特集

映画鑑賞頻度と洋画・邦画好みの関係【映画研究】映画人心解剖4

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/バリー・コーガン

私個人の周りを見渡すと、洋画好きが多いのですが、洋画ファン、邦画ファンが分かれる背景にはどんな要因があるのでしょうか。今回は、「映画鑑賞頻度が高くなるほど、洋画を観ている確率が高い」という仮説をもとに、映画鑑賞頻度と洋画・邦画の好みの関係について分析を行いました。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

<方法>
アンケートの中で、「Q:ここ1年で、配信なども含めて全体として映画を観る頻度はどれに近いですか?」の問いに対して、下記の4択で答えていただきました。
年に1,2回
月に1、2回
週に1、2回
ほぼ毎日

「Q:あなたはどちらかというと、洋画ファン?邦画ファン?」の問いに対しては、下記の3択で答えていただきました。
洋画ファン
邦画ファン
どちらも同じくらい好き

上記の回答からそれぞれの項目に何人いるかを集計し、帰無仮説を「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がない」として、カイ二乗検定を行いました。下記に結果の表を掲載します。

※帰無仮説というのは、ざっくりかみ砕いていうと、否定したい仮説のことです。本当は「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がある」という仮説を証明したい場合、その反対の内容を帰無仮説として立てます。
※「観測値」はそれぞれの項目にいる実際の人数です。「期待値」はもし「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がない」ということが成立する場合にとると期待される値(ここでは人数)です。「調整済残差」は専門的過ぎるので説明を割愛します。
※JASPを使った分析。

映画と人の研究4:映画鑑賞頻度と洋画・邦画好みの関係

表の左下に「.05<p<.10」とあるのは、有意確率が5%〜10%の間ということを示しています。統計学的にいうと、今回のような結果が偶然起こり得る確率が、5%から10%ということです。逆にいうと、90%から95%の確率で偶然ではないということになります。つまり「映画鑑賞頻度の違いは、洋画・邦画の好みに関係がある」といえる確率はかなり高いということです。

単純にそれぞれの項目の「観測値」を見ていただくと、鑑賞頻度が「年に1,2回」から「ほぼ毎日」にかけて、洋画ファンと邦画ファンの割合に差が開いているのもわかりますね。

映画『レジェンド&バタフライ』綾瀬はるか
邦画の老舗、東映創立70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』より

どんなところに大きな違い=有意差(意味のある差)があったのかは黄色で塗りつぶしてあります。数値の横にアスタリスク「*」や「+」がついているところは、有意差(意味のある差)があるという意です。「**」が一番強く有意といえる、その次に「*」「+」と続きます。

映画鑑賞頻度「ほぼ毎日」グループの「邦画ファン」は期待値よりも観測値が低く、「調整済残差」の数値にアスタリスク「*」がついていて、この結果には意味があるということです。また、同じ「ほぼ毎日」グループの「洋画ファン」は期待値よりも観測値が高く、「調整済残差」の数値に「+」がついていて、弱いけれど有意ということを表しています。そして、「月に1、2回」の「邦画ファン」のところも、「調整済残差」の数値に「*」が1つ付いているので、有意ということです。

映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン
本年度の賞レースを賑わす洋画話題作『イニシェリン島の精霊』より

噛み砕いてまとめると、今回の結果からは、映画鑑賞頻度が高いほど、洋画ファンである傾向が強いといえます。

でも、「洋画ファンの映画鑑賞頻度が高い」のかもしれません。これは改めて研究すべきポイントですね。また、「映画鑑賞頻度が高いほど、洋画ファンである傾向が強い」としたら、その背景に何があるのかということも今度調べてみたいと思います。

皆さんもぜひ思い当たる節があったら、教えてください(笑)。

映画『イニシェリン島の精霊』コリン・ファレル/ブレンダン・グリーソン

『イニシェリン島の精霊』
2023年1月27日より全国公開
PG-12
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

『レジェンド&バタフライ』
2023年1月27日より全国公開
PG-12
東映
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP