取材&インタビュー

『裏ゾッキ』篠原利恵監督&伊藤主税プロデューサーインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『裏ゾッキ』篠原利恵監督&伊藤主税プロデューサーインタビュー

竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人がメガホンを取った映画『ゾッキ』の裏側を収めたドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』。今回は本作を撮った篠原利恵監督と伊藤主税プロデューサーにリモートでお話を伺いました。愛知県蒲郡市の方々の大きな協力体制も映し出されている本作で、印象に残っていることや、お二人にとって映画がどのような存在か聞いてみました。

<PROFILE>
篠原利恵(しのはら りえ):撮影、編集、監督
1987年生まれ、茨城県出身。早稲田大学を卒業後、一橋大学大学院で文化人類学を専攻。2013年にテレビマンユニオンに参加し、NHKやCX『ザ・ノンフィクション』などのテレビドキュメンタリーを多く手掛けている。2016年には、韓国のネット依存症治療に焦点を当てたドキュメンタリー『ドキュメンタリーWAVE/子どもたちのリアルを取り戻せ 韓国ネット依存治療最前線』を手掛け、ATP優秀新人賞を受賞した。その他にも元受刑者、選択的シングルマザー、時代遅れのロックンローラー、大相撲界などの取材を行っている。

伊藤主税(いとう ちから):プロデューサー
1978年生まれ、愛知県出身。10 年間の俳優活動を経て、現在は映画プロデューサーとして活動中。また、映画製作会社“(株)and pictures”を設立し、多くの作品のプロデュースを行っている。社名の「and pictures(=○○と映画)」には、“映画表現は自由”という意味が込められている。近年は、映画製作をきっかけとした地域活性化プロジェクトも推進し、俳優向けの演技ワークショップやプラットフォーム開発で映画産業の発展を目指している。今回の『ゾッキ』『裏ゾッキ』をはじめ、『Daughters』『青の帰り道』『デイアンドナイト』などで、プロデューサーとして名を連ねている。また、36人のクリエイターによる短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作する『MIRRORLIAR FILMS』も公開を控えている。

必要じゃないものを一生懸命やるからこそ人生が豊かになる

映画『裏ゾッキ』竹中直人/山田孝之/齊藤工

シャミ:
まず、伊藤プロデューサーへお伺いしたいのですが、今回『ゾッキ』だけでなく、『裏ゾッキ』としてドキュメンタリー制作に至った経緯を教えてください。

伊藤主税プロデューサー:
山田孝之さんを5年半追いかけた『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY 「No Pain, No Gain」』という作品があり、藤井道人監督の『デイアンドナイト』という作品をアップリンク渋谷で、交互上映したんです。『No Pain, No Gain』の内容の半分は、『デイアンドナイト』のドキュメンタリーにもなっていて、映画ができる経過と結果を一緒に届けるということが、お客さんに深く浸透するのを感じました。そうやって両方の作品を観るという、ローテーションのようになっていることを発見して、監督や他のプロデューサーとも相談して、『ゾッキ』だけでなく、ドキュメンタリーとして『裏ゾッキ』も撮ることが決まりました。そして、新進気鋭の篠原さんに監督をお願いして、今回の作品が生まれることになりました。

シャミ:
監督にお伺いしたいのですが、今回映画『ゾッキ』のドキュメンタリーとして、竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督を追っていて、同じように映画を撮る監督として何か影響を受けたことはありましたか?

映画『裏ゾッキ』竹中直人

篠原利恵監督:
まさに今ですね。『裏ゾッキ』で記録してきた監督達が悩み苦しんでいた姿の本当の意味を、今ひしひしと感じるんです。自分の子どものような作品を届けることの重みと嬉しさ、そして、コロナ禍という状況でどうやったらお客さんに観てもらえるんだろうという葛藤です。映画はまずお客さんに劇場に来てもらわないといけないので、そこが良いところでもありますが、今まさに大変なところでもあるので、今になって監督達の気持ちがよくわかります。

シャミ:
『裏ゾッキ』では、『ゾッキ』の舞台裏の出来事が映し出されていて、途中さまざまな困難にぶつかる場面もありましたが、1番印象に残っている出来事は何でしょうか?

篠原利恵監督:
撮影中の衝撃は『裏ゾッキ』劇中で表現したので、制作全体のことでいうと、撮影当初は、映画が街に来た蒲郡市の方々の喜びが映されていますが、その日々がコロナの影響で逆転してしまい、もう戻らない時間になってしまったことが個人的には1番衝撃でした。その映像の編集をしている時の体験は、今まで味わったことがない感覚でした。編集室の中で、もう戻らない日々を見ていて、「この日々は本当にかけがえのないものだったんだ」と突きつけられながらその映像に向き合うことがすごく特殊な時間でした。

伊藤主税プロデューサー:
僕が1番印象に残っているのは、小山さんという市役所のシティプロモーションの方がいるのですが、やっと蒲郡に映画を届けられることになって上映した時に、3人の監督からのメッセージ映像をまさかの凡ミスで本編上映の前に上映できなかった場面です。小山さんが「ダメだ、ダメだ。監督の大事な想いを届けられない」と、後援者が観に来てくれた人のことを心配しているという在り方が本当に素晴らしくて、新人俳優賞ものでした(笑)。

映画『裏ゾッキ』蒲郡市の皆さん

一同:
アハハハハ!

篠原利恵監督:
本当ですよね!でも、演じていないですよ(笑)。

伊藤主税プロデューサー:
ハハハハ!そうですね。あと、『ゾッキ』には、2年前からオファーをかけていたピエール瀧さんが出ることになっていたんです。そのクランクイン前日になって、いろいろな人が来ることが予想されるなか、地元の方々と一緒に港を封鎖して、撮影に集中できる環境を作ったシーンも印象に残っています。あそこまで徹底できるのが山田孝之監督のすごさかなと思いました。

シャミ:
なるほど〜。『ゾッキ』にピエール瀧さんが出演されていることは知っていましたが、『裏ゾッキ』を観て撮影裏の大変さを知ってとても驚きました。

篠原利恵監督:
ピエール瀧さんの復帰あたりから、罪を犯した方の作品の公開を延期したり、出演作を流さないということに対して、「なぜなのか?」「果たして良いことなのか?」という議論が出てきて、今やっと潮目にあると思うんです。ただ、当時は電気グルーヴの音楽も全部聴けなくなり、瀧さんの他の出演作は公開延期になったりと、確実に厳戒態勢で、現場も煩雑に臨まなければいけない状況でした。あの時は本当にシビれる状況でしたから。ただ、こういった現場の努力の積み重ねで世論が変わってきているんだと思います。

映画『裏ゾッキ』山田孝之

シャミ:
最近は世の中的にも、何か失敗した人にもチャンスがあるという風潮を感じますが、当時代役を立てずにピエール瀧さんをそのまま起用することについて、スタッフの方々の中でも何か話し合いがあったのでしょうか?

篠原利恵監督:
山田監督の強い思いがあったと思いますが、周りもそれに呼応するように良い俳優さんだから出ていただこうという、団結した空気を私は感じました。映画はテレビと違って観たい人が観に来るじゃないですか。瀧さんを起用していることを嫌だという人は、劇場にはそう多くいらっしゃらないと思うんです。だから、こちらが自信を持って出そうという空気を感じました。

伊藤主税プロデューサー:
プロデューサーサイドでも話し合いがありました。どんな人でもミスや失敗があると思いますし、例えば、借金を背負ってしまったり、事業に失敗したりと、いろいろな人がいますが、そのミスで人生が終わるわけではありませんよね。でも当時は罪を犯してしまった人が出ている作品は悪のように扱われてしまっていて、もちろん人それぞれの捉え方があると思うのですが、表面のニュースだけを見ての意見ではなく、どういう思いで作品を作っているのかを少しでも知ってもらうことで映画制作者や関わる方々が、何か新しい議論が生まれたら良いなと思いました。そのために『裏ゾッキ』があると思っています。

映画『裏ゾッキ』齊藤工

シャミ:
劇中「今、映画は必要か?」という問いが出てくる場面がありましたが、お二人にとって映画はどんな存在でしょうか?

篠原利恵監督:
山田監督が、「誰かにとって必要なものか、そうじゃないか。でも僕にとっては必要だ」とおっしゃっていたと思うのですが、私もその山田監督の意見にシンクロしています。本当に必要なものといえば、食べることと寝ることくらいじゃないですか。必要じゃないものを一生懸命やるからこそ人生が豊かなわけで、そうやって過ごしていくのが人生だと思うんです。だから、人が一生懸命になっているものを必要じゃない、不要不急じゃないからやめるべきだと言う世の中に異を唱えるつもりであのシーンを作りました。

伊藤主税プロデューサー:
実際のところ、映画がどんな存在なのか、まだまだよくわからないところも多いのですが、僕は映画の仕事をしているので、映画が生きるために必要だということが1つ言えます。また、僕の場合は地域と一緒に映画を撮ることが多いのですが、やはり映画をきっかけに街や人が繋がっていく力もあるなと感じています。

映画『裏ゾッキ』

シャミ:
ありがとうございます。あと、最近、映画作りを変えよう、映画業界を変えようという意志で動いている方が増えてきた印象があるのですが、今映画業界に足りないものがあるとしたら、何でしょうか?

伊藤主税プロデューサー:
まず、役割が分かれすぎていて、もうちょっと映画に関わるチーム全体で情報共有をして、目標に向かっていく体制を作れたら良いなと思います。そのためには、やはり皆に共有されてない情報が多すぎるので、もっとプロデューサー陣としても共有していきたいなと思います。それと、ビジネスという部分も含めて皆により還元できるものがあって、「自分達の企画だから宣伝するぞ」というチームワークや体制がきちんと取れたら良いなという思いがあります。あとは、地域や環境によって劇場公開することが難しいと思われている部分もあるので、発信できる場所を作ることによって、もっともっといろいろな人達が映画に関わって、才能ある人がどんどん生まれていくようになったら良いなと思います。

篠原利恵監督:
私は劇映画の世界に関しては、改善点がわからないのですが、ドキュメンタリー映画については、劇映画と比べると裾野が狭いのと、お客さんにとってとっつきにくいところがあって、嫌煙されてしまうところがあると感じています。だから、『裏ゾッキ』を観てもらうことで、「ドキュメンタリーっておもしろいな」と知ってもらい、ドキュメンタリー映画を劇場で観ることがもっと流行ったら良いなと思います。

映画『裏ゾッキ』竹中直人/山田孝之/齊藤工

シャミ:
ドキュメンタリーを観て学べることや感じることもすごくあるので、個人的にもすごく好きなのですが、篠原監督が思うドキュメンタリーのおもしろさや醍醐味はどんなところだと思いますか?

篠原利恵監督:
こういう世界や人生が自分にもあったかもしれないという体験をできることだと思います。『裏ゾッキ』を観ると、たくさんの人が出てくるので、「この人は、私みたい」という人がきっと見つかると思います。その上でさらに、現実には自分の予想を超える出来事が起きたりする。願ってもいないことも含めて起きてしまうので、醍醐味というのもはばかられますが、そういうものですよね。

シャミ:
では、伊藤プロデューサーにお伺いしたいのですが、映画製作を行っていくだけでなく、近年は地域活性化プロジェクトの推進も積極的に行っているようですが、そこに興味を持ったきっかけなどは何かあったのでしょうか?

伊藤主税プロデューサー:
僕自身、何か社会貢献をしたいと思うなかで、日本は東京にいろいろなものが集中しすぎています。日本にはいろいろな地域があるのに、多くの情報も行き届いていなくて、産業格差や経済格差もあって、伝統工芸の後継ぎ問題も深刻化したりでどんどん日本に日本らしさがなくなっている気がして、僕達が「日本って何だろう?」ってなるのは寂しいなと感じました。なので、それぞれの地域の解説人として、映画をきっかけ情報発信して、多くの人が日本やさまざまな地域を知るきっかけになったらと思いました。映画産業に関しては、やっぱり世に出ていない問題が多すぎて、例えば労働環境の問題やビジネス構造、情報の共有についてもそうですが、そういったものも皆で分かち合って映画を作り出すということをしていけば、もっと海外にも通用する作品を作っていけるきっかけになるかもしれないと思っています。なかなか上手くいくことではないですし、映画業界を変えようなんておこがましいことは思っていないのですが、新しい制作の取り組みにチャレンジできたらと思っています。

映画『裏ゾッキ』篠原利恵監督&伊藤主税プロデューサーインタビュー

シャミ:
最後にお二人がこれまでで1番影響を受けた作品、もしくは人物がいらっしゃったら教えてください。

篠原利恵監督:
私はエミール・クストリッツァの『アンダーグラウンド』という映画です。ユーゴスラヴィアの内戦がテーマですが、悲しみだけでなく生きる力に溢れている作品です。5時間ありますがずっとおもしろくて、それぞれのキャラクターが深く描かれているんです。音楽も最高で。今回の『裏ゾッキ』もかなり影響を受けています。

伊藤主税プロデューサー:
僕は『バスケットボール・ダイアリーズ』というレオナルド・ディカプリオ主演の作品で、まさにこの映画を観たことが、映画をやろうと思ったきっかけでした。バスケットボールをやっている少年達が麻薬にハマっていくという物語で、当時不良の友達がいたのですが、それをきっかけに若干更正したのを隣りで見ていて、映画ってすごいなと思いました。なので、この作品とレオナルド・ディカプリオの芝居を観て映画をやりたいと思いました。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年5月22日取材 TEXT by Shamy

映画『裏ゾッキ』竹中直人/山田孝之/齊藤工

『裏ゾッキ』
2021年5月14日より絶賛上映中
監督・撮影・編集:篠原利恵
出演:蒲郡市の皆さん/竹中直人/山田孝之/齊藤工
ナレーション:松井玲奈
配給:イオンエンターテイメント

竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人がメガホンを取り、漫画家の大橋裕之による短編集を実写化した映画『ゾッキ』の裏側を収めたドキュメンタリー。『ゾッキ』の制作が始まる2020年に、ひときわ喜んだのは、ロケ地である愛知県蒲郡市の人々だった。蒲郡市による全面バックアップのもと映画撮影は進んでいくが、数々のハプニングが起こり、さらに、ロケ終了後にはコロナウイルスの猛威にさらされ…。

公式サイト

©2020「裏ゾッキ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

映画『ハザードランプ』安田顕/山田裕貴 『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー 『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー

本作はインパクトのある設定から、おバカ映画、色物映画と見られかねないというところで、宣伝ではどういう風に伝えていけばよいか最初は手探りな部分もあったそうです(上田監督談)。今回は、そんな本作の背景や作品への思いについて、上田慎一郎監督と皆川暢二さんにお話を伺いました。

映画『無聲 The Silent Forest』 無聲 The Silent Forest

これはあまりにショックな内容で、こんなことが実際にあったなんて…

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世 コンフィデンスマンJP 英雄編

今回も見事に騙されました(笑)。それなりにどこから計画されているかは予想しながら観るのですが…

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  2. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  3. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  4. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  5. 映画『無聲 The Silent Forest』
  6. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  7. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
  8. 映画『三度目の、正直』川村りら
  9. 映画『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』ダン・スティーヴンス/マレン・エッゲルト
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ
PAGE TOP