心理学

心理学から観る映画27:『ダニエル』に登場する空想上の友達の正体とは?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダニエル』マイルズ・ロビンス/パトリック・シュワルツェネッガー

あくまで映画というところで、実際の精神疾患とは区別して観て欲しい部分もありますが、映画『ダニエル』では、心理学的要素を複数織り交ぜたユニークなキャラクター設定が見られます。今回は『ダニエル』に登場する空想上の友達(イマジナリー・フレンド)について独自の解釈をしてみました。

※ネタバレ注意!

イマジナリー・フレンドに込められた多面性

本作を観ると、イマジナリー・フレンドとして登場するダニエルの怖さから、イマジナリー・フレンドそのものが悪しき存在だと思う人もいるかもしれません。でも、発達心理学においてイマジナリー・フレンドは、子どもが成長する過程で出てくる移行対象の1つです(ただし全員が体験するものではなく、体験しないことも問題ではありません)。

ルーク(マイルズ・ロビンス)は幼い頃に殺人現場を目撃してしまい、その時のショックでイマジナリー・フレンドのダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)が現れます。また、ルークの母親は統合失調症を患っていながら1人でルークを育てていて、親子2人とも不安定な生活を送っています。このことから、子どもの頃のダニエルは、ルークにとって移行対象として現れたと考えられます。移行対象が良い形で機能すれば、ルークは精神的に落ち着くことができるはずですが、ダニエルはルークに悪さをするように仕向けます。結果、ルークはダニエルを封印せざるを得なくなりますが、そもそもダニエルが移行対象として機能しなかったこともあり、ルークは殺人現場を見たトラウマと、健全に発達仕切れていない部分を残したまま大人になってしまったとも捉えられます。

映画『ダニエル』マイルズ・ロビンス/パトリック・シュワルツェネッガー

そして、大学生になったルークは実家に戻り、ダニエルの封印を解いてしまいます。移行対象は幼少期だけのものとは限りませんが、ここから登場してくるダニエルに関しては、統合失調症による幻覚だと考えられます。それは、ルークの背景に統合失調症の特徴を踏まえた設定がいくつも見られることから推測できます。

松澤(2009)によると、まずその特徴の1つとして、統合失調症は思春期から30代にかけて発症することが特に多いとされています。また、遺伝的な要因もあるとされており、親子、きょうだいといった遺伝的な関係が強くなるほど発症率は高いと言われています(丹野他, 2015)。このことからルークに異変が出始める時期、母からの遺伝を考えると、統合失調症を発症したのがわかります。

20世紀半ばにドイツの精神科医シュナイダーが、統合失調症であると判断するに足る症状を一級症状と名付け、診断基準を示したのが下記です。

<統合失調症 シュナイダーの一級症状>
■考想化声:自分の思考内容が話し声のように幻聴として聞こえる
■対話形式の幻聴:自分以外の複数の人が、自分のことを批判したり噂にしているのが幻聴として聞こえる
■自分の行為を批判する幻聴:何かしようとすると、それを批判するような幻聴が聞こえる
■身体への影響体験:自分の身体が外からの影響を受け、その力のなすがままになるような体験
■思考奪取及び思考領域での影響体験:自分の思考が、外から無理矢理考えさせられたり、考えを止められたりするような体験
■考想伝搬:自分の頭の中の思考が外部に漏れ、他者に知られてしまうように感じられる
■妄想知覚:外界の対象(人や事物)に対して、妄想的な考えを抱く
■情動・衝動・意志の領域における「させられ体験」:自分の情動や考えに関して、強制的に体験させられているような感覚

松澤(2009)

ただ統合失調症は、世界的に診断基準として使われるDSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)では、「統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害」に分類されている状態をいい、症状が多彩です(丹野他, 2015)。型も複数あり、単純に見分けられるわけではありません。下記はそういった背景を踏まえた上での、映画としての解釈です。

映画『ダニエル』マイルズ・ロビンス/パトリック・シュワルツェネッガー

ルークとダニエルのやり取りを見ていると、上記のシュナイダーの一級症状に当てはまるところが多く見当たります。本作は統合失調症の症状をかなりデフォルメして描いてはいますが、意外にも統合失調症の基本的な症状を踏まえてキャラクター設定をしていると考えられます。その上で、映画的な演出としてオリジナリティを加えつつ、デフォルメしているからこそ、映画としてドラマチックに仕上がっていると言えます。

皆さんはどんな解釈をしましたか?

<参考・引用文献>
松澤広和(2009)統合失調症 下山晴彦(編)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房 pp,94-95
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『ダニエル』マイルズ・ロビンス/パトリック・シュワルツェネッガー

『ダニエル』
2021年2月5日より全国公開
R-15+

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画的演出でダニエルに大暴れさせながらも、ラストは現実的に落とし込むストーリー展開が絶妙です。

©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー
  2. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  3. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  4. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  5. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  6. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  7. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  8. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  9. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  10. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

PAGE TOP