特集

映画で“食”について考えてみよう1:日本の食卓の問題6つの“こ食”

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香/浜野謙太/草刈正雄

普段私達の生活において必要不可欠な“食”。現代の日本では、本当にたくさんの美味しい食べ物があり、食を楽しむ機会が多くあります。映画にもさまざまな食事のシーンがあり、観るたびに「美味しそうだな」「何を食べているんだろう?」と気にかける方も多いのではないでしょうか?今回は日本の食の歴史を振り返りつつ、現代社会が抱える食の問題について考えていきたいと思います。

日本の食の歴史と栄養バランスの変化

日本の食は、戦後の貧食の時代から高度経済成長を経て、さまざまなインスタント食品、レトルト食品、冷凍食品が登場し、そして、ファストフードやファミリーレストランが誕生したことで、飽食の時代へと変化していきました。同時に、輸入の自由化が進んだことで、海外の食材を手軽に手に入れることができるようになり、食の欧米化が進むなど、日本の食は大きく変化しました。また、パンやパスタなど、小麦粉を使った食品の消費も増えたことで、日本人の主食である米の消費量も減ってしまいました。
このことは、食事による栄養バランスの変化にも大きく関係しています。1960年代頃に一般的だった、ご飯、味噌汁、主菜、副菜、副々菜という“一汁三菜”メニューでは、炭水化物が多くなっていました。1970年代頃には肉などが食卓に上がる機会が増え、少しずつ欧米風のメニューが登場するようになりますが、まだ昔ながらの日本の食事内容も受け継がれていたため、この頃が平均的に栄養バランスがとれた食事内容となっていました。しかし、それから20年以上が経ちファストフードがさらに一般的になったり、美味しい加工食品も増え、次第に日本人の栄養バランスは崩れていったのです。このことは生活習慣病増加の一因にもなっています。

映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香

現代社会に特徴的な食卓の問題6つの“こ食”

日本が経済成長を遂げると共に家族の在り方も変化しました。かつては親子3世代が同じ家に住む大家族が主流でしたが、夫婦と子どもで暮らす核家族世帯が増え、さらに今後は夫婦のみの世帯や、高齢者のひとり暮らしを含む単独世帯が急激に増加していくことが予測されています。そんな社会情勢の変化により、食にも大きな変化がもたらされています。核家族の家庭で、夫婦共働きが増え、残業により帰宅が遅かったり、子どもは塾や習い事があったりと、それぞれが忙しく、家族揃って食卓につくことが少なくなってきています。そこで問題となっているのが、下記6つの“こ食”です。

1:家族と暮らしていても1人で食事をとる“孤食”
2:同じ食卓にいながら、家族がそれぞれ自分の好みの違ったメニューを食べる“個食”
3:好き嫌いが多く、いつも同じものを食べる“固食”
4:パンやパスタなどの粉を使った主食を好んで食べる“粉食”
5:食事の量が少ない“小食”
6:味付けの濃い料理を好んで食べる“濃食”

★この機会に食生活を見直してみましょう
社会情勢の変化と共にライフスタイルも変わり、食にも大きな影響を及ぼしている現代。農林水産省Webサイト内の“「食とからだ」チェックシート”では、簡単な質問に回答することで、ご自身の食生活や嗜好を診断することができます。ぜひこちらも参考にしてみてください!

“「食とからだ」チェックシート”はこちら

映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香/浜野謙太

忙しい日常のなかで、すべてを手作りして管理することはとても大変なことだと思いますが、「お昼はあのメニューだったから、夜はこれにしよう」と考えてみたり、「いつもより少し加工食品やレトルト食品をやめてみよう」「外食を控えてみよう」と意識するだけでも食生活は変化していきます。また、食に関連する映画を観て知識を得たり、「こんな料理を作っているんだ」と興味を持つのも良いと思います!心と身体の健康のために今後もぜひ一緒に“食”について考えていきましょう。

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1」(がくぶん)
(財)日本食生活協会、農林水産省「食生活指針ガイド」若者編を若者単身者編に、働き盛り編を中高年男性編に、ゆとり世代編をシニア世代

食にまつわる映画をチェック!

『体脂肪計タニタの社員食堂』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

世界初の体脂肪計を開発した健康機器メーカー、タニタ。だが、しかし社員は肥満体型ばかり。そこで、社員が自らダイエットを行い、その経過を発表するキャンペーンを実施することに…。

★食の注目POINT!!
映画のなかで登場するダイエットプロジェクトや、優香が演じた栄養士の作る料理、そしておデブ社員達に喝を入れる姿にすごく説得力があります!これを機にバランスの良い食事について考え、「体脂肪計タニタの社員食堂」のレシピ本を一緒にチェックするのもアリです。

『武士の献立』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1度嫁いだものの気の強さが仇となり1年で離縁された春は、その優れた味覚と料理の腕を買われ、代々藩に仕える包丁侍の家として由緒ある舟木家に再び嫁ぐ。春は、夫の安信を一流の料理人にすべく指南するが、安信は料理が苦手で…。

★食の注目POINT!!
江戸時代が舞台ですが、美味しそうな料理が続々と登場!そして、上戸彩が演じる料理上手な妻、そして、高良健吾が演じる包丁侍の姿から日本の食文化のルーツを見ることもできます。

©2013「体脂肪計タニタの社員食堂」製作委員会

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

映画『ターコイズの空の下で』麿赤兒 麿赤兒(まろ あかじ)

1943年2月23日生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。長男は…

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラーヤと龍の王国』
  2. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  3. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  4. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  5. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  6. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  7. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  8. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  9. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  10. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
PAGE TOP