特集

映画で“食”について考えてみよう1:日本の食卓の問題6つの“こ食”

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香/浜野謙太/草刈正雄

普段私達の生活において必要不可欠な“食”。現代の日本では、本当にたくさんの美味しい食べ物があり、食を楽しむ機会が多くあります。映画にもさまざまな食事のシーンがあり、観るたびに「美味しそうだな」「何を食べているんだろう?」と気にかける方も多いのではないでしょうか?今回は日本の食の歴史を振り返りつつ、現代社会が抱える食の問題について考えていきたいと思います。

日本の食の歴史と栄養バランスの変化

日本の食は、戦後の貧食の時代から高度経済成長を経て、さまざまなインスタント食品、レトルト食品、冷凍食品が登場し、そして、ファストフードやファミリーレストランが誕生したことで、飽食の時代へと変化していきました。同時に、輸入の自由化が進んだことで、海外の食材を手軽に手に入れることができるようになり、食の欧米化が進むなど、日本の食は大きく変化しました。また、パンやパスタなど、小麦粉を使った食品の消費も増えたことで、日本人の主食である米の消費量も減ってしまいました。
このことは、食事による栄養バランスの変化にも大きく関係しています。1960年代頃に一般的だった、ご飯、味噌汁、主菜、副菜、副々菜という“一汁三菜”メニューでは、炭水化物が多くなっていました。1970年代頃には肉などが食卓に上がる機会が増え、少しずつ欧米風のメニューが登場するようになりますが、まだ昔ながらの日本の食事内容も受け継がれていたため、この頃が平均的に栄養バランスがとれた食事内容となっていました。しかし、それから20年以上が経ちファストフードがさらに一般的になったり、美味しい加工食品も増え、次第に日本人の栄養バランスは崩れていったのです。このことは生活習慣病増加の一因にもなっています。

映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香

現代社会に特徴的な食卓の問題6つの“こ食”

日本が経済成長を遂げると共に家族の在り方も変化しました。かつては親子3世代が同じ家に住む大家族が主流でしたが、夫婦と子どもで暮らす核家族世帯が増え、さらに今後は夫婦のみの世帯や、高齢者のひとり暮らしを含む単独世帯が急激に増加していくことが予測されています。そんな社会情勢の変化により、食にも大きな変化がもたらされています。核家族の家庭で、夫婦共働きが増え、残業により帰宅が遅かったり、子どもは塾や習い事があったりと、それぞれが忙しく、家族揃って食卓につくことが少なくなってきています。そこで問題となっているのが、下記6つの“こ食”です。

1:家族と暮らしていても1人で食事をとる“孤食”
2:同じ食卓にいながら、家族がそれぞれ自分の好みの違ったメニューを食べる“個食”
3:好き嫌いが多く、いつも同じものを食べる“固食”
4:パンやパスタなどの粉を使った主食を好んで食べる“粉食”
5:食事の量が少ない“小食”
6:味付けの濃い料理を好んで食べる“濃食”

★この機会に食生活を見直してみましょう
社会情勢の変化と共にライフスタイルも変わり、食にも大きな影響を及ぼしている現代。農林水産省Webサイト内の“「食とからだ」チェックシート”では、簡単な質問に回答することで、ご自身の食生活や嗜好を診断することができます。ぜひこちらも参考にしてみてください!

“「食とからだ」チェックシート”はこちら

映画『体脂肪計タニタの社員食堂』優香/浜野謙太

忙しい日常のなかで、すべてを手作りして管理することはとても大変なことだと思いますが、「お昼はあのメニューだったから、夜はこれにしよう」と考えてみたり、「いつもより少し加工食品やレトルト食品をやめてみよう」「外食を控えてみよう」と意識するだけでも食生活は変化していきます。また、食に関連する映画を観て知識を得たり、「こんな料理を作っているんだ」と興味を持つのも良いと思います!心と身体の健康のために今後もぜひ一緒に“食”について考えていきましょう。

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1」(がくぶん)
(財)日本食生活協会、農林水産省「食生活指針ガイド」若者編を若者単身者編に、働き盛り編を中高年男性編に、ゆとり世代編をシニア世代

食にまつわる映画をチェック!

『体脂肪計タニタの社員食堂』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

世界初の体脂肪計を開発した健康機器メーカー、タニタ。だが、しかし社員は肥満体型ばかり。そこで、社員が自らダイエットを行い、その経過を発表するキャンペーンを実施することに…。

★食の注目POINT!!
映画のなかで登場するダイエットプロジェクトや、優香が演じた栄養士の作る料理、そしておデブ社員達に喝を入れる姿にすごく説得力があります!これを機にバランスの良い食事について考え、「体脂肪計タニタの社員食堂」のレシピ本を一緒にチェックするのもアリです。

『武士の献立』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1度嫁いだものの気の強さが仇となり1年で離縁された春は、その優れた味覚と料理の腕を買われ、代々藩に仕える包丁侍の家として由緒ある舟木家に再び嫁ぐ。春は、夫の安信を一流の料理人にすべく指南するが、安信は料理が苦手で…。

★食の注目POINT!!
江戸時代が舞台ですが、美味しそうな料理が続々と登場!そして、上戸彩が演じる料理上手な妻、そして、高良健吾が演じる包丁侍の姿から日本の食文化のルーツを見ることもできます。

©2013「体脂肪計タニタの社員食堂」製作委員会

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP