取材&インタビュー

経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。一つひとつの質問にたっぷり答えてくれたお2人の様子からは、半端ない熱意を感じました。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ

Q:なぜ、続編を作ることになったのですか?

トム・クルーズ:
もちろんファンの皆さんのために作りました。何十年もの間、多くのファンの皆さんに続編を求められていたのですが、まだ私には準備ができていませんでした。やりたいこともいろいろあり、特別な作品でもあるというところもありました。もちろん、ジェリーと一緒に作品を作り上げたいという思いもありました。そして、今でないと2度と一緒にできないというところもありましたが、ちゃんと正しいところを見出さないといけないとも思っていました。観客の皆さんに戦闘機のコックピットに座っているような体験をしてもらいたいという思いもあり、感情的なストーリーであるというところ、そのすべての正しい要素が揃ったので作ることができました。
私達はただ続編を作る、映画を作るということはしていません。私は映画を作る時には必ず何か限界を超えることができるように、もっと何かできるんじゃないかと、観客の皆さんに楽しんでいただけるんではないかという思いで、ジェリーと一緒に今作を作りました。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

Q:トム・クルーズさんをはじめキャストの皆さんが、実際に戦闘機に乗り込んで、空中シーンを撮影するという、すごく挑戦的なところが多かった作品だと思います。実際にどうでしたか?

ジェリー・ブラッカイマー:
トム・クルーズと仕事をするには、リアルなものを作らなくてはいけない。そして、トム自身が実際に免許を持ったパイロットです。トムは3ヶ月間のトレーニングプログラムを作って、俳優達はF-18に乗れるようにトレーニングを受けたんです。まず、俳優達はプログラムのなかで、プロペラ機に乗り、次に曲芸飛行をする飛行機、そしてジェット機に乗りました。これは、G(重力加速度)に耐性をつけるためなんです。1Gは自分の体重です。彼等は撮影中、7から8Gを耐えなくてはいけませんでした。これは自分の体重の7から8倍の重力に耐えるということです。そうしなければF-18には乗れないということです。だから3ヶ月かけて耐性を作っていきました。
1作目の『トップガン』で俳優達をF-14に乗せました。でも、使えるフッテージはトムのだけで、他の俳優達は全員吐くか失神するかのどちらかでした。
今回、映画の中で飛行機が上昇すれば彼等(俳優達)も上昇し、降下すれば彼等も降下する、曲芸のような飛行でも、彼等は同じように体験しています。全部リアルなんです。だから、実際の海軍の戦闘機の飛行士がするようなことを実際にしているんです。
そして、トムはこの35年の間にとにかく業界での最高の監督、脚本家達、俳優達と一緒に仕事をしてきて、まるでスポンジのように彼等のいろいろな知識をすべて吸収してきたわけです。ですから、本作の中でそういうさまざまな彼の知識が発揮されています。どうやったら、観客を楽しませられるか、そういう要素がすべて入っているのがこの作品です。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ

Q:実際にどういう風に撮影したのか、その秘密を教えてください。

トム・クルーズ:
1作目当初、F-14の時にトニー・スコットが開発したカメラがありました。それは5分ほどの映像を機内で撮れるというものでした。私は曲芸飛行をするものも含めていろいろな飛行機を操縦することができますので、そこから10年以上の間、どういうことができるのかを考えていました。多くの方々から続編を作って欲しいという要望がありました。自分としては、どのようなアプローチをとれば良いのだろうというところで、空撮の仕組みをいろいろと考えていきました。そして、時間の経過と共に技術も変わり、いろいろなものが開発されました。『バリー・シール/アメリカをはめた男』では、実際にカメラを機体に付けて撮影しました。
本作の最初と最後のほうで登場するP-51(第二次世界大戦時の飛行機)は私の飛行機なんです。私自身、飛行機に乗っている時に編隊を組んだり、いろいろなことを考えながら、映画としてどんな物語を伝えることができるのかを常に考えています。そういったところから、実際に使える技術なども研究して、ジェリーともずっと話し合いました。グリーンスクリーンを使わないというところもジェリーは支持してくれました。ストーリーが1番重要であると常に思って作品を作っています。また、レンズを通して何を伝えられるのかを考えて、どこにカメラを置けば良いのか、それは広角レンズが良いのか、長いレンズなのか、どういう感情を伝えたいのか、何を作り上げたいのかを常に考えています。
アーティストとしては、作品を観る側に対して、どのように何を作り、どのような影響を起こすことができるのか、それが笑いを生むものや泣かせるもの、感動を呼ぶもの…、どういったストーリーを伝えたいのかというのを考えます。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

ジェリー・ブラッカイマー:
この映像を観ると、楽勝に見えると思います。でも全く楽ではなく、とても複雑なんです。やっぱりトムという人がいるからこそ、これができるんです。彼は朝早くから起きて、皆が飛ぶ前に2時間ブリーフィングを行うんです。どんなシーンで、何をやらなくてはいけないのか確認するんです。俳優達は本物のパイロット達と飛ぶわけですけど、飛んでいる間は彼等は撮った映像は見られないんです。音声だけが聞こえています。降りてきてそれを観てディスカッションをして、正しいものではないという判断になるとすべてまたトムが説明して、もう一度俳優達がパイロット達と一緒に飛ぶんです。そのプロセスが何度も何度も行われるわけです。だから非常に複雑で難しいことなんです。
コックピットの中に6台のカメラを設置しました。これはこれまで一度もなされたことがない方法です(これに対して、トムが「2度とやらないだろうね」と苦笑していました)。この6台のカメラはこの作品のためにソニーが開発したものです。バッテリーと本体を切り離したカメラです。だから、俳優達は演技をするだけではなく、自分達でスイッチを入れたり切ったり、照明も自分でやらなくてはいけないんです。地上にコックピットがあって、トムがブリーフィングをする時はまず地上でまずリハーサルをするんです。15ヶ月間かけて、こういったさまざまなプロセスを経ました。最高で一時に22台のカメラが回っている時もありました。皆さんは一度も行くことがない世界かもしれませんが、それを実際に体験できる作品になっています。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ

Q:(トムへ質問)この36年間、どういう努力をして、どういうことを心がけて今に繋がっているのか教えてください。

トム・クルーズ:
特別なことではないのですが、とにかく一生懸命仕事をしてきました。非常にシンプルなことなんです。なぜなら私は夢を生きていることができている幸せな人間だからです。私は常に人間に関心があります。人間が大好きで、人生について学ぶことも愛しています。常に自分をもっと高めよう、より良くしていこうと努力しています。それは私が行うことすべてに、です。努力を続けているなかで素晴らしいことは、必ずまた超えなくてはいけない、学ばなければいけない山があることです。映画の作り手として有能であるように努力をしています。『ラスト サムライ』の時は準備に2年を費やしました。撮影をする前に1年間、毎日5時間、刀の練習をしました。
私は好奇心が旺盛で、子どもの頃からいろいろな物事の仕組みや、人間に興味を持って、世界のいろいろな所を見てみたいと思っていました。幸いなことに自分はそれをスクリーンに投影できる仕事をしています。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

ジェリー・ブラッカイマー:
トムはまるでアスリートのようにトレーニングをします。 “ミッション:インポッシブル”のシリーズなど、いつもスタントは自分でこなしているし、飛行機だけでなく全部のアクションを自分でやるようにしているんです。それを安全にやる、やり遂げるためには最高のコンディションになるように身体を鍛えておかなくてはいけないんです。日本のトップのサッカー選手を思い浮かべてください。トムは彼等と同じようにトレーニングをしています。
とにかく私達2人とも自分達の仕事が大好きなんです。だから常により良くしたい、最高のものにしないと気が済まないんです。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

トム・クルーズ:
いつもこのジェリーの姿勢を素晴らしいと思っています。

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ

「とてもチャレンジングな大変な映画でしたが、私達はそういう作品に挑むのがとても好きですし、とても楽しかったです」とおっしゃっていましたが、だからこそお2人はハリウッドでトップを走り続けているんだなと感じました。お2人の功績はヒット作を振り返ると一目瞭然ですよね。そんなハリウッド史上最強の2人がタッグを組んでいる本作は、今回の会見でお話されていたように、臨場感が半端ありません。本当にGを体感できる映像になっており、ストーリーも心に響きます。本作は大きなスクリーンで観ないともったいないですよ!

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:
2022年5月23日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ

『トップガン マーヴェリック』
2022年5月27日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督 エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー エルヴィス

エルヴィス・プレスリーが伝説の大スターであることは知られていますが…

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『三姉妹』ムン・ソリ ムン・ソリ

1974年7月2日韓国、プサン生まれ。成均館大学在学中に演劇活動を始め…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『エルヴィス』オースティン・バトラー
    エルヴィス

  2. 映画『バズ・ライトイヤー』
  3. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  4. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  5. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  6. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  7. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  8. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  9. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  10. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
PAGE TOP