメラ関係の人、役者さん、企画を書く人であったり、彼らを支えなければ、例えばイギリスでいうロイヤル・ナショナル・シアターとか、ロイヤル・オペラ・ハウスとか、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーとか、建物は残ってもそこで働く人がいなくなってしまうと思うんです。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』メイキング、エドワード・ホール監督/ジュディ・デンチ
メイキング

マイソン:
確かに文化を守り、復興するには人や才能が不可欠ですよね。では最後の質問で、これは皆さんにお伺いしているのですが、いち観客としてこれまでに大きな影響を受けた映画、もしくは俳優や監督など映画人がいたら教えてください。

エドワード・ホール監督:
まずはスタンリー・キューブリック。特に『シャイニング』が本当に傑出した心理スリラーだと思うし、ディテールが本当に素晴らしいと思います。あと、『デトロイト』『ゼロ・ダーク・サーティ』『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグローは、今最も素晴らしい映画作家の1人だと思います。皮肉みたいなものも含めたストーリーテリングも含めて。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年8月26日取材 TEXT by Myson

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ

『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』
2021年9月10日より全国公開
監督:エドワード・ホール
出演:ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ
配給:ショウゲート

ベストセラー作家として名を馳せるチャールズは、スランプに陥っていた。実は彼の小説はすべて7年前に事故死した最初の妻エルヴィラが生み出したアイデアを書き留めたもので、エルヴィラなしでは新作を書けずにいた。そんな時、ひょんなことからある霊媒師の存在を知ったチャールズは彼女の力でエルヴィラを蘇らせようとして…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン ワン・セカンド 永遠の24フレーム

これは、大切なもののために必死になっている人人間を描いた…

映画『マリー・ミー』ジェニファー・ロペス ジェニファー・ロペス

1969年7月24日アメリカ、ニューヨーク市ブロンクス生まれ。俳優、歌手、プロデューサー、ファッションデザイナー、作家、起業家、人道主義者として…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『今日も嫌がらせ弁当』芳根京子 映画で“食”について考えてみよう20:日本の食料自給率を知って食事情の問題点を考えよう

現代の食生活は、“飽食の時代”と呼ばれるほど、豊かで満ち足りています。しかし、私達が口にする食べ物がどこからやってきているかご存知でしょうか?今回はそんな日本の食料事情について紹介します。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トップガン マーヴェリック

本作を観て、トム・クルーズって本当にスゴいなと改めて感じました。本作を観ていると…

映画『女子高生に殺されたい』大島優子 大島優子(おおしま ゆうこ)

1988年10月17日、栃木県出身。AKB48のメンバーとして活動した後、2014年に卒業。俳優としては、2014年に『紙の月』で…

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター) ヴィム・ヴェンダース監督がトイレを舞台にした新作映画のヒントを明かす!?<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会

2022年5月11日に<THE TOKYO TOILETプロジェクト>の記者発表会が行われ、ヴィム・ヴェンダース監督、俳優の役所広司をはじめ、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)らが登壇し、プロジェクトについて語りました。

映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦ 大河への道

日本地図を完成させたとして知られる伊能忠敬で有名な千葉県香取市の市役所で「伊能忠敬にまつわる大河ドラマを作ろう」という企画が持ち上がり…

映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル アガト・ルセル

1988年6月14日生まれ。20代で俳優学校に通い、2015年に短編映像作品“5 vagues de l ’avenir(原題)”に…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/サナイヤ・シドニー/デミ・シングルトン 映画好きが選んだスポーツ映画ランキング<実話編>

今回は、『ドリームプラン』(2022年2月23日全国公開)にちなんで、実話が基になったスポーツ映画…

REVIEW

  1. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  2. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  3. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  4. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  5. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  6. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  7. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
  8. ディズニープラス『ホワット・イフ…?』
  9. 映画『フォーエバー・パージ』キャシディ・フリーマン
  10. 映画『バブル』
    バブル

PAGE TOP