特集

洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「監督編」【映画研究】映画人心解剖6

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華

前回は、洋画を選ぶ際の基準「監督編」でした。今回は、邦画を選ぶ際の基準の違い「監督編」です。邦画を選ぶ際、「自分が好きな監督が手掛けているか」もしくは「一般的に人気の監督が手掛けているか」をどの程度参考にするかを比較しました。

※説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、1番下の「まとめ」をご覧ください。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

上記のグラフは前回と同じものを載せておきます。下記からが今回の分析です。

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、5択で答えていただきました。

Q:観る邦画を選ぶ際に、自分が好きな監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?
Q:観る邦画を選ぶ際に、一般的に人気の監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?

0:まったく参考にしない
1:あまり参考にしない
2:どちらともいえない
3:まあまあ参考にする
4:とても参考にする

上記の平均値をもとに、2要因分散分析(混合計画)を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※Figure2は、Table6を折れ線グラフにしたものです。
※Table6、7は、統計的(確率論的)に意味のある差、つまりこのデータに限り偶然的に出た差ではなく、統計上、一般化しても同じことがいえるかどうかを検定した結果です。
※「自分が好きな監督が手掛けているかどうか」→「好きな監督」、「一般的に人気の監督が手掛けているかどうか」→「人気監督」と略します。
※JASPを使った分析。

邦画を好む度合いについて、「邦画ファン」>「どちらも同じくらい好き」>「洋画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。

映画と人の研究6:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「監督編」
映画と人の研究6:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「監督編」

Table6は、上記の5択で付けたポイントの平均値と標準偏差です。これを折れ線グラフにしたのが、Figure2です。「好きな監督」「人気監督」を参考にする度合いは、いずれも高いほうから「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」となっています。これは邦画好む度合いと同じ並びで、邦画好む度合いが高いほど、誰が監督を務めているかを参考にしているといえます。
Table7と8をご覧ください。「有意=この結果に意味がある、偶然ではない」と出たところを赤字にしています。今回は交互作用(2つの要因が組み合わさって初めて表れる効果)は出ていません。

映画と人の研究6:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「監督編」

次に、前回ご紹介した、洋画を選ぶ際のグラフ(下記)と比較してみましょう。

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

パターンの違いが少し見えます。洋画ファンが洋画を選ぶ際、「好きな監督」を参考にする度合いについては「どちらも同じくらい好き」「邦画ファン」と比べて1番高いものの、「人気監督」を参考にする度合いは低めで、「どちらも同じくらい好き」「邦画ファン」とそれほど差はありませんでした。それに比べると、邦画ファンが邦画を選ぶ際は、「好きな監督」「人気監督」を参考にする度合いともに「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」より高くなっています。

邦画が好きだから、邦画を選ぶ際は他のグループよりも監督を参考にする度合いが高いのは、想像に難くありません。ただ、洋画ファンに関しては、洋画を選ぶ際と邦画を選ぶ際で、誰が監督を務めているかを参考にする度合いは、傾向が異なるようです。

まとめ

  • 邦画を選ぶ際、「邦画ファン」は「好きな監督」「人気監督」ともに参考にする度合いが1番高い。次に「どちらも同じくらい好き」「洋画ファン」と続く。
  • 「好きな監督」を参考にする度合いと、「人気監督」を参考にする度合いの違いには、統計的に意味がある。
  • 「邦画ファン」「洋画ファン」「どちらも同じくらい好き」それぞれの参考度の違いには、統計的に意味がある。
  • 洋画を選ぶ際と邦画を選ぶ際で、「好きな監督」「人気監督」について参考の仕方には違いがある可能性がある(別の分析にて検証が必要)。

ちょっと、傾向の違いが見えてきて、おもしろくなってきましたね!次回は、洋画を選ぶ際、邦画を選ぶ際で、「好きな監督」「人気の監督」を参考にする度合いの違いには、有意差があるか?」について分析、考察します。

有名&人気監督作

映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華/一ノ瀬ワタル/奥平大兼/作間龍斗/西田尚美/木野花/中村獅童/古田新太

『ヴィレッジ』
2023年4月21日より全国公開中
PG-12
藤井道人監督作
KADOKAWA、スターサンズ
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『せかいのおきく』黒木華/寛一郎/池松壮亮

『せかいのおきく』
2023年4月28日より全国公開
阪本順治監督作
東京テアトル、U-NEXT、リトルモア
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2023「ヴィレッジ」製作委員会
© 2023 FANTASIA

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP