取材&インタビュー

『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロさんインタビュー

フランスを代表する名優カトリーヌ・フロさんにリモートインタビューをさせていただきました!これまで数々の作品で名演技を披露されているフロさんですが、どんな風に出演作を選んでいるのかということや、役との向き合い方などいろいろなお話をお聞きできました。

<PROFILE>
カトリーヌ・フロ:エヴ 役
1956年5月1日フランス、パリ生まれ。舞台、テレビドラマ、映画と幅広く活躍するフランスを代表する俳優の1人で、フランスの国家功労勲章を受章している。1980年のアラン・レネ監督作『アメリカの伯父さん』で映画デビューを飾り、1985年『C階段』で注目を集め、1995年に舞台“家族の気分”で、モリエール賞助演女優賞を受賞。1996年、フランスで大ヒットした『家族の気分』では、セザール賞助演女優賞を受賞し、有名女優の仲間入りを果たす。以降、『奇人たちの晩餐会』『女はみんな生きている』『地上5センチの恋心』などでセザール賞ノミネートの常連女優となる。2012年、フランス官邸史上唯一の女性料理人を演じた『大統領の料理人』は、フランスと日本で大ヒットを記録。2015年、グザヴィエ・ジャノリ監督作『偉大なるマルグリット』では、セザール賞及びルミエール賞主演女優賞に輝いた。2016年の“Fleur de Cactus(原題)”ではモリエール賞主演女優賞を受賞。本作『ローズメイカー 奇跡のバラ』は、『ルージュの手紙』(2017)以来の主演作となる。

フランスを代表する名優カトリーヌ・フロさんがオススメのスポットとは

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ/マリー・プショー

マイソン:
これまで数々の名作に出演されていますが、出演したくなる作品の共通点はありますか?

カトリーヌ・フロさん:
基準があるかどうかわかりません。勘で選ぶところもあるし、もちろんシナリオがよく書けているかどうかというのもありますし、あとは監督との相性です。監督がどうして自分を選んだのかとか、そういうことを話して決めます。そしてやっぱり大前提として、その登場人物のキャラクターに愛着が持てるかどうかです。結局のところ、自分が彼女になり、彼女が自分になり、その人物を生まれさせないといけないので、そういった愛着が持てるかどうかですね。

マイソン:
今作は1番どんなところに惹かれましたか?

カトリーヌ・フロさん:
エヴはキャラクターがおもしろくて、パラドックスな人間ですよね。最初は感じが悪いし、すべてを失いかけている鬱になっているような人物です。“ルネッサンス”という言葉には再び生まれるという意味が語源としてあるのですが、これはその人物が再構築される物語なわけです。出会う3人も含めて、この人物達のルネッサンスの物語なんです。

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ

マイソン:
今、再構築という言葉が出てきたのですが、この作品では皆それぞれ再生していく姿が印象的でした。今の世の中はインターネットやSNSが普及して、失敗や悪事がすぐに拡散され、そのことが世の中の問題意識を喚起する一方で、一度失敗したらやり直すことが難しいくらいのダメージというか、人を押さえつけるような感じがしています。そういった今の風潮をカトリーヌさんはどのように感じていらっしゃいますか?

カトリーヌ・フロさん:
それもあると思います。やっぱり新しいテクノロジーによって、ある意味人生がどんどんおかしな方向に行っているというか、本当に人間性のある人間であるためには、むしろそこから離れて1人で隔離しないと、人間性を保てないような感じになっていると思います。この状況だと未来に対して楽観的であるということがすごく難しいと思うんです。今の世の中で美しい人生を送っている方もいると思いますが、すごく苦しんでいる人もいっぱいいる、それが現状だと思います。

マイソン:
私もそう思います。今作では、こんなにいっぱい種類があるのかとビックリするくらいたくさんのバラが出てきて、香りの違いもあるということを今回初めて知りました。実際にバラに囲まれてみて、やはり香りは違いましたか?

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ

カトリーヌ・フロさん:
これだけバラの香りがあるというのは、私もすごく感銘を受けましたし、今回の映画で私が1番学んだこと、発見というのがそれでした。元々自然は好きですが、知識はありませんでしたし、バラのこともそんなに知りませんでした。あと、歴史的に詩とか文学の中でバラというのは、ずっと語られてきて、ある意味花として伝説的な存在になっているわけです。今回は美を作る物語だったわけですが、やっぱりこれだけ素晴らしいもの、美しいものだからこそ、伝説的な存在なんだということがわかりました。それはまさに美を象徴していて、劇中でエヴが「美のない人生なんて意味がない」ということを言いますが、これはまさにアーティスティックな美を象徴していると思います。要するに、実際に考えたら具体的には人生の役に立ちませんが、美のない感動のない人生は意味がないということですよね。

マイソン:
確かにそうですね。では、これまで出演された作品でいろいろな職業の役を演じられて、それぞれの知識もたくさん入ってくると思いますが、この作品に限らず、作品を通じて何かハマったことはありますか?

カトリーヌ・フロさん:
役を通じて何かを学んで趣味になるということはあり得ないんです。どうしてかというと、女優の仕事というのは、幻想を作り上げることなんです。だから最もらしいジェスチャーを学んで、そこにある小道具を使って、その職業にある内的なリズムで動作をするということで、皆さんにまるでその職業の人になったかのような幻想を与えているわけなんです。例えば『大統領の料理人』で、私はプロの料理人になったわけじゃなく、あれは幻想なんです。でも1個覚えたレシピがあって、それはシューファルシオッソーモという、キャベツにサーモンを詰めたお料理なんです。それはご馳走することができます。

マイソン:
わ〜食べたいです。そして、この作品では血の繋がりにこだわらない家族の形が1つ印象に残りました。カトリーヌさんにとって、理想の家族というか、家族の定義みたいなものはありますでしょうか?

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ/メラン・オメルタ/ファツァー・ブヤメッド/マリー・プショー

カトリーヌ・フロさん:
家族には2つのタイプがあると思っていて、血の繋がりのある選べない本当の家族と、ある意味友人となった人達と後から自分が選んで作る家族があると思います。後者のほうがおもしろくて興味深いと思います。というのは、血の繋がりと違って自分で選ぶ家族というのは自由なんですよね。よく考えるとこの映画でも、最初エヴは血の繋がりのない“家族”をコントロールしようとしていて、他の人は「何だ、この人は」という感じで、それぞれ反感を持っています。でも、いろいろなことが起きて、人間関係が進んでいって、最後は家族のようになるというのはおもしろいと思います。

マイソン:
前半のシーンでフレッドが差別的な発言をして、エヴがツッコむやり取りがあって、今社会で関心が上がっている多様性やジェンダーの問題も少しテーマになっているのかなと思いました。こうした風潮のなかで、フランス映画での表現に変化を感じることはありますか?

カトリーヌ・フロさん:
そういった価値観の土を掘り起こしている時代、そういう問題をすべてテーブルの上に出して、価値観を問い直している時代だと思います。日本はそうですか?

マイソン:
日本では最近東京五輪の組織委員会において元会長の性差別発言が問題になりましたが、日本はやっぱり遅れているなと感じています。なので、フランスのほうが時代の変化が進んでいるのかなと思いながら観ていました。

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ

カトリーヌ・フロさん:
そうおっしゃるのでしたら、そうなのでしょう。でもこの作品は、そういった価値の多様性とかそういったものばかり語っている映画ではなく、キーワードとなっているのは伝承だと思うんです。エヴは言ってみれば、昔の世界に属している人で、だから今いろいろなものを失っているわけです。ただ彼女にはノウハウがあるんです。それを次の世代に伝承していくという話なんだと思います。

マイソン:
では最後に、こういう機会でないと聞けないので、ぜひお伺いしたいことがあります。私はまだフランスに行ったことがなく、フランス映画を観るたびにフランスにすごく行きたくなるので必ず行こうと思っているのですが、フランスを代表する俳優のカトリーヌさんだからこそ知るオススメのスポットがあったら教えてください。

カトリーヌ・フロさん:
パリはもちろん必須ですが、その次にオススメはマルセイユですね。

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロさんインタビュー
© Philippe Quaisse  UniFrance

マイソン:
観光スポットみたいなものはありますか?

カトリーヌ・フロさん:
例えば、今良い現代美術館があってそれもおもしろいのですが、とにかく街のスピリット、街自体がすごくおもしろいんです。典型的な地中海の歴史を反映している街だし、すごくいろいろな人種も混じり合っていて、とても庶民的なエリアがあったり、あとは街が細長い形をしていて、港のほうに行くと漁港かと思うような、そういった顔も持っているんです。海岸は岩があるようなところで、街自体に活気があり、歴史ある港町です。プロムナードという散歩道もおもしろいし、港なのですごく大きな船が停まっているのを見るのもおもしろいし、街の活気を感じられるマルセイユはおもしろいですよ。

マイソン:
絶対に行きます!本日はありがとうございました。

2021年3月19日取材 TEXT by Myson

映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』カトリーヌ・フロ/メラン・オメルタ/ファツァー・ブヤメッド/マリー・プショー

『ローズメイカー 奇跡のバラ』
2021年5月28日より全国公開
監督・脚本:ピエール・ピノー
出演:カトリーヌ・フロ/メラン・オメルタ/ファツァー・ブヤメッド
配給:松竹

フランス郊外にあるバラ農園を経営するエヴは、これまで新種のバラを開発し、数々の賞を手に入れていた。だが、バラ農園は財政的困難に陥っており、エヴは父が遺したバラ農園を守るため、再び新種のバラを開発しようとする。そんななか、助手のヴェラが、格安で雇えるワケありの新人を連れてくる…。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

THE ROSE MAKER © 2020 ESTRELLA PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – AUVERGNE-RHÔNE-ALPES CINÉMA

関連記事
  • イイ俳優セレクション/カトリーヌ・フロ(後日UP)
  • イイ俳優セレクション/メラン・オメルタ(後日UP)
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あの夏のルカ』オリジナルノート&色鉛筆 『あの夏のルカ』オリジナルノートブック×色鉛筆セット 2名様プレゼント

映画『あの夏のルカ』オリジナルノートブック×色鉛筆セット 2名様プレゼント

Huluオリジナル『悪魔とラブソング』浅川梨奈さん&飯島寛騎さんインタビュー Huluオリジナル『悪魔とラブソング』浅川梨奈さん&飯島寛騎さんインタビュー

この度、桃森ミヨシ作「悪魔とラブソング」がオンライン動画配信サービスHuluにて実写ドラマ化されました。今回はW主演の浅川梨奈さんと飯島寛騎さんにインタビュー。悩み多き高校生達の葛藤を描いた本作に出演したお2人は高校生時代どんな風だったのか、今の中高生に向けて伝えたいことを聞いてみました。

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』山﨑賢人/清原果耶 夏への扉 ―キミのいる未来へ―

例のごとく前情報を入れずに観たので原作のことは知らずに観ましたが、どこか洋画っぽいなと思ったら…

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』エリザベス・オルセン エリザベス・オルセン

1989年2月16日アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。幼少期に2人の姉アシュレー・オルセンと…

映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン 心理学から観る映画31:気付かれづらい虐待【代理ミュンヒハウゼン症候群】

皆さんは、ミュンヒハウゼン症候群という言葉を聞いたことはありますか?これは、身体的または心理的な徴候や症状をねつ造したり…

映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』ジョージ・マッケイ トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

本作を観ると、何が善で何が悪なのかを考えさせられます。真っ当に生きようとしても…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロブ・リグル ロブ・リグル

1970年4月21日アメリカ、ケンタッキー州ルイビル生まれ。元米海兵隊予備役で、現在は俳優…

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀 リカ ~自称28歳の純愛モンスター~

思った以上にホラー感が満載で想像以上の…

映画『いとみち』横浜聡子監督&藪野麻矢さん(衣装担当)インタビュー 『いとみち』横浜聡子監督&藪野麻矢さん(衣装担当)インタビュー

青森県を舞台にした『いとみち』の横浜聡子監督と、衣装担当の藪野麻矢さんにインタビュー。本作では衣装も見どころの1つで衣装作りの過程や、お2人のお仕事現場で女性として働くことについてもお聞きしました

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』スティーヴ・クーガン グリード ファストファッション帝国の真実

日本でも多くのファストファッション・ブランドの店があり、私達は安価に良質な洋服を買うことができます。でもそれと引き替えに…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

REVIEW

  1. 映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』山﨑賢人/清原果耶
  2. 映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』ジョージ・マッケイ
  3. 映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀
  4. 映画『グリード ファストファッション帝国の真実』スティーヴ・クーガン
  5. 映画『ももいろそらを』池田愛
  6. 映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン
    RUN/ラン

  7. 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』岡田准一/木村文乃/平手友梨奈/安藤政信/黒瀬純/好井まさお/橋本マナミ/宮川大輔/山本美月/佐藤二朗/井之脇海/安田顕/佐藤浩市/堤真一
  8. 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』エミリー・ブラント/ノア・ジュプ
  9. 映画『逃げた女』キム・ミニ/ソン・ソンミ
    逃げた女

  10. 映画『漁港の肉子ちゃん』
PAGE TOP