NEWS

フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズら豪華キャスト集結!『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールトプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、フローレンス・ピュー/ハリー・スタイルズ/オリビア・ワイルド/ジェンマ・チャン/クリス・パイン

オリビア・ワイルドの長編監督2作目、『ミッドサマー』のフローレンス・ピュー主演のユートピアスリラー『ドント・ウォーリー・ダーリン』が、2022年11月11日より全国公開となります。先日(日本時間9月6日)、第79回ヴェネチア国際映画祭にて本作のワールドプレミアが開催されました!本作は、同映画祭のアウト・オブ・コンペティションに招待され、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ、ジェンマ・チャン、クリス・パインら豪華キャストと監督のオリビア・ワイルドがレッドカーペットに華やかに登場しました。

オリビア・ワイルド監督はイエローのドレスに身を包み華やかな姿で登場!

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、オリビア・ワイルド

主人公のアリスを演じたフローレンス・ピューはブラックのシックなドレスに身を包みスパンコールをあしらったドレスで観客を魅了しました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、フローレンス・ピュー

アリスの夫のジャックを演じたハリー・スタイルズはフォーマルなブルーのスーツ姿で現れました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、ハリー・スタイルズ

本作のお披露目の場となった会場は超満員となり、上映後は約5分間のスタンディングオベーションが起こりました。また、上映前には記者に向けた会見が行われ、監督のオリビア・ワイルド、ハリー・スタイルズ、クリス・パイン、ジェンマ・チャンが出席しました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、フローレンス・ピュー/ハリー・スタイルズ/オリビア・ワイルド/ジェンマ・チャン/クリス・パイン他

まずオリビア・ワイルド監督は、本作の世界観について、前作からタッグを組んでいる脚本家のケイティ・シルバーマンと一緒に組み立てたと話しながら、「この作品はノスタルジアへの危険性に触れている作品。すべてメタファーとして描いていて、美しくも邪悪であるという両輪が存在し、意図的にそういう街にしています。さらに、女性達に対するメッセージも含めており、自分を自分でコントロールできるかについて言及したくて、その想いが大きなモチベーションにも繋がって作品を作りました」とコメントしました。そして、会見への出席が叶わなかった主演のフローレンス・ピューについて、監督は「フローレンスは本当に力強い、素晴らしい俳優。今夜、彼女の素晴らしい演技を祝福できることが本当に嬉しいです」と賛辞を送りました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、フローレンス・ピュー

ハリー・スタイルズは、本作での演技について「自分が生きている世界から遠い世界で演じることができました。何も欠けていない完璧な世界で、カッコ良い車に乗ったり、カッコ良いものを持ったりするのとても楽しいことでした。それはこの映画の世界観を細部まで作り込んでくれたので、最後までリアルな演技をすることができたと思います。そういう意味ではお芝居をしている意識はなく、皆さんが作ってくれた世界に救われました」と話しました。続いて、音楽と俳優業の違いついて聞かれると、「いろんな意味で音楽と俳優業は対局にあります。音楽を作るのはパーソナルで個人的な作業に対し、芝居は自分ではない誰かを演じるので、違う角度から探究ができます。次に何が起きるかわからない、未知の楽しさがあります」と語りました。そして、自身のファンに対して「身の回りで支えてくれた人がたくさんいるおかげで、素の自分で活動ができていて、自分が表現したいことができています。すべては支えてくれたファンのおかげ。僕のようにありのままの自分で生きていける場所を皆さんに提供することで、ファンの方へ恩返しをしたい!」と感謝を述べました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、ハリー・スタイルズ

さらに、アリス達が住む完璧な街を仕切る謎多き人物、フランクを演じたクリス・パインは自身の役について「フランクを演じる上で意識したのは言葉遣い。指導者は言葉を武器にするので、オリビアやケイティと話し合いながら彼がどういう言葉を発するかを意識していました」とコメントを寄せました。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』ワールドプレミア、ジェンマ・チャン/クリス・パイン

予想できない展開で観るものを惹きつけ、恐怖と欲望が入り乱れるユートピアスリラーという新しい世界観を描く本作。今回のキャストや監督のコメントを読んでいると、本作への期待がますます高まりますね!日本公開を楽しみに待ちましょう。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』フローレンス・ピュー/ハリー・スタイルズ

『ドント・ウォーリー・ダーリン』
2022年11月11日より全国公開
PG-12
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP