取材&インタビュー

『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

まっすぐでひたむきな主人公が、不器用ながらも周囲の人々を巻き込み、マスカット農家の存続に挑む物語『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

<PROFILE>
福本莉子(ふくもと りこ):相馬春奈 役
2000年11月25日生まれ。大阪府出身。2016年、第8回東宝シンデレラオーディションでグランプリ&集英社賞(セブンティーン賞)を受賞。主なドラマ出演作に『CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(2019)、『パパがも一度恋をした』(2020)などがあり、『歴史迷宮からの脱出 ~リアル脱出ゲーム×テレビ東京~』(2021)では主演を務めた。主な映画出演作には『のみとり侍』(2018)、『センセイ君主』(2018)、『屍人荘の殺人』(2019)、『映像研には手を出すな!』(2020)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)などがある。2021年公開の『しあわせのマスカット』では主演を飾る。

夢がなくても、そのことで無理に悩まなくても良い

映画『しあわせのマスカット』福本莉子

マイソン:
今回は岡山県でずっとロケをされていたんですか?

福本莉子さん:
1日だけ東京のスタジオで撮影をして、それ以外は全部岡山で撮影で、2週間いろいろなところに行きました。ほとんど最後のほうはビニールハウスと吉兆庵さんの本社で撮影をしていて、あとは、百貨店の吉兆庵さんの販売フロアと工場でも撮影をしました。

マイソン:
今回マスカットにまつわる映画となっていますが、他にも印象に残った美味しかったものを教えてください。

福本莉子さん:
最終日にプロデューサーさんや演者さん達と地元のいろいろな料理があるお店に行きました。全然岡山に関係ありませんが(笑)、海鮮も美味しかったし、卵焼きが異様に美味しかったです。そのお店の卵サンドが名物だそうで、それがすごく美味しくて、岡山に行ったらまた食べたいなと思います。マスカットもすごく美味しくて、ビニールハウスで撮影をしていた時に農家さんがたまに差し入れてしてくださったんです。まず形が綺麗で、1粒1粒が大きくて、さすがマスカット・オブ・アレキサンドリアだなって。マスカットの女王のような存在で、百貨店で見ると高級でなかなか食べられませんが、自分へのご褒美とか、家族に贈るとか、贈り物としても良いなって思います。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

マイソン:
映画の最初のほう、百貨店内のシーンで出てきたマスカットの箱に書いてある金額を見て、1粒いくらなんだろうって考えちゃいました(笑)。

福本莉子さん:
すごいですよね。あの形にするってそれほど大変なんだなって。間引きとか、そういう詳しい作業を私は知らなかったので、映画を通して農家の方達って本当にすごいなって思いました。

マイソン:
ところで福本さんは20歳になられたばかりですよね(取材:2021年11月27日時点)?

福本莉子さん:
はい。2日前(11月25日)でした。

マイソン:
おめでとうございます!

福本莉子さん:
ありがとうございます。生まれたてホヤホヤの20歳です(笑)。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子

マイソン:
ほんとホヤホヤですね(笑)。劇中で主人公は就職面接を受けていて、福本さんと同じ20歳頃ですと進路を考えたり、就職活動を始める時期でもありますよね。もし進路に迷っているお友達とか同世代の方がいたら、どんなことを助言されますか?

福本莉子さん:
私自身もこの世界に入る前も入った後も、高校生の時はずっと親友と学校帰りにご飯を食べながら「将来どうなるんだろうね?」って話していました。「大学の入試もどんどん難しくなっていて、入れるかわからないし。かといって大学に入っても就職ができるかわからないし」とか、「本当にどうする?本当大変だよね」って、そういう話をずっとしていました(笑)。口を開いたらその話っていうくらいしていた時期もありました。高校を卒業して、皆それぞれの道を歩き出して、でもやっぱり夢がある人って少ないんじゃないかなって。私自身も高校生の時に夢とかなかったんですけど、そのことで無理に悩まなくても良いんじゃないかって思います。その時にやりたいことをやれたら幸せだし、ある時友達に「人生、楽しんだもん勝ちだから」って言われて、そうだよねって思いました。自分の人生だし、人生一度きりだし。SNSでいつでもどこでもいろいろな情報に触れられて、他の人の目が気になる厳しい時代ですけど、人に迷惑をかけないことなら、楽しかったらそれで良いんじゃないかなと思います。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

マイソン:
今すぐ無理矢理見つけなきゃっていうのじゃなくて、とりあえずいろいろやってみて。

福本莉子さん:
気になるものをやれば良いと思いますし、他の人に言われるよりも自分のしたいことをできるんだったらして、それでその人が幸せだったら良いなって思います。

マイソン:
福本さんが東宝シンデレラオーディションを受けたのは、何がきっかけだったんですか?

福本莉子さん:
友達の推薦で、「こういうオーディションがあるけど受けてみたら」って言われたんです。その時も今後のことを悩んでいて、人生一度きりだしなって。音楽が好きなのでその時は音楽関係の仕事が良いなとか、本当に漠然としていて、でも1歩踏み出せないみたいな時に、上手くタイミングが合って受けることにしました。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子/中河内雅貴

マイソン:
絶妙なタイミングだったんですね!

福本莉子さん:
本当に人生いろいろあるなって。まだ20年しか生きていないのに(笑)。「19歳なんてまだ若い若い」とか言われるのも嫌で、そんなに変わらないでしょって思っていたんですけど、20歳になって突然出来ることが増えたりして、19歳は子どもだったんだなって、この3日で思いました(笑)。いろいろ思う年頃だなと我ながら感じます(笑)。

マイソン:
でも、19と20歳の差は気持ち的には大きいですよね(笑)。先ほど「気になることを楽しんでみたら良い」というお話もありましたが、俳優の仕事を続けていけると思ったきっかけはありましたか?

福本莉子さん:
私はオーディションで初めてお芝居をしたんです。その時は5人グループでお芝居をしたのですが、本当に難しいなという印象で、普段こうやって喋るのは簡単なのに、いざ本番がスタートすると途端に棒人間になってしまうのって何でなんだろうって。物を取るだけの動きにも意外と気持ちが一つひとつ表れていて、そういうことを意識していなかったので、一つひとつの動きに意味があるんだなって発見があって、すごくおもしろいなと思いました。どの役も毎回自分にとって壁があって、今回の役だと春奈は太陽のように明るく元気な性格で、昔の自分にはあったであろうことなんですけど、今の自分は忘れかけているところでもあったんです。そんな風に、役によって自分の中にあるはずの引き出しを探してお芝居をして、自分の新たな一面を見つけられることは楽しいなと思います。今回この役を通じていろいろなことを経験させていただいて、普段生きているだけだと体験できないことが体験できるって毎回楽しいです。それが自分の引き出しになって、また次に繋がるし、絶対に見てくれている人がいるんだなって感じる瞬間が最近増えてきて、そういうのを感じるとお仕事を頑張ろうって思えますし、そういうのが目に見えてくると一層頑張ろうってなります。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

マイソン:
難しさも含めておもしろいという感じですかね。

福本莉子さん:
そうですね。最近エッセイにハマっていて、石田ゆり子さんのエッセイを読ませていただいたのですが、言葉や感性が素敵なんです。そういうのって豊かじゃないとダメだなと思って、最近日記を始めました。忙しいとあまり周りが見えなくなりますが、日記を書くぞって思ったら、今日は星が出てるなとか、本当に些細なことですが、小さい発見ができるかなと思ったんです。あと、2、3日前のことでも意外と忘れちゃいますけど、「今日はいろいろ動いたな」「疲れたな」「めっちゃ楽しかった」っていうのを忘れちゃうのが寂しくて、そういう気持ちをノートに書き留めておくと、いつか将来の自分が見た時に「あの時、こういうことを思っていたんだな」という発見にもなるし、おもしろいと思ったんです。さきほどお話した「19歳が子どもで嫌だな」みたいな感覚と同じです。そういう感覚を25歳くらいになると忘れるじゃないですか。だから記録するようにしています。

マイソン:
お話をお聞きしていて、すごく研究熱心だなと感じたのですが、いろいろなことを追求していくタイプですか?

映画『しあわせのマスカット』福本莉子/中河内雅貴/竹中直人

福本莉子さん:
そうかも知れないです。自粛中に料理をしていて、料理本を買いに行ったんですけど、「そもそも食とは?」となって、食べることは生きることじゃないですか。だからそういう本を買っちゃって(笑)。それと、レシピに書いていない当たり前のことっていうがあって、料理の基本の辞典みたいなのがすごく良いじゃんと思って買いました。「ほうれん草は、蓋をして茹でない」とか、料理もいろいろあるじゃないですか。普段意識しないでやっていることにも科学的な理由があって、そういうのがちゃんと書いてある本で、これを知ったらもっと料理が楽しいなと思って買いました。

マイソン:
すごい!!知識もいっぱい増えて良いですね。この先もいろいろな役を演じられると思いますが、こういう俳優さんになりたいみたいなイメージはありますか?

福本莉子さん:
何でもできる人になりたいです。「こういうお芝居もできるんだ」って新たな発見が毎回ある、多面性がある俳優になりたいです。「この人はこういう感じだよね」っていう風にはなりたくないし、新しい役に挑戦し続けたいという気持ちがあります。

マイソン:
では最後の質問で、いち観客として大きな影響を受けた映画、監督とか俳優がいたら教えてください。

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー
スタイリスト:武久真理江/ヘアメイク:冨永朋子(アルール)

福本莉子さん:
難しいですね!選びきれないです(笑)。でも、観た時にすごく衝撃を受けたのは、『セブン』です。ラストシーンの芝居が、もうあれだけで泣けます。「こんなことある?」っていう衝撃がすごくて、今でも覚えています。グロテスクなところもありますけど、観て良かったなって思います。わりと衝撃的な思い出の1つです。

マイソン:
あれはすごく衝撃的な映画でしたよね。本日はありがとうございました!

2020年11月27日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『しあわせのマスカット』福本莉子/中河内雅貴/本仮屋ユイカ/竹中直人

『しあわせのマスカット』
2021年5月14日より全国公開
監督:吉田秋生
出演:福本莉子/中河内雅貴/本仮屋ユイカ/竹中直人
配給:BS-TBS/配給協力:トリプルアップ

修学旅行で岡山を訪れた女子高生の相馬春奈は、病床の祖母のお土産に岡山の名産品マスカット・オブ・アレキサンドリアを買おうとするが、財布を落とし、わずかなお金しか持っていなかった。でも、そんな時に目に入ったのは、そのマスカットを使った“陸乃宝珠”という和菓子。祖母はそのお菓子を喜んでくれて、それを機に春奈は“陸乃宝珠”を作った会社に就職しようと考え…。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©「しあわせのマスカット」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

映画『ハザードランプ』安田顕/山田裕貴 『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー 『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー

本作はインパクトのある設定から、おバカ映画、色物映画と見られかねないというところで、宣伝ではどういう風に伝えていけばよいか最初は手探りな部分もあったそうです(上田監督談)。今回は、そんな本作の背景や作品への思いについて、上田慎一郎監督と皆川暢二さんにお話を伺いました。

映画『無聲 The Silent Forest』 無聲 The Silent Forest

これはあまりにショックな内容で、こんなことが実際にあったなんて…

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世 コンフィデンスマンJP 英雄編

今回も見事に騙されました(笑)。それなりにどこから計画されているかは予想しながら観るのですが…

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  2. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  3. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  4. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  5. 映画『無聲 The Silent Forest』
  6. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  7. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
  8. 映画『三度目の、正直』川村りら
  9. 映画『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』ダン・スティーヴンス/マレン・エッゲルト
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ
PAGE TOP