イイ俳優セレクション

トム・クルーズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ファーム 法律事務所』『レインマン』『コラテラル』『ラストサムライ』など数々の名作映画へ出演し、映画界にインパクトを与え続けている一人。『7月4日に生まれて』『ザ・エージェント』『マグノリア』でアカデミー賞にノミネート、ゴールデン・グローブ賞では3度の受賞を果たしている。
また、過去に携わってきた全作品の世界興行収入は90億ドルという比類なき功績を打ち立てている。映像製作におけるすべての工程に携わる無類のフィルムメーカーとしても才能を発揮し、これまで40本以上の映画に関わり、俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍。“ミッション:インポッシブル”シリーズでは、自らが劇場向けへの着想とプロデュース、そして主演のイーサン・ハント役を演じ、全世界でシリーズ計30億ドルの興行成績を獲得している。さらに本シリーズで、毎度体を張って挑戦するスタントでも話題を呼んでいる。2011年に公開された『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、全世界で7億ドルを記録し、キャリア史上で最大の興行的成功作品となった。
映画以外にも活動家、慈善実業家としても活動する一面があり、健康医療、教育、人権の分野で積極的な改革を働きかけている。2011年5月には、メンター・LA・オーガニゼーションが、彼のロサンゼルスと世界中の子ども達の代弁者としての活動を讃え、サイモン・ワイゼンタール・ヒューマニタリアンを授与した。2012年6月には、映像産業と人文学の両分野における目覚ましい功績を評価され、フライヤーズ・クラブのエンターテイメント・アイコン・アワードが与えられ、2014年にエンパイア・マガジンが、レジェンド・オブ・アワー・ライフタイム・アワードを授けた。

イイ男セレクション/出演作

『タップス』『爆笑!?恋のABC体験』『アウトサイダー』『卒業白書』『トム・クルーズ/栄光の彼方に』『レジェンド/光と闇の伝説』『トップガン』『ハスラー2』『カクテル』『レインマン』『7月4日に生まれて』『デイズ・オブ・サンダー』『遥かなる大地へ』『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ファーム 法律事務所』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ミッション:インポッシブル』『ザ・エージェント』『アイズ ワイド シャット』『マグノリア』『M:I-2』『バニラ・スカイ』『マイノリティ・リポート』『ラストサムライ』『コラテラル』『宇宙戦争』『M:I:III』『大いなる陰謀』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『ワルキューレ』『ナイト&デイ』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ロック・オブ・エイジズ』『アウトロー』『オブリビオン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』『バリー・シール/アメリカをはめた男』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『トップガン マーヴェリック』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

ハリウッド黄金期からスターであり続ける、スーパースター。数々の人気女優と浮名を流し、ゴシップネタになることはあっても、第一線から長らく遠のくことなく、50代になっても超大作をヒットさせる実力は素晴らしいと思います。毎回と言っていいほど、新作公開の際に来日してくれる親日派な点も好感度満点。普通ならスタントマンに任せるべき危険なアクションもやってしまう姿勢にも、映画愛とファンを喜ばせたいという思いが溢れていて、特別ファンでなくても、彼の作品は観てみようと思わせられます。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『トップガン マーヴェリック』
2022年5月27日より全国公開

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『タップス』

『アウトサイダー』

『卒業白書』

『レジェンド/光と闇の伝説』

『トップガン』

『ハスラー2』

『カクテル』

『レインマン』

『7月4日に生まれて』

『デイズ・オブ・サンダー』

『遥かなる大地へ』

『ア・フュー・グッドメン』

『ザ・ファーム 法律事務所』

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

『ミッション:インポッシブル』

『ザ・エージェント』

『アイズ ワイド シャット』

『マグノリア』

『M:I-2』

『バニラ・スカイ』

『マイノリティ・リポート』

『ラストサムライ』

『コラテラル』

『宇宙戦争』

『M:I:III』

『大いなる陰謀』

『ワルキューレ』

『ナイト&デイ』

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

『ロック・オブ・エイジズ』

『アウトロー』

『オブリビオン』

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

©2010 TWENTIETH CENTURY FOX
©2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC.
© 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED
© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©Universal Pictures
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
© 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

関連記事

from 2016/11/9

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

コラボインタビュー1:アーク・フィルムズ、ブエナワイカ 映画配給さんにインタビュー【アーク・フィルムズ】×【ブエナワイカ】

今回は、日本初上陸のマルタ製作映画を配給するアーク・フィルムズの相川さんと、ペルー映画を専門に配給するブエナワイカの長沢さんにインタビューをさせていただきました。なんと、相川さんも小学生の頃に6年間ほどペルーに在住していたそうで、ペルー繋がりもあり、不思議なご縁を感じるインタビューとなりました。どうやって作品を買い付けるのかといったことなど、普段は聞けないお話をたくさんしていただきました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  2. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  3. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  4. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  5. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  6. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  7. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  8. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  9. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

  10. 映画『三姉妹』ムン・ソリ/チャン・ユンジュ
    三姉妹

PAGE TOP