心理学

心理学から観る映画10-2:見えるってどういうこと?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー

前回は聴覚について取り上げましたが、今回は視覚にまつわるお話です。私達の目が見える構造はとても複雑で、光感覚、色感覚、視力、見えたものが何であるかを認識する力など、いろいろな条件が揃った上で“見る”という機能が成り立っています。視覚については、いろいろな視点で研究されていますが、今回はその一部をご紹介します。

目に映るだけでは“見えていない”

ものを見る上で脳の働きが関わっているのは当然ですが、私達の身体には、「言われてみると、それってスゴい」と思う機能がたくさん備わっています。例えば、色感覚で考えると、私達は赤いりんごを見て、当たり前のように「これは赤です」と言いますが、赤は赤でもいろいろあります。それでもいろいろな“赤”を赤系統でカテゴリー化できるし、だんだん黄色が混ざってきてオレンジになると、赤ではなくオレンジだと認識できます。

また、英語の小文字のエル、数字のイチは、タテ棒1本で表せますが、それが「エル」なのか「イチ」なのか、私達は文脈で判別できます。

これら以外にも私達にはさまざまな知覚が備わっていて、さらに経験も作用して、見るということができていますが、逆に生まれてから一度も見えていない人(生まれつきもしくは赤ちゃんの頃に失明した人)が開眼手術を受けた場合、すぐに“見える”のでしょうか。

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー

渡辺ほか(2009)では、「先天性の盲人は主に触覚によって事物の大きさ、形、距離などの空間的知覚を行っている。(中略)手術前には“触れる”ことによって区別できた事物も、手術後ただちに“見る”ことによっては区別できない」として、私達の見るという行動には、学習(訓練)が必要なことを示唆しています。

そして、鹿取ほか(2015)では、明暗の知覚のみある人、明暗の知覚と色覚がある人、明暗の知覚と色覚の他に形の知覚もある人が、開眼手術を行った場合の例を挙げ、手術直後の視覚体験報告を掲載しています。まず明暗だけがわかる人は、術後6日後に眼帯を取った時、明るさはわかるけど、色はわからなかったと言い、色名は1つも答えられませんでした。明暗の知覚と色覚がある人の場合は、手術直後は「キイロがとても鮮明で、印象的だった」と答え、4ヶ月後に白台紙に黒色の面図系(1辺3.6mの正方形)を1つ貼ったものを初めて見せると、「形はわからない。どこにあるのか、その位置はわかる。色はアオ…でも薄い、もやもやしている」と答えました。明暗の知覚と色覚の他に形の知覚もある人は、「手術の後、色がはっきりし、シロやキイロなら10cmぐらい離れてもわかる。(そばの机に関しては)今は眼で何かあるころはわかるが、机とまではわからない。でも手術前はあることさえも、眼ではわからなかった」と報告されています。もともとの保有視覚の違いによって、開眼手術直後にどんな状況で“見える”のかは異なるんですね。

開眼後の知覚学習の過程について、鹿取ほか(2015)は、漸進的であり、色が優位となる時期に始まり、図系の各部分に注意を向ける時期を経て、やがて一目でほぼ同時に1つの全体として形を把握できる段階に到達するとしています。

目に情報が飛び込んでくるだけでは見えておらず、それが何か認知してはじめて“見えている”と言えるわけですね。そう考えると、盲目の主人公が登場する映画も少し見方が変わってくるかも知れません。

映画『かごの中の瞳』ブレイク・ライヴリー/ジェイソン・クラーク

例えば、映画『かごの中の瞳』は子どもの頃に事故で失明した主人公が、大人になり角膜移植をして片目の視力を取り戻します。彼女の眼が“徐々に見えてくる”過程の中で、姿を“見たことがなかった”夫に対して、彼女はどう反応していくのか。相手が物体ではなく、人であるだけに、見えてしまうことが及ぼす影響の大きさを感じます。

逆に『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』の場合はどうでしょうか。本作の主人公は盲目の振りをしています。見える、見えないという中でも多くの違いがあることを考えると、見えない振りも相当難しいと言えるのではないでしょうか。

“見える”力は本当に奥が深いですが、同時に私達の目には映っているのに見えていないことがあったり、見えていないはずのものが見えることがあるのも納得がいきます。そんなことを考えながら映画を観てみると、また違ったおもしろさが見つかるかも知れません。

<参考・引用文献>
鹿取廣人・渡邊正孝・鳥居修晃ほか(2015)「心理学 第5版」東京大学出版会
渡辺浪二・角山剛・三星宗雄・小西啓史(2009)「心理学入門」おうふう

『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』
2020年5月8日ブルーレイ&DVDレンタル開始・発売

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

盲目のピアニストのふりをしている主人公。見えていたら思わず反応してしまうであろう場面でも、見えない演技の徹底ぶりがスゴいです。

盲目のメロディ ~インド式殺人狂騒曲~ [Blu-ray]

©Viacom 18 Motion Pictures ©Eros international all rights reserved

『かごの中の瞳』
R-15+
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

妻の目が見えるようになることで、夫婦関係がどんどん危うい展開に…。妻の回復具合がどこまでリアルなのかにも注目して観てください。

かごの中の瞳(字幕版)

© 2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP