心理学

心理学から観る映画13:芸術活動が人間の心に及ぼす効果とは?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生

この世の中に、心の病や問題は無数にありますが、心理療法と呼ばれるものもたくさんあります。その中で今回は、芸術療法についてご紹介します。

自我を守るための無意識的な心の働き、防衛機制

人はさまざまな欲求を持って生きていますが、いつもそれを満たすことができるとは限りません。また欲求そのものや、欲求不満が問題行動に繋がってしまうことも考えられますが、こういう場合に人間は無意識に適応的な行動を取ろうとします。それを適応の機制と言い、適応の機制は、その時抱える障害に対して、攻撃、逃避、防衛機制という形で表れます。

でも多くの場合、人は攻撃や逃避とは異なる方法で問題を解消し、もとの目標に少しでも近づいていこうとします。“無意識”という概念を生み出した精神分析学の創始者ジークムント・フロイトの娘、アンナ・フロイトは10種類の防衛機制《退行/抑圧/反動形成/隔離/打ち消し/投影/取り入れ/自己への反転/逆転/昇華・置き換え》を取り上げています(丹野ほか 2015)。

この中の“昇華・置き換え”は、渡辺ほか(2009)によると、「抑圧された欲求や感情が、本来の対象とは別の代理的な対象に置き換えられる。置き換えられる対象は人に限らず、事物である場合もある。芸術やスポーツなどの社会的に容認された行動に置き換えられる場合を昇華とよぶ」と定義されています。

もちろん全部が全部そうではありませんが、芸術作品の中にはエロチシズムを表現したものや、暴力的な描写などがありますが、抑圧された心理が昇華された形と言えるものもあるでしょう。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』の中でゴッホは、徐々に心を病んでいきますが、彼自身病気であるからこそ絵が描けるのだと語るシーンがあります。彼の場合、誰かに言われて絵を描くという療法を行っているわけではありませんが、自然に芸術へと心が傾倒していき、絵を描くことによって精神を保っていたのだと考えられます。では、芸術療法はどんな効果があるのでしょうか。

中島ほか(1999)による芸術療法の定義は、「さまざまな芸術作品を創造する活動に従事することを通じて、心身の健康を回復することを目的とする心理的治療全般のこと」となっており、絵画療法、音楽療法、詩歌療法、箱庭療法、コラージュ療法(貼り絵)、舞踏療法などが挙げられています。またその効果は、①言語的、論理的にでなく、イメージによって自己の内面を表現することにより内的葛藤が解放されることによるカタルシス効果(浄化)、②芸術作品が“投影法”心理検査的な働きを持つことにより“無意識”が明らかになり、治療の手がかりが得られる効果、③芸術の創造活動が“リハビリテーション”として効果を発揮することで、機能不全を起こしていた心身の機能が回復する効果などにまとめられるとしています。ただ、芸術療法は実践のなかから効果が評価されてきているものの、具体的にどの効果がどのような変数によってどれだけの効果を生んでいるのかまではまだ十分に明らかにされていないようです。

映画『ホドロフスキーのサイコマジック』アレハンドロ・ホドロフスキー

療法としては、科学的根拠がさらに出てくることを期待しますが、私達の日常の中で、昇華の一つの方法として芸術は大きな役割を果たしていると言えるでしょう。また“昇華”の形として作られたものでなくても、人の心を映し出しているという意味では、芸術は人間を知る一つの術にもなります。絵、音楽、映画…とさまざまな芸術がありますが、作り手の心情を想像しながら観てみるといろいろと解釈も広がりそうですね。

<参考・引用文献>
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣
渡辺浪二・角山剛・三星宗雄・小西啓史(2009)「心理学入門」おうふう
中島義明・安藤清志・子安増生・坂野雄二・繁枡算男・立花政夫・箱田裕司(1999)「心理学辞典」有斐閣

『永遠の門 ゴッホの見た未来』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
2020年6月3日DVDレンタル開始&発売

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

本作では、ゴッホの孤独感と苦悩が描かれると共に、彼には世界がどんな風に見えていたのかが、絵に表れているのがわかります。彼にとって絵を描くことは生きるための命綱であることを映し出しています。

永遠の門 ゴッホの見た未来(字幕版)

© Walk Home Productions LLC 2018

『草間彌生∞INFINITY』
2020年7月1日デジタル配信先行開始
2020年8月5日ブルーレイ&DVD発売

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

日本を代表する芸術家、草間彌生の壮絶な人生を追ったドキュメンタリー。一見とてもパワフルな彼女が、精神的な病で苦しんでいることも明かされ、彼女の生み出す芸術が訴えているメッセージを観る者に想像させてくれます。

【Amazon.co.jp限定】草間彌生∞INFINITYBlu-ray

Theatrical one-sheet for KUSAMA – INFINITY, a Magnolia Pictures release. Photo courtesy of Magnolia Pictures.
Portrait of Yayoi Kusama in her studio. Image © Yayoi Kusama. Courtesy of David Zwirner, New York; Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London; YAYOI KUSAMA Inc.
SONG OF A MANHATTAN SUICIDE ADDICT, 2010-present. Image © Yayoi Kusama. Courtesy David Zwirner, New York; Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London/Venice; YAYOI KUSAMA Inc.
Yayoi Kusama, Infinity Mirrored Room-Love Forever, 1966/1994. Installation view, YAYOI KUSAMA, Le Consortium, Dijon, France, 2000. Image © Yayoi Kusama. Courtesy of David Zwirner, NewYork; Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London; YAYOI KUSAMA Inc.

映画『ホドロフスキーのサイコマジック』アレハンドロ・ホドロフスキー

『ホドロフスキーのサイコマジック』
2020年6月12日より全国順次公開

内容は、アレハンドロ・ホドロスキー監督のこれまでの作品がいかに“サイコマジック”であったかを解き明かすというもの。ホドロフスキーが考案した心理療法“サイコマジック”は、科学的根拠に基づくものではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピー。その効果はいかに。

©SATORI FILMS FRANCE 2019 ©Pascal Montandon-Jodorowsky

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP