イイ俳優セレクション

トム・クルーズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ファーム 法律事務所』『レインマン』『コラテラル』『ラストサムライ』など数々の名作映画へ出演し、映画界にインパクトを与え続けている一人。『7月4日に生まれて』『ザ・エージェント』『マグノリア』でアカデミー賞にノミネート、ゴールデン・グローブ賞では3度の受賞を果たしている。
また、過去に携わってきた全作品の世界興行収入は90億ドルという比類なき功績を打ち立てている。映像製作におけるすべての工程に携わる無類のフィルムメーカーとしても才能を発揮し、これまで40本以上の映画に関わり、俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍。“ミッション:インポッシブル”シリーズでは、自らが劇場向けへの着想とプロデュース、そして主演のイーサン・ハント役を演じ、全世界でシリーズ計30億ドルの興行成績を獲得している。さらに本シリーズで、毎度体を張って挑戦するスタントでも話題を呼んでいる。2011年に公開された『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、全世界で7億ドルを記録し、キャリア史上で最大の興行的成功作品となった。
映画以外にも活動家、慈善実業家としても活動する一面があり、健康医療、教育、人権の分野で積極的な改革を働きかけている。2011年5月には、メンター・LA・オーガニゼーションが、彼のロサンゼルスと世界中の子ども達の代弁者としての活動を讃え、サイモン・ワイゼンタール・ヒューマニタリアンを授与した。2012年6月には、映像産業と人文学の両分野における目覚ましい功績を評価され、フライヤーズ・クラブのエンターテイメント・アイコン・アワードが与えられ、2014年にエンパイア・マガジンが、レジェンド・オブ・アワー・ライフタイム・アワードを授けた。

イイ男セレクション/出演作

『タップス』『爆笑!?恋のABC体験』『アウトサイダー』『卒業白書』『トム・クルーズ/栄光の彼方に』『レジェンド/光と闇の伝説』『トップガン』『ハスラー2』『カクテル』『レインマン』『7月4日に生まれて』『デイズ・オブ・サンダー』『遥かなる大地へ』『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ファーム 法律事務所』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ミッション:インポッシブル』『ザ・エージェント』『アイズ ワイド シャット』『マグノリア』『M:I-2』『バニラ・スカイ』『マイノリティ・リポート』『ラストサムライ』『コラテラル』『宇宙戦争』『M:I:III』『大いなる陰謀』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『ワルキューレ』『ナイト&デイ』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ロック・オブ・エイジズ』『アウトロー』『オブリビオン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』『バリー・シール/アメリカをはめた男』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『トップガン マーヴェリック』『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

ハリウッド黄金期からスターであり続ける、スーパースター。数々の人気女優と浮名を流し、ゴシップネタになることはあっても、第一線から長らく遠のくことなく、50代になっても超大作をヒットさせる実力は素晴らしいと思います。毎回と言っていいほど、新作公開の際に来日してくれる親日派な点も好感度満点。普通ならスタントマンに任せるべき危険なアクションもやってしまう姿勢にも、映画愛とファンを喜ばせたいという思いが溢れていて、特別ファンでなくても、彼の作品は観てみようと思わせられます。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』
2023年7月21日より全国公開

映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』トム・クルーズ/ヘイリー・アトウェル/ヴィング・レイムス/サイモン・ペッグ/レベッカ・ファーガソン/ヴァネッサ・カービー/イーサイ・モラレス/ポム・クレメンティエフ/ヘンリー・ツェニー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『タップス』

『アウトサイダー』

『卒業白書』

『レジェンド/光と闇の伝説』

『トップガン』

『ハスラー2』

『カクテル』

『レインマン』

『7月4日に生まれて』

『デイズ・オブ・サンダー』

『遥かなる大地へ』

『ア・フュー・グッドメン』

『ザ・ファーム 法律事務所』

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

『ミッション:インポッシブル』

『ザ・エージェント』

『アイズ ワイド シャット』

『マグノリア』

『M:I-2』

『バニラ・スカイ』

『マイノリティ・リポート』

『ラストサムライ』

『コラテラル』

『宇宙戦争』

『M:I:III』

『大いなる陰謀』

『ワルキューレ』

『ナイト&デイ』

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

『ロック・オブ・エイジズ』

『アウトロー』

『オブリビオン』

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

『トップガン マーヴェリック』

©2010 TWENTIETH CENTURY FOX
©2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC.
© 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED
© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©Universal Pictures
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
© 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
©2023 PARAMOUNT PICTURES.


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2016/11/9

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP