REVIEW

花束みたいな恋をした

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます。社会的に成人とされる年齢になり、でも中身はまだ子どもの部分があって、恋愛への理想もある。だから、麦と絹のように好きなものがほとんどすべて同じというような人に出会ったらお互いに夢中になるのも当然です。ここで大人なら、悲しいかな「こんなに何でも同じものが好きなんて、何か怪しい」とか思っちゃったりする人もいそうですが(笑)、麦と絹が素直にときめく姿はとても微笑ましいです。そして本作は前半で幸福感やラブラブ感をマックスに高めていくからこそ、後半にメリハリが利いておもしろいんです。後半は急に恋愛の現実を叩きつけてくる内容になっていますが、結末は好き嫌いが分かれるような気がします。というかその好き嫌いに、観る側各々の恋愛観が表れるはずで、そこまで含めて観るおもしろさがある作品だと思います。でも、何より素敵なのは、麦と絹が全力で恋をしているということ。本作を観た皆さんが、一生に1度はこういう恋をしたいと、恋に前向きになれたら良いですね。

デート向き映画判定
映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純

ラブラブな2人がだんだん大人になって、生活のなかですれ違いが生まれてくる様子も描かれています。デートで一緒に本作を観ながら、2人にとってどんな選択が最善かを考えて、鑑賞後に話し合うと、お互いの恋愛観や人生観がかなり見えてくると思います。ベテランカップルの場合は、もしかしたら目をつむっていた自分の本音に気付いてしまって、1人で熟考したくなるかもしれないので、1人で観るか、親友を誘って観るほうが良いかもしれません。友達以上恋人未満の人は早い段階で相性に気付くほうが良さそうなので、敢えて一緒に観てはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉

高校生、大学生は恋愛の予習として観るのをオススメします。現実を突きつけられる部分もありますが、皆に当てはまるケースというわけではありません。もちろん、大人になるにつれ、それまでの恋愛の仕方のままではいられないことも多々出てきますが、それは人それぞれ、カップルそれぞれの価値観や対処によって異なります。なのでこれは1ケースとして観て、自分ならどうするかを考えてみると、自分の恋愛観や人生観を少し明確にできるでしょう。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純

『花束みたいな恋をした』
2021年1月29日より全国公開
東京テアトル
公式サイト

© 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP