REVIEW

日本独立

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『日本沈没』浅野忠信/小林薫

第二次大戦終戦直後、GHQに占領された日本において、GHQと互角に渡り合った吉田茂(当時は外務大臣、後の内閣総理大臣)と、彼の右腕として活躍した白洲次郎を中心に、憲法改正にまつわるドラマが描かれた本作。資料によると、本作の伊藤俊也監督は、生まれ育った福井で空襲に遭い、小学3年生の時に終戦を迎えた戦争体験者だそうです。本作では戦地の様子が描かれているわけではありませんが、戦後の憲法改正に紛糾するGHQと日本政府のどちらも譲らないリアルな緊迫感が伝わってきます。 また、吉田茂役の小林薫は、特殊メイクを施して挑んでおり、本人にかなりそっくり!さらに演技力も加わり、言われるまで小林薫だとわからないくらい見事に吉田茂になりきっています。そして、白洲次郎を演じた浅野忠信はハリウッド映画にも多数出演しているだけあって、アメリカへの留学経験を持つ白洲次郎役をすごく自然に演じています。彼が日本の要人とGHQの間で通訳する姿もキマッています。その他にも宮沢りえ、柄本明、渡辺大、松重豊など豪華キャストが続々と登場するので、誰がどんな実在の人物を演じているのか、ぜひ細かいところまでご注目ください。

デート向き映画判定
映画『日本沈没』浅野忠信/宮沢りえ

出演者のファンなどでない限り、初デートや付き合いたてでこの作品をチョイスするのは少々渋い気がするので、1人で観に行くか、映画好きの友達と観に行くことをオススメします。もし夫婦で観る場合は、白洲次郎夫婦に注目ください。夫婦揃って芯がある人物なのですが、お互いに言いたいことはきちんと言いつつも、引くところはしっかり引くバランスの良さが絶妙なので、参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『日本沈没』浅野忠信/小林薫

難しい専門用語がたくさん出てくるので、キッズは日本史の勉強を始めてから観てください。ティーンは、戦後の憲法改正時にGHQと日本の間にこんなやり取りがあったんだと驚くと思いますが、ぜひ吉田茂と白洲次郎の親子のような関係性にも注目してください。他人で年齢も20歳以上離れている2人ですが、言い合いができるほど仲の良い関係性は、観ていてすごく爽快ですし、こんな関係性も良いなと憧れますよ。

映画『日本沈没』浅野忠信/宮沢りえ/小林薫/石橋蓮司/柄本明/渡辺大/松重豊/浅田美代子

『日本独立』
2020年12月18日より全国順次公開
株式会社シネメディア
公式サイト

©2020「日本独立」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP