取材&インタビュー

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.3

  • follow us in feedly
  • RSS
公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』

本インタビューは4回の連載でお届けしています。前回Vol.2ではトムス・エンタテインメントが「自分達で作った作品を自分達で売る」ことができるように営業部隊を強化したお話がありました。今回Vol.3では、そこからさらに発展して、作品の企画から手掛けて全体をプロデュースする「UNLIMITED PRODUCE by TMS」についておうかがいしました。

Vol.1を読む Vol.2を読む

トムス・エンタテインメント
公式サイト

これだけ世界中で支持されているアニメを作る側がこんなに辛い環境でやっているなんて、夢がなさ過ぎる

竹崎社長:
営業部隊を強化して、”自分達で作ったアニメ作品を自分達で販売する会社基盤”ができたところで、階段を一つ上がったというか、ゲームで表現すればステージ1をクリアしてステージ2が始まったというか、見える景色も変わりましたね。前回も軽く話しましたが、映像商品としてアニメを販売できるなら、自社のみならず、他の制作会社が作ったアニメだって販売できるわけです。
トムス・エンタテインメント(以下、トムス)の場合は、“それいけ!アンパンマン”や“名探偵コナン”などの収益で支えられているから自社で大掛かりな営業部隊を作ることができましたが、これはこれで結構な維持費がかかります。だから、どの制作会社でも同じように営業部隊を持ち続ける余力があるわけではありません。それなら、トムスの営業部隊を活用してもらえばいいんじゃないかって。
もしも制作会社が何らかの営業権を持っているけど営業部隊がいないからそれを使えないなんてことがあるなら、トムスで代わりに営業をして、そこで生まれた利益は適正に納得できる形で分け合えばいいんじゃないかと。
さらにステップアップを目指したのが、プロデュース事業の立ち上げです。せっかく自ら営業できる体制を作ったのだから、他社が立ち上げてトムスに制作依頼が来た作品の営業窓口を担当させてほしいとお願いするだけじゃなく、自ら企画を立ち上げて、自ら作って、自ら売るということですね。これまでは第三者が企画した作品を制作していたのが、自分達が企画の中心になれるということです。そうすれば、お願いしなくても、自分達でビジネスしたい部分は確実に自分達でできますからね。

マイソン:
そうやってステップアップしていったのですね。

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビュー
1964年に株式会社東京ムービー設立、1976年に株式会社東京ムービー新社設立。1995年、株式会社キョクイチによる吸収合併を経て、2000年に今の株式会社トムス・エンタテインメントに改称。

竹崎社長:
ここまで来るとね…。さらに視野を拡げて、トムスが企画を立ち上げて他の制作会社に作品を制作してもらう可能性も出てくるんじゃないかと。最初のほうで話したとおり、制作会社ごとに作品のテイストや得意不得意があるから、この作品をトムスで作りたいと思っても社内制作には向いてないとか、それ以前に3年先まで仕事が埋まってて内製じゃ作れないとか。そういった状況があってね。でも、トムスが他の制作会社とタッグを組むなら、今まで制作会社として自分達がしんどかったのと同じ条件で制作をお願いするわけにはいかない。トムスが主幹で作品をプロデュースするということは、そのビジネスのすべての責任を持つと同時に、そのビジネススキームの設計も自分達でできるというメリットがあるわけで。
だから、制作側が大変なことをわかっている立場として、これまでの業界の構造を変えていこう、ビジネススキームを変えて、作った人にちゃんと収益が戻る構造にシフトチェンジしようというのが、うちのプロデュース事業の考え方なんです。こんな風に他の制作会社と一緒に作る取り組みを「UNLIMITED PRODUCE by TMS」って名付けたんですが、ここには「従来の枠組みにまったく囚われず、限界を設けずに新しいスキームにチャレンジしよう」という想いを込めました。

マイソン:
なるほど!作り手の気持ちがわかるプロデューサーということですね。

竹崎社長:
そうそう、作っている会社の立場とか苦しさを全部わかってますからね。もちろんプロジェクトが赤字なのに作り手にどんどんお支払いしようなんてことはできませんが、制作してもらった作品で利益が出たときに、しっかり利益を分配するとか、制作会社が作品のヒットの恩恵を当たり前に受けられるスキームを作っていけば、トムスと組めば自分達が頑張った時にフェアに報われるということになりますよね。そうなると、トムスと組んでみようかなって考えてもらえるんじゃないかと。
これはトムス単体を成長させるという単純な話ではありません。少なくとも今は、世界的に日本のアニメに注目が集まっていて、制作の依頼は山ほどあります。一方で、人手は足りていないし、作り手にも選ぶ権利がある。作り手にも一生懸命作った分がちゃんと返ってくる仕組みを作って、そのほうが良いとなったら、良い人材も集まるし、一層良い作品を作ろうというモチベーションにもなると思うんです。それを少しでもトムスが実現できたら、他の会社も「だったら、うちも」と追随して、業界全体的に作り手側に対する条件が良くなっていくような波及効果が生まれるかもしれないと考えたんです。

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビュー
現在の社屋外観。

最初は「作る側の気持ちがわかる」という程度のところから始まりますが、僕らが信念を持ってぶれずにこの追及を続けていけば、やがてこれが当たり前になって、新しい、作り手に対する気持ちがこもったシステムになりますよね。トムスが始めて他社がそれに追随して上手くいって、制作会社が優位になる方に傾き過ぎたら、やがては制作会社が過剰な要求をしてくるとか、これまたいろいろな問題が起きてくると思います。ただ、それはトータルでビジネスが成立する範囲の中で徐々に調整されていくはずです。例えば、制作会社が大きな制作費を要求したところでそれを回収できなかったら次はないという状況になるし、そのバランスは全体の中でとりあっていくしかありません。ビジネスは全部一緒だと思うんですけど、関わってるみんなが「自分が一番儲かりたい」と思うと実は上手くいかなくて、みんながそこで得た利益を適切にシェアすることができれば長続きするし、全体として成長もできると考えています。
アニメ産業の元々の状態って、最初に話したとおり成り立ちから掛け違っていて、それにはほど遠かったんです。だから、関わったみんなが利益を分け合える、バランスの取れた新しい産業構造に変化できるように少しでもトムスがきっかけを作れればいいなって思っています。

マイソン:
これからがすごく楽しみですね!

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.3

竹崎社長:
でも、58年の長い歴史において、最近の6年ほどの間に会社が急激に変化しているので、これを取り巻くすべての人が大手を上げて喜んでいるわけではないということも事実で。これは痛し痒しなんですけど(苦笑)。

マイソン:
ハハハハ、なるほど。辛いお立場ですが(笑)、こうして闘っていらっしゃるのをお聞きすると、同じエンタテインメント業界にいる身としては勇気が湧いてきます!

竹崎社長:
確かに振り返った過去は美しく見えるけど、時代も世界も刻一刻と変わっているんだし、自らが変わることで未来の可能性は拡がりますからね。

マイソン:
そのほうが夢がありますよね。

竹崎社長:
夢がある。だって、これだけ世界中で支持されているアニメを作る側がこんなに辛い環境でやっているなんて、夢がなさ過ぎます。良い作品を作って、その作品がどんなにヒットしても制作会社は経営が厳しいなんて、悲しすぎる(笑)。

マイソン:
ほんとに(笑)。そんな環境が変わっていくと良いですね。

2022年10月7日取材 PHOTO&TEXT by Myson

Vol.4を読む

トムス・エンタテインメント制作のアニメ

公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』

公開40周年記念 特別4K上映『スペースアドベンチャー コブラ』
2022年12月2日(金)より2週間限定公開
東宝映像事業部
公式サイト

© BUICHI_TERASAWA/ART_TEKNIKA・TMS

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP