取材&インタビュー

『彼女が好きなものは』前田旺志郎さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『彼女が好きなものは』前田旺志郎さんインタビュー

今回はゲイの高校生の葛藤を描いた映画『彼女が好きなものは』でメインキャラクターの1人を演じた前田旺志郎さんにインタビュー。本作のテーマについてや、子どもの頃に漫才師として活動した当時のこと、同じく俳優として活躍中のお兄さんについてなどお聞きしました。

<PROFILE>
前田旺志郎(まえだ おうしろう):高岡亮平 役
2000年12月7日生まれ。大阪府出身。子役としてデビューし、2007年、2歳年上の兄、前田航基と共にお笑いコンビ“まえだまえだ”として活動。2011年には兄弟で是枝裕和監督作『奇跡』の主演を果たした。2017年、映画『レミングスの夏』では主人公を演じ、2020年に出演したNHK連続テレビ小説『おちょやん』でさらに注目を集めた。その他の主な映画出演作には、『超高速!参勤交代』『海街diary』『疾風ロンド』『超・少年探偵団NEO Beginning』『キネマの神様』『うみべの女の子』などがあり、ドラマや舞台でも活躍中。


まずは一人ひとりが自分で考えてもらうという位置に来てもらうことが大切

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈

マイソン:
この物語を観て、自分が理解しているつもりでいたものが全然わかっていなかったなと衝撃を受けました。前田さんは脚本を読んだ時にどんな印象を持たれましたか?

前田旺志郎さん:
元々僕が亮平をやるというのは知っていたのですが、難しいなというか、亮平の幼馴染みで仲の良かった純(神尾楓珠)がそういうことに悩んでいたというのを最初は全然知らなくて、それを知った後に亮平がどういう風に純と接していくのかというところは、読みながらすごく考えさせられました。シーンの中にもあったように、気にしていないと口で言うのは簡単でも無意識に何かしら言動として出てしまうことは僕個人として想像してもありうることだと思います。そこが1番の引っかかりであり、撮影が終わった今でも答えが出ていない、未だにすごく課題だなと思います。

映画『彼女が好きなものは』前田旺志郎さんインタビュー

マイソン:
亮平は他の人達と純を結び付ける上で要となるキャラクターでしたね。亮平とご自身で近いなと思う部分と全然違うなと思う部分はありましたか?

前田旺志郎さん:
亮平のほうが僕よりも繊細な部分があって、周りへの気遣いなど、どちらかというと表面に出る優しさがある子で、そういうところは僕との違いだと思います。ただ、周りを見ているという根本的なところに関しては、すごく似ている部分だと思います。

マイソン:
『うみべの女の子』でも明るいキャラクターを演じられていて、すごく自然だったので、前田さんご自身も普段カラッと元気な感じなのかなと思いながら本作も観てました。高校時代の前田さんのキャラに近いですか?

前田旺志郎さん:
高校の時は小野(三浦獠太)みたいな同級生がいなかったので、完全に僕のクラスにしていました(笑)。

映画『彼女が好きなものは』三浦獠太

マイソン:
ムードメーカーだったんですね(笑)!

前田旺志郎さん:
前田王国と言えるくらい、先頭をきって楽しんでました(笑)。

マイソン:
さすがです!!まだ高校生の役を演じられる機会がたくさんあると思うのですが、成人になった今思春期を振り返って、あの時はわからなかったけど、自分ってこうだったのかなとか、思春期の皆さんってこうなのかなって発見することはありますか?

前田旺志郎さん:
言葉で表すのはすごく難しくて、これは思春期に限らず常にかもしれませんが、振り返った時に中学生、高校生の時と今って見えている景色がすごく変わったなと思います。今も学生ですが、中学や高校時代って何も核心が見えていないというか、もやのかかった中で生きていたというか、狭い中で息をしていたというか、そういう感覚が今振り返ってみるとすごくあるなと思います。

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/前田旺志郎

マイソン:
それは、どんな作品でも共通して感じますか?

前田旺志郎さん:
そうですね。やっぱり学生ものをやる時のテーマや映画の起承転結の中で起こる問題というのは、皆がまだそれを知ろうしている段階だからこそ起こる問題であったり、事が大きくなるのも学校というすごく狭い社会の中にいるからこそ、その問題がすごく大きく見えていたりという感覚に陥ることはすごく多いかもしれないですね。

マイソン:
今多様性が受け入れられつつある風潮のなか、この映画をどんな風に受け止めて欲しいと思いますか?

前田旺志郎さん:
受け止め方は本当に人それぞれというか、やっぱりその感じ方やどう向き合うのかは未だに正解がないことだと思うので、まずはそれを一人ひとりが自分で考えてもらうという位置に来てもらうことが大切なのかなと思います。テレビなどで同性愛がトピックとして挙げられることがあっても、それを何となく流していたり、自分の周りにゲイの方がいなかったり、いたとしても気づけず勝手に傷付けているということもあると思います。この映画の中でも、直接的な言葉を吐いたり本人を傷付けようとしているわけではないけど偽善にあふれた人達が学校の中にたくさんいます。じゃあそれの何が良くないのかとか、例えばクラスで同性愛について話し合うシーンなど、映画の中のいろいろなシーンで違和感とか気持ち悪いと思う瞬間が僕は観ていてすごくあるなと思ったので、その違和感に少しでも多く気づいて自分はそうならないようにって考えてもらえたら良いなと思います。

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/前田旺志郎

マイソン:
ありがとうございます。では少し話題を変えて、デビュー当時についての質問です。幼い頃に漫才師として活動されて、当時はどんな感覚でしたか?

前田旺志郎さん:
“まえだまえだ”としての活動を始めた時は小学校1年生だったので、「大変だった?」「忙しかったでしょ」「難しいけどすごいよね」と聞かれることが多いんですけど、僕自身は本当に何も考えていませんでした(笑)。もちろん楽しかったですし、お笑いはすごく好きだったのでそれができることに対する喜びというのはあったんですけど、それが仕事だという認識なんてもちろん小学校1年生の時にはなかったです。

マイソン:
今の役者さんのお仕事と共通する部分はありますか?

前田旺志郎さん:
人前に立つこととかはあの時に得た経験がすごく活きているのかなというのと、あとはコミュニケーションですね。学校との往復だけでなく、小学校1年生にしてたくさんの社会人の中にいたということは事実なので、そこでいろいろな方とお話してきた経験は今も活きているのかなという気がします。

映画『彼女が好きなものは』前田旺志郎さんインタビュー

マイソン:
お兄さん(前田航基さん)も俳優として活躍されていますが、どんな存在ですか?

前田旺志郎さん:
どんな存在なんでしょうね。ただの兄ですけどね(笑)。

マイソン:
演技の話はされますか?

前田旺志郎さん:
そうですね。最近は会えば特に映画の話をすることが多いかもしれないですね。「あの映画観た?」みたいな。あとは、お互いの映像作品は基本観ないのですが、何となくそれぞれの舞台は観に行っていて、兄弟だからこそ「良かったよ」とかだけではなく、「ここはちょっと良くないんちゃう?」とか言ってくれますし、言いやすいという感じです。そういうのは助かります。

マイソン:
素敵ですね。では最後の質問で、俳優として気持ちが変化したターニングポイントってありましたか?

映画『彼女が好きなものは』前田旺志郎さんインタビュー
ヘアメイク:佐藤健行(HAPP’S.)

前田旺志郎さん:
高校受験の時です。僕は中学まで大阪にいたんですけど、高校から上京するか地元で高校受験をするかという選択肢がありました。当時、両親から「絶対に芸能をやれ」と言われたことはなくて、でもずっと小さい時からやっていたので辞めるきっかけもありませんでしたし、続けるという意志を持つきっかけもなかったんです。それまではずっと敷かれたレールの上にただ乗っていたという感じで深く考えたことがありませんでした。だからその時に決断を迫られて、両親は「好きなほうを選んで良いよ」と言ってくれたのですが、今まで考えたこともなかったしどうしようか悩みました。最終的に、お芝居が楽しいという感覚は当時からあったので、だったらとりあえず続けてみようと思って高校に上がる時に東京に出ることを自分で決めました。その時に1つの覚悟というか「お芝居を続けると決めて東京に来た以上ちゃんとやらないと」というか、そこで初めて俳優が仕事ということをちゃんと自分の中で認識しました。自分の中で「俳優をやっている」という風に思い始めたのはそこからです。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年9月30日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈/前田旺志郎/三浦獠太

『彼女が好きなものは』
2021年12月3日より全国公開
監督・脚本:草野翔吾
出演:神尾楓珠 山田杏奈 前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那 渡辺大知 三浦透子
磯村勇斗 山口紗弥加 /今井 翼
配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース

ゲイであることを隠している⾼校⽣の安藤純(神尾楓珠)は、ある日偶然クラスメイトの三浦紗枝(山田杏奈)がBL漫画を購入するところに遭遇する。BL好きを隠している紗枝は純にそのことを内緒にするよう頼み、そこから2人は急接近。紗枝は純を好きになり告白したことで、純も女性と交際し“ふつう”の人生を歩めるのではないかと期待するが…。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2021「彼女が好きなものは」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『バズ・ライトイヤー』
  2. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  3. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  4. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  5. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  6. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  7. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  8. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  9. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  10. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

PAGE TOP