投稿

過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

★去年の冬、君と別れ

去年の冬、きみと別れ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■最後まで観た後、また最初から観直したくなりました。「小さな違和感も緻密な逆算の結果か!」と、原作を読んでいる私すら驚かされました。(しいこ)

★グリーンルーム

グリーンルーム

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■サスペンススリラーとして傑作だと思うのですが、公開当時から上映館数が少ないのが気になっていました。他にあまりないような怖さで、ホラーともサスペンスとも言いきれないジャンルが悪いのでしょうか?主演のアントン・イェルチンはもちろん、パトリック・スチュワートジョー・コールカラム・ターナーというビックネームが揃っているのにあまり話題にならないのが残念です。とってもおもしろい作りで、スリラー系が好きな方にはたまらないと思うのに、まるで主人公らのバンドようにアンダーグラウンドから顔を出さないのが不思議でたまりません。もっと知れ渡って欲しい作品です!!(murdoch)

★告発

告発 [Blu-ray]

■かつて孤島の要塞と謳われていたアルカトラズ連邦刑務所で起きていた、看守による囚人虐待を描いた、実話に基づく物語。ケヴィン・ベーコンクリスチャン・スレーターゲイリー・オールドマンという名優がキャスティングされていて、特に囚人役のケヴィン・ベーコンの演技が素晴らしい。癖のある役や悪役が多いイメージを一掃させる弱々しさ。きっと心にグッとくるものがあるはず。(ぴな)

★THE INFORMER/三秒間の死角

THE INFORMER/三秒間の死角(字幕版)

■ロザムンド・パイクが出ているものの、他に日本で知名度のある俳優が出てないためか、あまり話題にならず早々に公開終了した作品。サスペンスとしてもおもしろいし、何より主演のジョエル・キナマンがカッコ良くて美しい!爆破シーンも迫力があったし、もう少しヒットしても良かったのでは?(tomie)

★ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント(字幕版)

■“ジャック・リーチャー”シリーズや“ジョン・ウィック”シリーズのような感じかと思いきや違いました。すべての伏線が最終的に見事に回収され、爽快でスッキリし、とてもおもしろい作品です。裏社会のストーリーですが、残酷なシーンはなく、所々に子ども時代の回想シーンが入っており、家族愛も感じられます。また、ベン・アフレックの演技がとっても良い!大きな体のなのに几帳面で少食なところや、時折見せる何とも言えない目が可愛いくてキュンと来る。アナ・ケンドリックも知的なヒロインで、主人公との会話がおもしろい。ベン・アフレック作品の中で1番好き!(ダリル)

★死にゆく者への祈り

死にゆく者への祈り HDニューマスター版 [Blu-ray]

■原作本を読んでから映画を観ました。内容、設定がベタな感じなのは否めませんが、当時人気沸騰中のミッキー・ロークが演じたテロリストにシビれました。パイプオルガンの演奏、音楽のバッハ、小フーガト短調の音色が心に染み入ります。(匿名)

★十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■私は初鑑賞の時にかなり衝撃を受け、観ている間も心がザワザワしたりドキドキしたり感情が忙しく変化するのを実感していました。劇場で9回鑑賞するくらい大好きで、「また観たい!」が溢れてくる作品だと思っています。しかし、レビューを読んでいると低評価が目立つ…。あんなに他人を思いやることの大事さ、命の尊さ、死にたい理由は人それぞれあって、そこに大小はないということを教えてくれる映画はないよね?と思いました。(匿名)

★ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■役柄により七変化するホアキン・フェニックスの面目躍如です。単に強い剛腕殺し屋でなく、内面の苦悩が表に出て、作品に深みがあります。昨今のセレブが少女買春をするという社会的テーマも扱っていて、もっと評判になっても良かったと思います。(匿名)

皆さんのコメントを読んでいるとどの作品も気になりますね。魅力的な作品なのになぜ過小評価されたり、あまり話題にならなかったのか、未見の作品はぜひこの機会にご覧頂き、ご自身の目で評価してみてください!次回はアクション&コメディ編をご紹介します。そちらもお楽しみに!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ ありふれた教室【レビュー】

校内で多発する盗難を解決しようとする行動が負の連鎖…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ ジョン・マガロ【プロフィールと出演作一覧】

1983年2月16日アメリカ、オハイオ州生まれ。演劇作品への出演からキャリアをスタートし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  2. Netflixドラマ『マスクガール』
  3. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  4. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ
  5. 映画『碁盤斬り』草彅剛/清原果耶

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP