特集

映画と人の研究4:映画鑑賞頻度と洋画・邦画好みの関係

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/バリー・コーガン

私個人の周りを見渡すと、洋画好きが多いのですが、洋画ファン、邦画ファンが分かれる背景にはどんな要因があるのでしょうか。今回は、「映画鑑賞頻度が高くなるほど、洋画を観ている確率が高い」という仮説をもとに、映画鑑賞頻度と洋画・邦画の好みの関係について分析を行いました。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

<手順>
アンケートの中で、「Q:ここ1年で、配信なども含めて全体として映画を観る頻度はどれに近いですか?」の問いに対して、下記の4択で答えていただきました。
年に1,2回
月に1、2回
週に1、2回
ほぼ毎日

「Q:あなたはどちらかというと、洋画ファン?邦画ファン?」の問いに対しては、下記の3択で答えていただきました。
洋画ファン
邦画ファン
どちらも同じくらい好き

上記の回答からそれぞれの項目に何人いるかを集計し、帰無仮説を「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がない」として、カイ二乗検定を行いました。下記に結果の表を掲載します。

※帰無仮説というのは、ざっくりかみ砕いていうと、否定したい仮説のことです。本当は「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がある」という仮説を証明したい場合、その反対の内容を帰無仮説として立てます。
※「観測値」はそれぞれの項目にいる実際の人数です。「期待値」はもし「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がない」ということが成立する場合にとると期待される値(ここでは人数)です。「調整済残差」は専門的過ぎるので説明を割愛します。

映画と人の研究4:映画鑑賞頻度と洋画・邦画好みの関係

表の左下に「.05<p<.10」とあるのは、有意確率が5%〜10%の間ということを示しています。統計学的にいうと、今回のような結果が偶然起こり得る確率が、5%から10%ということです。逆にいうと、90%から95%の確率で偶然ではないということになります。つまり「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がある」といえる確率はかなり高いということです。

単純にそれぞれの項目の「観測値」を見ていただくと、鑑賞頻度が「年に1,2回」から「ほぼ毎日」にかけて、洋画ファンと邦画ファンの割合に差が開いているのもわかりますね。

映画『レジェンド&バタフライ』綾瀬はるか
邦画の老舗、東映創立70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』より

どんなところに大きな違い=有意差(意味のある差)があったのかは黄色で塗りつぶしてあります。数値の横にアスタリスク「*」や「+」がついているところは、有意差(意味のある差)があるという意です。「**」が一番強く有意といえる、その次に「*」「+」と続きます。

映画鑑賞頻度「ほぼ毎日」グループの「邦画ファン」は期待値よりも観測値が低く、「調整済残差」の数値にアスタリスク「*」がついていて、この結果には意味があるということです。また、同じ「ほぼ毎日」グループの「洋画ファン」は期待値よりも観測値が高く、「調整済残差」の数値に「+」がついていて、弱いけれど有意ということを表しています。そして、「月に1、2回」の「邦画ファン」のところも、「調整済残差」の数値に「*」が1つ付いているので、有意ということです。

映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン
本年度の賞レースを賑わす洋画話題作『イニシェリン島の精霊』より

噛み砕いてまとめると、今回の結果からは、映画鑑賞頻度が高いほど、洋画ファンである傾向が強いといえます。

でも、「洋画ファンの映画鑑賞頻度が高い」のかもしれません。これは改めて研究すべきポイントですね。また、「映画鑑賞頻度が高いほど、洋画ファンである傾向が強い」としたら、その背景に何があるのかということも今度調べてみたいと思います。

皆さんもぜひ思い当たる節があったら、教えてください(笑)。

映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン

『イニシェリン島の精霊』
2023年1月27日より全国公開
PG-12
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

『レジェンド&バタフライ』
2023年1月27日より全国公開
PG-12
東映
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP