NEWS

クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻

『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』のデヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日(現地時間9月18日)、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、会場には、太陽のシンボルをあしらったグリーンカーペットが敷かれました。そして、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。さらに、本作のエンドソングとエグゼクティブ・プロデューサーを務めたラッパーのドレイクも登場し、会場は大盛り上がりとなりました。

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロ他

白いレースのドレス姿で登場したマーゴット・ロビーは、「素晴らしいキャストで、私はとても幸運に恵まれていると思います。私がずっと共演したいと思ってきた俳優さん達を網羅したリストそのもので、それがこの映画で1つの作品として実現したのは、あり得ないぐらい嬉しいことでした!」とコメント。ジョン・デヴィッド・ワシントンは、「この映画のテーマは愛であり、交友すること、友情を持つこと。そして、そういったことがどの時代に生きても、とても大切なことなんだということです。人間同士の繋がりはとても強力なものだということです」と本作の深いテーマについて語りました。

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、マーゴット・ロビー、ラミ・マレック、アンドレア・ライズボロー

ラミ・マレックは「とても大変な仕事だったが、それと同時に素晴らしいスタッフと毎日を共にできるというのは神様からの贈り物のような時間でもあった」と撮影を振り返り、「私はこの映画を希望に満ちた映画だと思っています」と話しました。

ラッセル監督の作品に4度目の出演となる名優ロバート・デ・ニーロは、「ラッセル監督は特別な監督で、彼が僕に出演して欲しいと思う時は、可能ならいつだって出演したい思えるんだ。彼が監督する作品は、どれも特別なものになるからね」と明かし、「歴史は繰り返している。今、正に世界はこの映画と同じ状況になっている」と本作のメッセージについても語りました。

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、ロバート・デ・ニーロ

そして、ラッセル監督は「この映画は、私とクリスチャン・ベールで5年の歳月をかけて作り上げてきました。そこにマーゴットやジョンなど素晴らしいキャストが加わってくれた。陰謀と殺人の物語ではありますが、その対極にある愛と友情、そしてロマンスの物語でもあります」とコメント。続いて「これまで手掛けてきた過去の作品はすべてアウトサイダーを描く映画や、厳しい状況に立たされながらも瞳には煌めきを宿した人達を描く映画になっている」と話し、本作で描かれる3人の親友の絆について、「人生を愛している気持ちがあれば、人は友人を大切に思い、互いに忠実であり、さまざまな試練の中にも何か素敵な魔法を見出すことができるのです」と語りました。最後に会場に集まった観客に向けて、「この夢を現実にしてくれた、一人ひとりに私は感謝の気持ちでいっぱいです。楽しい映画ですから、ぜひ楽しんでください」と感謝を伝え、プレミアは大盛況のうちに幕を閉じました。

デヴィッド・O・ラッセル監督最新作ということで、お馴染みのキャストから新しい面々が共演し、本作ではどんな物語が描かれるのか楽しみですね。“世界の歴史を変えてしまう衝撃的な陰謀”とは果たして何なのか?物語はどんな結末を迎えるのか?ぜひ劇場に足を運んでご覧ください。本作は10月28日より全国公開!

映画『アムステルダム』クリスチャン・ベール/マーゴット・ロビー/ジョン・デヴィッド・ワシントン

『アムステルダム』
2022年10月28日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP