特集

洋画ファンor邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」【映画研究】映画人心解剖5

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ノック 終末の訪問者』デイヴ・バウティスタ/ニキ・アムカ=バード/ルパート・グリント

洋画ファン、邦画ファン、両方のファンで、作品の選び方に違いはあるのでしょうか。今回は、洋画を選ぶ際、「自分が好きな監督が手掛けているか」もしくは「一般的に人気の監督が手掛けているか」をどの程度参考にするかを比較しました。説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、1番下の「まとめ」をご覧ください。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

まず、上のTable1からざっくりとわかることは、年齢が上がるにつれて、「洋画ファン」もしくは「どちらも同じくらい好き」の割合が増えていることです。つまり年齢層が高いほうが「洋画を好む」「洋画も好む」人が多いことがわかります。この背景には、子どもの頃や思春期の頃に洋画のほうが流行っていた、映画をたくさん観るうちに海外の作品にも目が向くようになった…等、さまざまな要因がありそうです。この要因については今回のアンケートでは触れていないため、また別の機会に調査、分析してみたいと思います。

次に「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」「邦画ファン」は、観る洋画を選ぶ際に、誰が監督を務めているかをどの程度参考にするのでしょうか。参考にする対象を「自分が好きな監督が手掛けているか」「一般的に人気の監督が手掛けているか」という指標で設定し比較しました。

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、5択で答えていただきました。

Q:観る洋画を選ぶ際に、自分が好きな監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?
Q:観る洋画を選ぶ際に、一般的に人気の監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?

0:まったく参考にしない
1:あまり参考にしない
2:どちらともいえない
3:まあまあ参考にする
4:とても参考にする

上記の平均値をもとに、2要因分散分析(混合計画)を行いました。Figure1から交互作用が見られたので、単純主効果検定を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※「自分が好きな監督が手掛けているかどうか」→「自分が好きな監督」、「一般的に人気の監督が手掛けているかどうか」→「人気監督」と略します。
※JASPを使った分析。

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」
映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

※Figure1は、Table2を折れ線グラフにしたものです。

始めに、洋画を好む度合いについて、「洋画ファン」>「どちらも同じくらい好き」>「邦画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。

Table2を見てみると、洋画ファンが「自分が好きな監督」を参考にする度合いが1番高いことがわかります。次に「どちらも同じくらい好き」「邦画ファン」と続きます。つまり、3つのグループの中で洋画を好むほど、「自分が好きな監督」を参考にするということがいえます。洋画ファンだからこそ、洋画を選ぶ際に「自分が好きな監督」を参考にする度合いが高いことは想像の通りですね。

一方、「人気の監督」を参考にする度合いは、高いほうから「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」「邦画ファン」の順に並んでいます。Figure1を見ると、「邦画ファン」のみ「一般的に人気の監督か」を参考にする度合いがやや高くなっています。ただし、「人気の監督」と「自分が好きな監督」を参考にする度合いの差はわずかで、両方の平均が2以下という点からも、「邦画ファン」が洋画を選ぶ際は、誰が監督を務めているかはそれほど参考にしていないと考えられます。

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

Table3の上側にある結果は、同一人物で「自分が好きな監督」または「人気の監督」を参考にする平均値を比較した分散分析の結果です。1行目は、RM Factor1=「自分が好きな監督」「人気の監督」のみの主効果を分析した結果です。2行目は、前述のRM Factor1と、「洋画ファンor邦画ファンか」という2つの要因について交互作用(2つ揃って初めて効果を及ぼす作用)を分析した結果です。
1行目も2行目もp(有意確率)は「<.001」となっており、有意水準0.05(=5%)以下なので、この平均値の差には意味があるということになります。ただし、両方効果量がかなり小さいので、効果はわずかであることを意味します。

Table3の下側は、3つのグループ「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」「邦画ファン」の平均値(被験者間)を比較した分散分析の結果です。こちらもp(有意確率)は「<.001」となっており、有意水準0.05(=5%)以下なので、この平均値の差には意味があるということになります。とはいえ、効果量は0.031と小さく、効果はわずかであることが示唆されています。

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」
映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

交互作用を示したため、さらに単純主効果検定を行った結果としてTable4と5を載せています。以上から読み取れた結果を下記に簡単にまとめます。

まとめ

  • 年齢層が高いほうが「洋画を好む」「洋画も好む」人が多い
  • 洋画を好む人ほど、洋画を選ぶ際に「自分が好きな監督」をより参考にする。
  • 「邦画ファン」が洋画を選ぶ際は、「人気の監督」のほうを参考にする度合いがやや高いものの、誰が監督を務めているかはそれほど参考にしていない。

次回は、邦画を選ぶ際の「監督編」を分析します。続いて「俳優編」でも同じ比較を行います。また「自分が好きな」は主観的指標、「一般的に人気」は客観的指標という解釈もできるので、全項目を分析した後にその視点でも考察してみたいと思います。


有名&人気監督作

映画『ノック 終末の訪問者』デイヴ・バウティスタ

『ノック 終末の訪問者』
2023年4月7日より全国公開中
M.ナイト・シャマラン監督作
東宝東和
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ノートルダム 炎の大聖堂』

『ノートルダム 炎の大聖堂』
2023年4月7日より全国公開中
ジャン=ジャック・アノー監督作
STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ダークグラス』イレニア・パストレッリ

『ダークグラス』
2023年4月7日より全国順次公開中
PG-12
ダリオ・アルジェント監督作
ロングライド
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 PATHÉ FILMS ‒ TF1 FILMS PRODUCTION – WILDSIDE ‒ REPÉRAGE ‒ VENDÔME PRODUCTION
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
© 2023 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
Copyright 2021 © URANIA PICTURES S.R.L. e GETAWAY FILMS S.A.S.

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP