アンケート特集

座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果を発表します。

アンケート回答人数 556名 ※15歳以上の女性

<映画鑑賞頻度>
週に3回以上 4.3% 週に1回以上 24.7% 月に1回程度 40.8% 
年に数回程度 29.3% 劇場では全く観ない 0.9%

Q1:映画館で鑑賞する際、事前に座席を予約しますか?あなたの行動に近いものを選んでください。

【座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?】Q1

必ず予約される方が半数以上!混雑しそうな時はもちろんですが、好みの座席がある場合も、なるべく早めに予約してベストポジションで観たいですよね。

Q2:行きつけの映画館はありますか?

【座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?】Q2

行きつけの映画館がある:86.7%

Q3:行きつけの映画館がある方は、そこに行っている理由は何ですか? ※複数回答可

【座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?】Q3

仕事や学校がある日でも時間を見つけて映画を観るとなると、やはり利便性を考えて映画館を選ぶ気持ちはすごくよくわかります。「ラインナップが自分の映画の好みに合うから」「スクリーンや音響などの設備が充実しているから」などの理由も上位にランクインしているのは、さすが映画好き女子らしいですね!

今は魅力的な映画館がたくさんあるので、時間がある時はたっぷり悩んで、少し遠くても行けますが、普段の生活の中で映画を観に行くとなると、なるべく自宅や、職場or学校に近い映画館で、サッとWEBで座席予約をする、または、そのまま映画館に直行なんてことも多いのではないでしょうか?今後もいろいろな形の映画館が増えていくことで、皆さんの新たなる行きつけも増えるかも知れませんね!映画館特集もいよいよ次の6月25日の掲載が最終回です!お楽しみに!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】が6月28日にオープン!

株式会社kino cinémaが立川髙島屋S.C.8階にオープンする映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】が、6月28日(金)に開業となります。本劇場は、JR立川駅北口より徒歩3分の立川髙島屋S.C.内に位置しており、ミニシアター系作品を中心に、世界各国の作品やファミリー向け作品を幅広く上映します。【kino cinéma】は、4月にオープンした横浜のみなとみらいにも1館あり、立川髙島屋S.C.館は、2館目の劇場となります。

シアター数は、3スクリーンの予定で、座席数は87、87、25の計199席。また、そのうち25席のシアターでは、2種類の特別席のみが設置されています。1つは、“プラチナ・プレミアムシート”で、お客様の好みの位置にセットできる背角度(フットレスト連動)・ヘッドレスト、肘の一方にはトレーが置ける回転テーブルが付いていて、幅89㎝というゆったりした座席。こちらは鑑賞料金にプラス700円で利用可です。元々ペアシートとして発売されていますが、1人掛けのシートとして設置するのは本シアターが世界初だそうです!

【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】シート

2つ目の“プレミアムシート”は、ヨーロッパ産本革を使用した座と背パッドで体全体を包み込むような座り心地。このシートにも肘の一方にはトレーが置ける回転テーブルがついていて、なんと鑑賞料金のみで利用可だそうです。これまでのミニシアターの概念を覆すような快適空間ですね。ぜひ皆さんも劇場でご体感ください!

【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】
2019年6月28日開業
公式サイト
東京都立川市曙町2-39-3 立川高島屋S.C.8F
3スクリーン/座席数199席

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー 『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー

本作は、「スノーマン」「風が吹くとき」で世界中に知られるレイモンド・ブリッグズ自身が両親のストーリーを描いた絵本を映画化。ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろしていることでも話題になっています。今回、プロデューサーを務めた、カミーラ・ディーキンさんにお話をお伺いしました。

映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル ホテル・ムンバイ

本作は、インドの5つ星ホテルで実際に起きた無差別テロからの奇跡の脱出劇を映画化したものです。こういう紛争で多くの犠牲者が出る状況を観ると…

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』松尾スズキ 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス ジョーカー

良い意味で“バットマン”シリーズ、DCシリーズかどうかはどうでも良いと思えてしまうくらい強烈な映画です。これまでいろいろな作品で観てきたゴッサム・シティを…

映画『トールキン 旅のはじまり』コルム・ミーニイ コルム・ミーニイ

1953年、アイルランド生まれ。テレビシリーズ『新スター・トレック』(87〜94)『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』(93〜99)で長きに渡り、マイルズ・オブライエン役を演じ、世界的に広く知られている。1993年…

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』ミキール・ハースマン ミキール・ハースマン

1981年7月18日オランダ、アムステルフェーン生まれ。14歳のときにTVシリーズ“Voor hete vuren(原題)”で俳優デビューし、長寿番組“Goede tijden, slechte tijden(原題)”や“Kees & Co(原題)”“Spargen(原題)”などに出演。20代半ばまではオランダで活動していたが…

映画『宮本から君へ』池松壮亮 宮本から君へ

こんなに野性味溢れる作品だとは思っておらず、またこんなにヘビーな話だとは思っておらず、良い意味で観るだけでもエネルギーをむちゃくちゃ消費…

映画『トールキン 旅のはじまり』アンソニー・ボイル アンソニー・ボイル

英国王立ウェールズ音楽大学の大学生だった時に舞台”ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部”のオーディションでスコーピウス・マルフォイ役に抜擢され…

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、高橋一生 高橋一生(たかはし いっせい)

1980年12月9日、東京都生まれ。10代の頃から数々の映画、TVドラマ、舞台に出演。1995年『耳をすませば』で、天沢聖司の声を担当。2012年、舞台“4four”の演技において…

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎 寛 一 郎(かんいちろう)

1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市で、祖父は三國連太郎。2018年、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』で俳優デビューし…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル
  2. 映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス
    ジョーカー

  3. 映画『宮本から君へ』池松壮亮
    宮本から君へ

  4. 映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット
  5. 映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星
    下忍 赤い影

  6. 映画『HELLO WORLD』
    HELLO WORLD

  7. 映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太
    おいしい家族

  8. 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
  9. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』ロブ・ブライトン/ルパート・グレイヴス/ジム・カーター/シャーロット・ライリー
  10. 映画『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬/多部未華子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP