心理学

心理学から観る映画33:わかっていてもやめられない心理【強迫症】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『整形水』

映画『整形水』は、容姿に強いコンプレックスを持つ主人公が、ある事がきっかけで瞬時に変身を遂げられる怪しい薬“整形水”を手に入れ、人生を狂わせてしまう物語です。

心も身体も健全な状態で自分を変えられるなら良いですが、本作の主人公が劇的に変身を遂げた背景には、暗い事情があります。エンタテインメントとしては、美への執着という広範な捉え方でストーリーを楽しむということで良いと思いますが、現実社会でここまでの精神状態に陥っている方がいたとしたら、心の病気を心配したほうが良いかもしれません。これはあくまで私の解釈ですが、主人公の状態は強迫症に近いと思います。

映画『整形水』

強迫症(Obsessive-compulsive disorder:OCD)とは、強迫観念や強迫行為からなる障害。強迫観念とは、「反復的、持続的な思考、衝動または心像」、強迫行為は、強迫観念に伴って出現する「反復的行動、心の中の行為」と定義されています(丹野ほか,2015)。強迫行為の例としては、1回に2時間かけて何度も手を洗うといった行為が挙げられます。

強迫観念自体は健常者でも体験するものですが、精神疾患といえるレベルかどうかの判断基準の1つとして、「1日1時間以上の時間を消費するもので、学業や職業上の社会的機能を阻害し、治療の対象になるような強い苦痛が生じる」ということが挙げられます。強迫症は男性では6〜15歳で発症、女性では20〜29歳で発症することが多く、3分の1から3分の2は何らかのストレスの後に発症するとされています。成人40人に1人の割合で見られ、半数以上は女性であると言われており、世界的に見ても有病率はほとんど同じで、文化差はあまりないと見られています(丹野ほか,2015)。

端から見れば些細に思える外見の特徴(本人にとっては欠陥)にとらわれ、それが臨床的に意味のある苦痛を与え、社会的、職業的な領域など重要な領域において機能障害を起こしている“醜形恐怖症”も強迫症の中に分類されます。『整形水』の主人公は前述したような事柄に多く当てはまり醜形恐怖症であると考えられ、“整形水”への依存が強まるほど、その症状が強く出てきます。

映画『整形水』

『整形水』の主人公については客観的に見て不健康で異常なのは明らかなので、気持ちの持ちようで解決できることを期待してしまいますが、本人がそれまでに体験してきた辛さは他人には計り知れません。だからこそ安易に「そのままのあなたで良い」と言うのは、他人事だから言えることであり、本人にとっては何の解決にもならず余計に孤立させることになり、無責任であるようにも思います。

また、強迫症は本人がおかしなことをしていると自覚していることも多く、他者との関係も悪くなるケースが多いことから、治療を求めづらいとされています。治療を受けるまでの期間は平均7年と長く、それほど長い期間苦しんでいるとなると想像を絶します。日常生活は何とか送れている状態だとなおさら精神疾患レベルなのかは判断しづらいですが、上記のような判断基準に近いなと思ったら迷わず専門家に相談してみることをオススメします。

<参考・引用文献>
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『整形水』

『整形水』
2021年9月23日より全国公開
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

途中までは強迫症の症状などが出てきますが、ラストはもうその域を超えたところまでぶっ飛ぶ内容になっています。

©2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

【東京コミコン2023】マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー、クリストファー・ロイド、エヴァンジェリン・リリー、ポム・クレメンティエフ、ナタリア・テナ、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長)、ミラフォラ・ミナ&エドゥアルド・リマ(ミナリマ=MinaLima)/新田真剣佑(東京コミコン2023アンバサダー)、伊織もえ(PR大使/コスプレアンバサダー)小田井涼平(メインMC)、胸組光明(株式会社東京コミックコンベンション代表取締役社長) マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー他豪華ゲストが来日!【東京コミコン2023】開幕

マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー、クリストファー・ロイド、エヴァンジェリン・リリー、ポム・クレメンティエフ、ナタリア・テナ、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長)、新田真剣佑ほか登壇!

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツプレゼント 『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』コビー・スマルダーズ コビー・スマルダーズ【プロフィールと出演作一覧】

1982年4月3日カナダ、バンクーバー生まれ。10代の頃にモデルエージェンシーの目にとまり…

映画『最悪な子どもたち』 最悪な子どもたち【レビュー】

北フランスの荒れた地区の複雑な家庭環境で暮らす子どもたちをオーディションで選び…

映画『ゴジラ-1.0』安藤サクラ 安藤サクラ【プロフィールと出演作一覧】

1986年2月18日生まれ。東京都出身。2007年に父の奥田瑛二監督作『風の外側』で俳優デビュー。2009年、『愛のむきだし』で…

映画『市子』若葉竜也さんインタビュー 『市子』若葉竜也さんインタビュー 

映画『市子』で杉咲花さんが演じる主人公、市子の恋人役を演じた若葉竜也さんにインタビューをさせていただきました。若葉さんといえば、多くの作品に引っ張りだこの演技派俳優ということで、仕事観についてなどたくさん質問をぶつけてみました。

映画『ファミリー・ディナー』ピア・ヒアツェッガー/ニーナ・カトライン/ミヒャエル・ピンク/アレクサンダー・スラデック ファミリー・ディナー【レビュー】

森の近くに佇む一軒家を舞台に、登場人物4人だけで展開されるスリラーです。設定がとてもシンプルながら…

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン 【映画研究】映画人心解剖12:『セックス・アンド・ザ・シティ』人気の理由

25周年を迎える『セックス・アンド・ザ・シティ』の魅力についてアンケートを実施し、統計的分析をやってみました。「1番好きなキャラクター」と「ビッグとエイダン、どっちがキャリーにふさわしい?」にも投票してもらいましたよ!

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ ウォンカとチョコレート工場のはじまり【レビュー】

ワクワクさせる冒頭シーンからグッとハートを掴まれて…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。【レビュー】

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『最悪な子どもたち』
  2. 映画『ファミリー・ディナー』ピア・ヒアツェッガー/ニーナ・カトライン/ミヒャエル・ピンク/アレクサンダー・スラデック
  3. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ
  4. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  5. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ

PRESENT

  1. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツプレゼント
  2. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  3. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
PAGE TOP