取材&インタビュー

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.3

  • follow us in feedly
  • RSS
公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』

本インタビューは4回の連載でお届けしています。前回Vol.2ではトムス・エンタテインメントが「自分達で作った作品を自分達で売る」ことができるように営業部隊を強化したお話がありました。今回Vol.3では、そこからさらに発展して、作品の企画から手掛けて全体をプロデュースする「UNLIMITED PRODUCE by TMS」についておうかがいしました。

Vol.1を読む Vol.2を読む

トムス・エンタテインメント
公式サイト

これだけ世界中で支持されているアニメを作る側がこんなに辛い環境でやっているなんて、夢がなさ過ぎる

竹崎社長:
営業部隊を強化して、”自分達で作ったアニメ作品を自分達で販売する会社基盤”ができたところで、階段を一つ上がったというか、ゲームで表現すればステージ1をクリアしてステージ2が始まったというか、見える景色も変わりましたね。前回も軽く話しましたが、映像商品としてアニメを販売できるなら、自社のみならず、他の制作会社が作ったアニメだって販売できるわけです。
トムス・エンタテインメント(以下、トムス)の場合は、“それいけ!アンパンマン”や“名探偵コナン”などの収益で支えられているから自社で大掛かりな営業部隊を作ることができましたが、これはこれで結構な維持費がかかります。だから、どの制作会社でも同じように営業部隊を持ち続ける余力があるわけではありません。それなら、トムスの営業部隊を活用してもらえばいいんじゃないかって。
もしも制作会社が何らかの営業権を持っているけど営業部隊がいないからそれを使えないなんてことがあるなら、トムスで代わりに営業をして、そこで生まれた利益は適正に納得できる形で分け合えばいいんじゃないかと。
さらにステップアップを目指したのが、プロデュース事業の立ち上げです。せっかく自ら営業できる体制を作ったのだから、他社が立ち上げてトムスに制作依頼が来た作品の営業窓口を担当させてほしいとお願いするだけじゃなく、自ら企画を立ち上げて、自ら作って、自ら売るということですね。これまでは第三者が企画した作品を制作していたのが、自分達が企画の中心になれるということです。そうすれば、お願いしなくても、自分達でビジネスしたい部分は確実に自分達でできますからね。

マイソン:
そうやってステップアップしていったのですね。

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビュー
1964年に株式会社東京ムービー設立、1976年に株式会社東京ムービー新社設立。1995年、株式会社キョクイチによる吸収合併を経て、2000年に今の株式会社トムス・エンタテインメントに改称。

竹崎社長:
ここまで来るとね…。さらに視野を拡げて、トムスが企画を立ち上げて他の制作会社に作品を制作してもらう可能性も出てくるんじゃないかと。最初のほうで話したとおり、制作会社ごとに作品のテイストや得意不得意があるから、この作品をトムスで作りたいと思っても社内制作には向いてないとか、それ以前に3年先まで仕事が埋まってて内製じゃ作れないとか。そういった状況があってね。でも、トムスが他の制作会社とタッグを組むなら、今まで制作会社として自分達がしんどかったのと同じ条件で制作をお願いするわけにはいかない。トムスが主幹で作品をプロデュースするということは、そのビジネスのすべての責任を持つと同時に、そのビジネススキームの設計も自分達でできるというメリットがあるわけで。
だから、制作側が大変なことをわかっている立場として、これまでの業界の構造を変えていこう、ビジネススキームを変えて、作った人にちゃんと収益が戻る構造にシフトチェンジしようというのが、うちのプロデュース事業の考え方なんです。こんな風に他の制作会社と一緒に作る取り組みを「UNLIMITED PRODUCE by TMS」って名付けたんですが、ここには「従来の枠組みにまったく囚われず、限界を設けずに新しいスキームにチャレンジしよう」という想いを込めました。

マイソン:
なるほど!作り手の気持ちがわかるプロデューサーということですね。

竹崎社長:
そうそう、作っている会社の立場とか苦しさを全部わかってますからね。もちろんプロジェクトが赤字なのに作り手にどんどんお支払いしようなんてことはできませんが、制作してもらった作品で利益が出たときに、しっかり利益を分配するとか、制作会社が作品のヒットの恩恵を当たり前に受けられるスキームを作っていけば、トムスと組めば自分達が頑張った時にフェアに報われるということになりますよね。そうなると、トムスと組んでみようかなって考えてもらえるんじゃないかと。
これはトムス単体を成長させるという単純な話ではありません。少なくとも今は、世界的に日本のアニメに注目が集まっていて、制作の依頼は山ほどあります。一方で、人手は足りていないし、作り手にも選ぶ権利がある。作り手にも一生懸命作った分がちゃんと返ってくる仕組みを作って、そのほうが良いとなったら、良い人材も集まるし、一層良い作品を作ろうというモチベーションにもなると思うんです。それを少しでもトムスが実現できたら、他の会社も「だったら、うちも」と追随して、業界全体的に作り手側に対する条件が良くなっていくような波及効果が生まれるかもしれないと考えたんです。

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビュー
現在の社屋外観。

最初は「作る側の気持ちがわかる」という程度のところから始まりますが、僕らが信念を持ってぶれずにこの追及を続けていけば、やがてこれが当たり前になって、新しい、作り手に対する気持ちがこもったシステムになりますよね。トムスが始めて他社がそれに追随して上手くいって、制作会社が優位になる方に傾き過ぎたら、やがては制作会社が過剰な要求をしてくるとか、これまたいろいろな問題が起きてくると思います。ただ、それはトータルでビジネスが成立する範囲の中で徐々に調整されていくはずです。例えば、制作会社が大きな制作費を要求したところでそれを回収できなかったら次はないという状況になるし、そのバランスは全体の中でとりあっていくしかありません。ビジネスは全部一緒だと思うんですけど、関わってるみんなが「自分が一番儲かりたい」と思うと実は上手くいかなくて、みんながそこで得た利益を適切にシェアすることができれば長続きするし、全体として成長もできると考えています。
アニメ産業の元々の状態って、最初に話したとおり成り立ちから掛け違っていて、それにはほど遠かったんです。だから、関わったみんなが利益を分け合える、バランスの取れた新しい産業構造に変化できるように少しでもトムスがきっかけを作れればいいなって思っています。

マイソン:
これからがすごく楽しみですね!

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.3

竹崎社長:
でも、58年の長い歴史において、最近の6年ほどの間に会社が急激に変化しているので、これを取り巻くすべての人が大手を上げて喜んでいるわけではないということも事実で。これは痛し痒しなんですけど(苦笑)。

マイソン:
ハハハハ、なるほど。辛いお立場ですが(笑)、こうして闘っていらっしゃるのをお聞きすると、同じエンタテインメント業界にいる身としては勇気が湧いてきます!

竹崎社長:
確かに振り返った過去は美しく見えるけど、時代も世界も刻一刻と変わっているんだし、自らが変わることで未来の可能性は拡がりますからね。

マイソン:
そのほうが夢がありますよね。

竹崎社長:
夢がある。だって、これだけ世界中で支持されているアニメを作る側がこんなに辛い環境でやっているなんて、夢がなさ過ぎます。良い作品を作って、その作品がどんなにヒットしても制作会社は経営が厳しいなんて、悲しすぎる(笑)。

マイソン:
ほんとに(笑)。そんな環境が変わっていくと良いですね。

2022年10月7日取材 PHOTO&TEXT by Myson

Vol.4を読む

トムス・エンタテインメント制作のアニメ

公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』

公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』
2022年12月2日(金)より2週間限定公開
東宝映像事業部
公式サイト

© BUICHI_TERASAWA/ART_TEKNIKA・TMS

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP